「ターコイズの使命」・・・オーラリーディングを受けて

3月24日の記事は、実は遡り日記。セッションを受けた日付で掲載したかったのでこうなったけれど、実際には今日の午前1時(深夜25時)頃アップしたもの。

で、昨夜中断した続きは、リアルタイムな日付でアップします!:




御幸さんのセッション、オーラ各層のリーディングをひととおり終えた後は、引き続き、チャクラリーディング。

嬉しいことに、なんと第2チャクラが最も活性化しているという!

第2チャクラとは、クリエイティブとセクシュアリティ のチャクラ。言われてみると、天然石のペンダントヘッドに続き、ブレスレットを作るようになったことで、第2チャクラがワクワクしているのを、自分でも強く感じている。

加えて、仕事のトラブルのせいとはいえ、これまでは月に3回ほど週末を一緒に過ごしていただけのパートナーが、2月から週に6日は私の部屋に帰ってくるようになったことも、おそらく関係あるんだろうと思う。第2チャクラのセクシュアリティって、直接的なことだけではなく、一緒に過ごしてオーラを重ね合わせるだけでも満たされるものだと、私は確信している。


続いて、かねてから気になっていた第5チャクラ(喉)を霊視していただいた。

私の第5チャクラ自体は活性化しているのだが、シールのようなものでペタッとフタをしているとのこと。言いたいことがあるのに、言ってしまったことで何かを失うのを恐れているかのように・・・。そのシールを外すと、もっと自由にしゃべれるようになるのに・・・とのこと。

第5チャクラは、自己表現とコミュニケーション のチャクラ。私の永遠の課題で、ひとつの課題を解放すると、さらに深いテーマが出現する・・・そんな繰り返し。

今回は、どのようにしたら私の喉をおおっているシールを外すことができるのかについてもリーディングしていただいた。そうしたら「光を入れなさい」とのメッセージと共に「謙譲」というキーワードが、御幸さんから伝えられた。

謙譲・・・譲ること・・・すなはち、開け放つこと

さらにわかりやすくリーディングしていただいたら「感動することを許す」というフレーズが、御幸さんから伝えられた。

思い当たることがある!

子供の頃から、両親に対して 感情 を見せることができなかった。
親に抗議して泣いたことなら、数えきれないほどある。でも、感動の涙を見せたことは一度もなかった。
私のインナーチャイルドは、両親の前では、常に優等生であると同時に、クールでいたかったらしいのだ。いま思えば、父に「息子として育てる」なんて言われ、女のコとして花よ蝶よ♪と愛される代わりに、まるで長男のように期待され、また、その期待に応えるために生きてきたせいだったのかもしれない。

ちなみに「光を入れなさい」の とは、その人の持っている質のことであって、私の場合は ローズピンク:愛

そして、御幸さんが私の喉に見たイガイガは、それを受け入れたくない気持ちだったのだという。
たしかに根本原因がわかってはいても、これまで押し込めていた自分を出すのは難しいこと。

まずは、喉にローズピンクの光を入れるイメージワークから始めてみようと思った!

ところで今この記事を書きながらふと思い出したことがある。
一昨年の夏、私の父への抵抗感をぬぐい去ってくれる第一弾となってくれた、オーラ・ソーマの B104:大天使カマエル は、上層が虹色を含んだピンク/下層がマジェンタ(意味合いはローズと重なる)・・・全てが繋がっている!


そして締めくくりに、私の今生での使命をリーディングしていただいた。

今日の記事には詳しくは書かないけれど、「伝える」ことに関わるとのこと。
・・・マスコミュニケーションを表わす色 ターコイズ にも通じる使命・・・

そして2つのキーワードが伝えられた。

ひとつは「言葉」・・・私のキャリアのスタートはコピーライターだったっけ。コピーライターは匿名の仕事だ。ギャラは安くても記名原稿を掲載できる雑誌のライターに憧れたこともあったっけ。いつかは本を書き商業出版したい気持ちが、今もある。

もうひとつは「パワーストーン」・・・いま、いちばんワクワクするのが、天然石を使って 創る こと。単なるリーディングブレスには終わらない、デザイン的にも魅力あるアートなアクセサリーを、そのエネルギーを必要としてくださる方に届けたい気持ちでいっぱいだ。

そして、このリーディングの時に御幸さんが見た 女神さま について、ふと思い当たったことがあったので、エオラ・ジェムストーン・オラクルの エオラさま のカードを御幸さんに手渡した。御幸さんは、ちょうどレイキの遠隔ヒーリングのようにカードに手をかざし、同じ波動であることを読み取ってくださった。

実は1年半ほど前に、ある日突然メールをくださった霊能者の方から、エオラさまが私をサポートするとおっしゃってると告げられ、指示されるままに「エオラ・ジェムストーン・オラクル―タロットで探求するクリスタルの世界 自己啓発への聖なる旅」を入手していたのだった。いまが、このカードを使い始めるタイミングなのかもしれない!


最後に、ずっと気になっていたけれど恐くて聞けなかったことを、勇気を出して、御幸さんに聞いていただいた。

  「私は、私に課せられた素晴らしい使命を全うすることと、
   地上的な幸せを追求することを、
   両立することが許されているのでしょうか・・・?」

答えは「YES!」・・・地上的な幸せの追求も、私の今生のプランに含まれているとのこと・・・すべての緊張が溶けたかのように、涙があふれそうになった。

瑠花のセラピストとしてのモットーは:

  「自分の最も大切な人を癒せないようでは、セラピストの資格がない!」

これからも変わることなく、プライベートを大切にすることを通して受け取った 愛のエネルギー を、癒しを必要とするクライアントさまや、地球や、宇宙に還元していきたい!・・・そう思った。





御幸さん、本当にありがとうございました♪

このステキなセッションをしてくださったのは:

  御幸さんのサイト:萌黄/もえぎ


セッションを申し込みたい♪って方への、御幸さんからのメッセージです:

「オーラリーディングは、エネルギー状態のいい個室でないとセッションできないので、ご自身のセッションルームをお持ちでない方の場合は、レンタルルーム代がプラスされるため、セッション料が高額になってしまいます。送っていただいた写真を通して、かなりの情報を読み取ることが可能なので、気軽なメールセッションをぜひご利用ください!」

とのことです。


自分が生きてきた意味についてストンと賦に落ちる感覚が欲しい!・・・自分がこれから進む道について、なんとなく方向性は見えていても、今ここでハッキリ確信したい!・・・御幸さんのオーラリーディングは、そんな方にオススメします!!



「わたしはローズ」・・・オーラリーディングを受けて

以前、数秘術のカウンセラーとしてご紹介した御幸さんに、今回は オーラリーディング していただいた。

  御幸さんのサイト:萌黄/もえぎ

御幸さんは、視覚型 の方で、もともとオーラが見えていたのだったが、1月にローズ・メソッドのセミナーを受講したことにより、宇宙から与えられたその能力をセッションのツールとして確立することができたとのこと。そして本格的にセッションをスタートするにあたって、私にモニターセッションしてくださった次第。

オーラリーディングに関してはメールセッションをメインとしている御幸さんだが、特別に当方 瑠花のセッション・ルーム まで来ていただき、対面セッションをお願いした。



このブログの読者の方だったらご存じの方が多いと思うけれど、オーラは幾層にも重なっていて(瑠花は、バーバラ・ブレナン女史の説に従い7層としているが)、オーラリーディングはそれぞれの層に意識の焦点を合わせ、情報を読み取っていく。

ちなみに御幸さんによると、オーラリーディングは決して サイキックリーディング ではないとのこと。人間なら誰もが持っている、肉体を取り巻く オーラ というエネルギー体には、潜在意識の情報が格納されていて、それを読み取っていくだけ!・・・ハイヤーセルフから情報を受け取るのに近い感覚という。(う~~ん、説明って難しい。御幸さん、ちがってたらコメントお願いします!!)



御幸さんのリーディングは、肉体に関する情報を読み取ることからスタートし、順番にマインド、知性、感情・・・とリーディングを進めていく。

私のマインドは ターコイズ 色をしているという。ちなみにオーラ・ソーマの、私のバースディボトルは B33:ドルフィン・・・上層がロイヤルブルー(インディゴ)/下層が、まさに ターコイズ だ。全く別のセラピーテクニックから導きだされた情報と一致しているのが面白い!

そして、私の感情の色は ローズピンク・・・センセーションの ローズ と(当然ながら)意味合いは似ていて、安定/愛情豊かな/落ち着いた 等の意味を持つ色とのこと。

さらに御幸さんは、この ローズピンク という色が、私にとって どんな意味を持つのかについて聞いてくださった。その答えは・・・

  「これは私です」・・・私は、ローズピンク=愛そのもの!・・・って

私にとってのこの世界への入り口は、レイキを受講したことだったけれど、ファーストディグリーのアチューンメントの時に受け取ったコトバを、ふと思い出した。・・・「私は、愛だ!」



さらに上層には、魂に関する情報が格納されている層がある。そこをリーディングした時、過去世の私が見えたとのこと。

その人は、黒いマントとフードで身を隠し、暗闇の中で薬草を摘んでいたという。中世ヨーロッパ。魔女狩りの時代。その時の私は、身を隠すことで魔女狩りを逃れ、人目をしのんで、薬草による治療行為を続けたのだという。

ちなみに御幸さんは(現時点では)過去世リーディングをしない。それなのに過去世が見えたということは、これは今生の私に関わることだからであって、魔女狩りの時代に志半ばで継続を諦めた 薬草による治療 を、今生の私は、フラワーエッセンスやアロマを扱うセラピストとして、全うしようとしているというのだ!

そういえば、ヒプノセラピーで見た直前の私は、病気で空軍パイロットを引退し、ロンドン郊外でハーバリストとして生きた男性だった。バッチ博士と、ほぼ同時代だったっけ。

魂の記憶が愛おしくてたまらなくなった・・・。




セッションは更にチャクラリーディングへと続くのだが、間もなくパートナーが帰宅するとデンワがかかってきたので、今日はここまででアップします!

すでに遡り日記(ちなみに今は28日午前1時過ぎ)・・・これ以上待たずにアップしたいから!!

続きは、なるべく早く書きますね。

では、では~



   → 続きはコチラにアップしました!




天然石と美しさとリズム

はじまりは、素敵なカンチガイから浮かんだアイデアだった。

ローズクォーツ3連ブレス

買って、まだ連の状態だった ローズクォーツクリスタルクォーツロードナイト を並べた写真を掲載したら、それをブレスレットとカンチガイしたコメントが!・・・それを読んで、それぞれを単色で組んで重ね付けするブレスもいいかも!?との思いつきから誕生したのが、私用の3連ブレス。



そして、写真手前の、3種の石を組み合わせたブレスの写真を見て、Mさんがブレスをオーダーしてくださった。せっかくのチャンスだから、リーディングブレスのトライアルケースとして、最近惹かれる色や石、あるいはブレスにサポートして欲しいテーマなどをお聞きするアンケートを送り、いただいた返信を見て・・・実はしばらく途方に暮れていたのだった。

  「惹かれる色はゴールド」・・・ゴールドの石って???

でも、ふとした瞬間に、この答えが ルチルクォーツ であることに気づいてからは、すべてが驚くほどスムーズに展開した。

導かれるままにビーズを購入したのは、2月26日のこと

その後、ブレスを作りたくても、私自身のエネルギー状態が良くなくて、石に触れては申し訳ないと感じ、作れない日が続いていた。・・・パートナーの連夜の深夜残業で、彼の健康状態を心配するあまり、私のエネルギーが乱れていたのよね~・・・

その状況が先週後半から一時的に好転し、嬉しくてイッキに作り上げてしまったのが、明日Mさんに嫁ぐ、このブレス。(朝の陽射しを受けて、なんて写真映りがいいんでしょ♪)

ルチルブレス

ルチルクォーツ をメインに、スモーキークォーツクリスタルクォーツ、そしてアパタイト で組んでみた。漠然と石は決めていたけれど、作り始めてから、石に導かれるままに手がビーズたちを配列していた。

石のそれぞれの意味は、今日は省略!

ところでMさんを意識して選んだビーズたちとはいえ、店頭で選んでる時には石の意味なんて全く考えてなかった。ちょうどカラーセラピーで、惹かれるカラーボトルを選ぶのと全く同じで、色やカタチに惹かれるままに選んだビーズたちだったけれど・・・。

こうしてブレスに組んでみて、後付けのように石の意味を調べたら、Mさんの現在のテーマにまさに必要な石たちだった!



そして一昨日の休日。再び職場での状況が悪化したパートナーに「ブレス欲しい?」と聞いたら、驚くことに答えは「YES!」・・・スピリチュアルなんて毛嫌いしてたのがウソみたい。次の転職運だけでなく、すべての運をアップさせるサポートを石から受け取りたいって!!

昨夜、またまた狂ったような深夜残業の帰りを待ちながら、健康と安全を祈るような気持ちで組んだのが、このブレス。(蛍光燈の下で撮影したから、映りはイマイチだけど・・・)

ロードクロサイトブレス

デザイン主導で石選びしたのに、ネットや本で石の意味を確認したら、見事なまでに、彼に必要な石たちを選んでいた。ルチルクォーツスモーキークォーツ はMさんと共通だけれど、サポートのニュアンスは異なる。加えて クラッククォーツロードクロサイト が、彼には必要だった。不思議なことに、Mさんのビーズを選んだ時に、Mさんに使う予定はなかったけれどついでに買ったビーズたちが、彼のブレスに必要な石たちだった!



リーディングブレスを作るサイキックな方たちって、オーダーした方と石の波動をリーディングし、時に石の波動を調整したり、石の配列を納得いくまで並べ変えてエネルギーのニュアンスを微調整して作っていることを、聞いたり読んだりしていた。そのために、私にはリーディングブレスを作るなんてムリ!というコンプレックスのような思い込みに、ずっと、ずっと、とらわれてきた。

でもね、Mさんと、パートナーのブレスをデザインしてみて、すべてがストンと賦に落ちた気がした。

石からのメッセージを聞き取るチカラは、今の私には、まだ備わってないのかもしれない。でも・・・

  「私には、デザイン的に美しく石たちを配列するリズム感がある!!」

そして、美しさに導かれて選びながらも、エネルギー的に必然性のある石を選ぶセンスを、宇宙は私に与えてくださったんだ!



ところで、リーディングブレスを作る方たちがよく言うコトバに「石を起こす」というのがあるけれど・・・。

この2つのブレスを組んでみて気づいたのは、それまでビーズだった時と比べ、ブレスに組んだら突然に石たちが輝きを増したということ!

  「これが、石を起こすってコトだったんだね!」

ブレスになったことでエネルギーアップした石たちが、持ち主の方の願いや幸運をサポートしてくれますように☆彡

そして、私にブレスレットをデザインするキッカケをくださったことに、心から感謝を込めて・・・。


魚座の新月で、宇宙に導かれて幸せに!

先月は大ボケで、新月の瞬間を過ぎてからアファメーション集をアップするという失態。おまけに新規に書きおこす余裕がなくて、前年分をCOPY&PASTEするという手抜き記事で、ホントに失礼シマシタ。

今月は通常ペースに戻って(とはいえギリギリだけど)「新月の願望成就レイキ」のための例文集をお届けします!!(願望成就レイキのしかたはコチラ!

新月といえば「新月のソウルメイキング」(ジャン・スピラー 著)があまりに有名だけど、瑠花の「新月の願望成就レイキ」は、それを レイキ実践者のために応用したもの。レイキを修得してない方は「新月のソウルメイキング」の方法に従って、願い事を2~10コ、紙に手書きでリストアップしてくださいね!!



ここからは、レイキ実践者も、そうでない方も共通!

  魚座(うお座)の新月は: 3月19日(金)11:43

新月パワーを願望成就に活かすには、新月の瞬間より後に、願望成就をスタートして欲しい。なぜなら、せっかく願いをかけても、新月の瞬間にすべて初期化されてしまうから。

そして気になる ボイドタイム・・・今回は 13:01~14:43。人間の判断力に乱れが生じると言われる時間帯なので、重要な決定事項を避けたほうがいいと言われてるから、アファメーションを書くのも、この時間帯を避けたいところ!

  ボイドタイムって何?って方はバックナンバーを!
  3月のボイドタイム・カレンダーはコチラ!(おれんじみひ&みのりん さんのサイト)


占星学的にみると、魚座の定位置は、見えないものを司る第12室。肉眼では見えない世界=スピリチュアルも、もちろん含まれる。キーワードとしては:想像力/内なる幸福感/霊的敏感さ/信心深さ/精神性/霊的癒し/慈愛の心・・・色でいったら、ヴァイオレットとか、インディゴ(センセーションではパープル)の世界なのね・・・

また、魚座の守護星は、こちらもやはり 見えないもの/見えない人をキーワードにもつ海王星 であることから、作曲やデザイン、コンピュータのソフト設計 等の創造するエネルギーを受け取ったり、目には見えない霊界の方々 のような大いなるチカラに委ねることへのサポートを得ることもできる。

うん。スピリチュアルに成長したいヒトにとっては、逃せない新月だねッ♪


さて、恒例のアファメーション例文集:

●宇宙の導きを受け取る感受性を磨く

「宇宙に守られ愛されているという安心感で満たされる」
「心の内なる喜びを、いつも実感して生きる」
「宇宙の流れに委ねればすべてがうまくいくことを常に忘れずにいる私になる」
「起きることは全て、私の魂が求めていることであることを信じられる私になる」
「混乱した状況にも冷静に対処し、それを自分の成長に繋げることができる」
「自分の人生や状況について、高い視点から見ることのできる私になる」
「私をとりまくプラスのエネルギーと調和して生きる」
「宇宙のパワーや癒しのエネルギーを受け取れる私になる」
「私にとってベストな精神世界の師と出会い、教えを受けることができる」
「創造活動(美術・音楽等)をする時、宇宙のサポートをフルに受け取れる私になる」
「○○が完治するよう、大いなる癒しの力に身を委ねることのできる私になる」

●無条件の愛で満たされる

「自分の中にある愛と至福の感覚を、いつでも自覚している私になる」
「自然を愛する本来の自分であり続けることができる」
「○○(相手の名前)との間に起きたすべてのことを許す気持ちの私になる」
「相手の欠点を正そうとせず、ありのままを愛し受けとめられる私になる」
「どんなことにも真の優しさをもって対処できる私であり続ける」

●ひそんでいる悪癖を手放す

「私の中にある依存症(薬物/アルコール/喫煙/食物/愛情等)を手放す」
「不眠症を手放す」
「眠ることで現実から逃避しようとするクセを手放す」
「空想に逃げ込むクセを手放す(現実的な行動をとり欲しいものを手に入れる)」
「すべてに受け身の姿勢をとるクセを手放す」
「他者だけでなく、自分自身をあざむくクセを手放す」
「被害者の役割を選んでしまうクセを手放す(NOと言える私になる)」
「やるべきことを先伸ばしにするクセを手放す」

※末尾は「私になる」等の言い切りで省略しているけれど、実際にアファメーションする時には「~~な私になることができ、ありがとうございました!」と感謝先取りにすると、潜在意識がよりスムーズに働いてくれます。v(^o^)v
※手放すための願望については、そのためのセラピーやワークと出会ったり、必要な行動を起こせる私になるという一文を付け加えるとよりパワフルです。
※アファメーション効果を高めるコツについては4月の記事を参考にしてくださいね!



なんか今回のアファメーション集、抽象的ですね。(^_^;)
スタートの牡羊座がグラウンディングした地球的・肉体的な願望成就だとすると、1年が夏~秋~冬へと進むに従い精神性の高い願望成就が叶いやすい季節へと移り遷っているような気がします。(それにしても、カラーセラピーのヴァイオレットやインディゴに似てるなぁ・・・)

例文はこのままでは使いにくいかも??
あなたの具体的な願望を、より精神性の高い視点から見つめ直してアファメーションすれば、叶いやすくなると思いますよ♪

それでは新月でリセットして、素晴らしい1カ月をお過ごしくださいね!



好きな色って? 惹かれる色って?

いつも センセーション カラーセラピー のセッションや講習の時にしつこいほどに繰り返しているコトバ:

「あなたが似合う色や好きな色ではなく、いまこの瞬間に惹かれるボトルを選んでください!」

そうしてるうちに、無意識のうちに惹かれる色を選ぶクセがついて、いざ「あなたが好きな色は?」と聞かれても咄嗟に答えられなくなってしまった今日この頃。


でも今日は「Colorful*CAFECLIP」という、色好き人間が集まるコミュニティサイトからいただいたお題に沿って投稿するので、気持ちを切り替えて、私が好きな色 について書いてみたいと思う。


それは、ローズ

2年ほど前まで ピンク が大キライだったエピソードは楽天ブログ時代から何度か書いたことがあるけれど、実はその頃から、なぜか ローズ は好きな色だった。レッドほど激しくなくて、でもピンクほどベタに甘くない。おとなの甘さ みたいなニュアンスが好きだったのかもしれない。

忘れられないのは、大学時代に手に入れたイタリア製のピンヒール・ブーツ。ダークなグレー地に、アクセントカラーとして折り返し部分とパイピングに、ややグレイッシュにくすんだスモーキーな ローズ があしらわれていた。とっても気に入って数シーズンにわたって履き、履きつぶしてヒールがグラグラになり、もう歩けなくなって・・・泣く泣く捨てた。(ってか、最近の私を知ってるヒトには、ピンヒールでふらふら歩いてる私なんか想像できないでしょ???)


でも、最近私が ローズ「好き!」とハッキリと意識するようになったのは、センセーションの講座を通して、ローズ という色の意味を学んだからなのかもしれない。

ローズ は、究極の愛の色。愛のためなら自分を犠牲にすることさえ厭わない色。そして惜しみなく愛を与えることにより、やがてはもっと大きな愛を得ることができる色!

打算がないからこそ、報われる。・・・そこが好きだッ!!

でもね、犠牲なんてコトバ、昔の私だったら、許せないほどキライだった。自分を犠牲にしてまで守りたいものなんて、この世にあるの???・・・そんな私だったっけ。

世の女性は、自分の子供を産んだ時に、ローズ な愛の世界を知るものらしい。

今生で子供を持たない生き方を選んだ私には・・・なんと、大きな 子供 が、恋人という姿をかりて、そんな を教えにやってきた。私のパートナーくん、つきあえばつきあうほど、過去世での繋がりを知ればしるほど・・・私にとっての 子供 なんだ。彼と出会って初めて 母性愛 というものを知った。これまでの恋人たちには感じたことのなかった感情だった。


でもね、好きな色と惹かれる色とは、やっぱりちがうんだよね。

きのう美容院に行った帰りに、いつも寄るティーンズのための安売りカジュアルショップに寄ってみた。(ティーンねぇ・・・年齢差を思えばずうずうしいけど、街のオバサンショップよりは、私が着れる服が多いんだよね~)

今回惹かれたのは、好きな ローズ ではなく、グリーンとバイオレットとマスタードイエローだった。安売りショップで氾濫する色たちを長時間見ていると、いつの間にか顕在意識のスイッチがOFFになり、潜在意識で色を引き寄せるようになることに、きのう初めて気づいた。そして嬉しかったのは、以前だったらブラックの服ばかり選んでた私が、今回は全くブラックを手に取ろうとしなかったことだ。


さて、今回こうして「私が好きなローズを語るチャンスを与えてくれた、このコミュニティサイトについて、少し紹介したい。

いろや色彩の情報、占いも充実のSNS - Colorful*CAFECLIP -

このサイトは会員登録すると、日記を書いたり、マイフレンド登録してリンクしたり、コミュニティに参加したり・・・要はmixiの 色彩専科版・・・色に関心の高いヒトばかりが集まったSNSだと思えばいいようだ。

でもmixiとちがって嬉しいのは、会員登録していないゲストも、トップページにアクセスして、色彩に関する情報を得ることができること♪

私がいちばん気に入ったのは、さまざまなジャンルのカラーのスペシャリストが執筆するコラム集。

特に、オーラソーマを語るなら避けては通れない 和尚アートユニティ のティーチャーによるコラムは、たとえば最新記事は「自分に自信を持つとは?」というタイトルで、ゴールドという色が持つ意味について詳しく語られている。そして、センセーションとオーラソーマと、カラーセラピーのシステムが異なっても、色の持つ意味は同じなのである!・・・このシリーズ、これからの展開がとても楽しみだ。いずれは、オーラソーマの基本色である13色すべてについて語って欲しいッ!!

他にも、色占いの立場から、あるいは色彩心理の立場から、色についてスペシャリストが語るこのコラムは、センセーション カラーセラピーを学び、センセーション カラーセラピーで癒そうとする私たちにも、大いに参考になる。

私?・・・会員登録はしてないけれど、いつでもアクセスできるように、さっそくブックマークしちゃった♪


瑠花と一緒に カラーの世界 を学んでくださっている皆さん、ぜひ、このサイトの情報を参考にしてくださいね~!!



最終日。それはスタートの日!

今日で終わりにしたことがある。
同時に、新しい何かが、私の中で始まった。



毎月の「新月の願望成就アファメーション」に導かれ、ボイドタイム というコトバを知ったのは、昨年10月の新月の時だった。

翌月、ボイドタイムを知りたくて検索をかけ、石川 源光 先生 のサイトに導かれたことは、11月17日の記事に書いたとおり。

そして12月、石川先生の波動に触れたくて、NHK文化センターのカルチャーに足を運び、その年の7月に先生がすでに亡くなっていたことを知り激しくショックを受けたけど、石川先生のお弟子さんだった方から学べる幸運に気づき、とりあえず3月末までコースに通ってみることに決めたワケだったけど・・・。

今日が、そのコースの最終日だった。

講座はメチャメチャ面白い。なのに、隔週で1時間半弱の講座のために通い続けるスタイルはやはり私には合わず、2カ月ほど前からひどく負担に感じていたのだった。

負担に感じる時は、エネルギーが正しく回っていない証拠!

次の期の受講を続けない決心をした。次期の講座内容を聞きとても心が動いたけれど、それでも、自分のココロに無理をしてはいけないと感じてた。



そして今日、私にとって最終日の講座内容は・・・私にとって知りたかったことが満載の、充実したものだった。いつかタイミングが合えば、先生の講座をまた受講したいと、心から思った。

そして講座終了後、せっかくなので、アシストとして毎週出席していらっしゃる大先輩とお茶した。
毎回チャンスはあったけれど、毎回何かしら早く帰りたい理由があって、帰りにお茶するのは、初めて見学に行った日以来だった。

お茶しながら、アシストの大先輩に、受講を通して自分のホロスコープのリーディングにあたって疑問に感じていたことを、いくつも、いくつも、質問した。

占星術師として活躍中の先輩と、セラピストとして活動している私・・・セッションの姿勢やクライアントへの対応のことを雑談がてら話すうちに、ふと、素敵なことに気づいた。

私はレイキティーチャーだけしていた時代には、 レイキ 受講生の方に フラワーエッセンス の無料モニターになっていただき、フラワーエッセンスもティーチングできる段階に至った時には、こんどはレイキとフラワーエッセンスの受講生の方に センセーション カラーセラピー のセッションを無料モニターしていただいた。そしてセッションを重ねることを通して、フラワーエッセンスや色たちのコトバをカラダで感じられるようになったのだ。

私には、希望してくださるクライアントさんのホロスコープをリーディングすることを通して、実践を通して学ぶチャンスがあるんだ!!

まるでセッション中に、私ではなくハイヤーセルフが勝手に話している時のように、私は大先輩に向かって、そんなことを話していた。・・・そうだったんだね!!!

そうしたら大先輩は、この講座の受講生さんは皆、一般の主婦や会社員の方なので、ホロスコープを書いて読む練習をするチャンスがないことを悩んでると話してくださった。・・・私って、やっぱり恵まれているんだ。

いまは講座に通うより、実践を通して自学習するタイミングなのかもしれない!



大先輩から、ホロスコープを作成する激安アプリケーション名を教えていただいた。英語版が大半を占める中、このソフトは日本語版でリリースされているという。

さっそく、このアプリを手に入れよう!
たぶんWindows版だけなんだろうな・・・いつかこのアプリを外出先でも走らせるために、私がWindowsのノートパソコンを購入する日が来るのかしら???



先日、センセーションのボトルセレクションをご紹介した時、数秘カウンセラーの御幸さんが、数秘術の専門家ならではのコメントを、コメント欄に残してくださった。数秘術も、ホロスコープも、生年月日から導きだされる人生の設計図だ。ってコトは、私もセンセーションのリーディング結果とホロスコープを結び付けて、さらに深いリーディングができるのかも!?

それよりも、数秘術とホロスコープ、きっとリーディング結果に関連性があるはずだ!
いつか御幸さんの数秘とコラボレーションできたら面白いだろうな♪



今日は私にとって、隔週で講座を受講に通う生活が終わった日。
それは同時に、占星術について実践を通して学びを深めようと決心した 最初の日!





そーいえば私にとって、いちばん最初にセッションしたスピリチュアル系リーディングが、占星術だったんだよね。
だって私、ティーンエイジの頃から、友達に生年月日と誕生時間を聞いては、ホロスコープを手書きして、リーディング結果をレポート用紙2~3枚に書いて渡したりしてたんだもの。(笑)


ゴールデンタイムって言ったって・・・

ほんとは先週の今日、書こうと思ってたんだけど・・・。

いま、今夜の「オーラの泉」の録画セットしようとして、思いだした。

4月から放送時間が変わるんだってね~。ゴールデンタイムになるんだってね~。

で、何曜日?? ・・・ 土曜日だって??? ・・・ 困ったゾ。(>_<)

週末は原則としてパートナーが滞在するから。その時間に2人で外出してればいいんだけど、もし部屋にいたらチャンネルの奪い合いになる。

そうでなくても、週末っていちばん、ウッカリ見逃す確率の高い曜日じゃないの!!!

さて、どうしましょ???
録画しそこなったらブログで大騒ぎするから、そしたら録画テープやDVD、かしてくださる優しい方、いらっしゃいませんか~!!!

って、今から募集するよりも。 ・・・その前に、ウッカリをできるだけ防ぐ努力しなくちゃね・・・



それにしても、これまでゴールデンタイムのスペシャルの時って、内容の斬り込みが足りなくて、物足りない日が多かったっけ。喜んでいいのやら、嘆いていいのやら・・・。

放送内容の あやしさ レベルが、現状維持してくれることを祈りつつ・・・。



カラー・ミラー:色はココロとカラダの鏡!

きのうは自分自身のエネルギーが掃除しながら三変化してることの面白さに気づいてしまったので、ノリのいい日記 になったけど、午後のセンセーションを講習していて、ギャ~~~ッ!! と叫びたくなるような発見の瞬間があったことも伝えておきたくて・・・。

瑠花の、センセーション カラーセラピスト養成コース 2日目の講習はセッションの実践を通して色の意味をお伝えしていくんだけれど、マン・ツー・マン講習のため、私がセッションモデルとしてクライアント役を演じる。なので毎回、私自身が潜在意識でボトルを選ぶワケだけれど、きのうはいつもと全く異なるセレクションだった。そしてカラーボトルたちは、私の肉体的&精神的な状態を見事に言い当てていた。

ボトルセレクト
左から:ヴァイオレット/グリーン/オレンジ/レッド/イエロー/スプリンググリーン

中央の2本は、現在の私の状況や課題、そしてストレスを現す。オレンジ のポジティブな意味の中で最近の私の状態にマッチしていたのは、新しい人脈が広がりつつある ところ。レイキ・ティーチャーとしてこの世界の仕事をスタートして3年になるけれど、私から受講してくださった方の中から 瑠花のセラピスト・ネットワーク と呼べるような、素晴らしいヒーラー/セラピスト/カウンセラーさんが続々登場しているのだ。

その方たちは、瑠花が開講している講習メニュー以外のツールも次々とマスターし、各人がそれぞれスペシャリスト。そして瑠花が彼女たちのクライアント(主にモニターだけど)としてセッションしていただいたり、近々、瑠花がそのツールを習う受講生になろうとしているケースもある。

さらに嬉しいことに、彼女たちはmixiで、瑠花を通して出会ってくださって、相互にマイミクしたり、互いのクライアントになったりしている。徹底した個人主義で、あまり仕事の人脈なんて持ったことのなかった私が、この人生で初めて 仕事をサポートしあえるネットワーク を持てた気さえする今日この頃なのだ。


一方 オレンジショックボトル と呼ばれるように(これはオーラ・ソーマとも同じだね!)ショックや気がかり、過去のボトルとして選ばれた場合にはトラウマ等を現すマイナスな意味もあるのだけれど、私にとって(ショックまではいかないけれど)最近の 気がかり は、パートナーの健康・・・異常な深夜残業で、いつ倒れてもおかしくない状態なのだ。

そして、現在のもう1本のボトルとして選んでいる レッド には、肉体的疲労 というネガティブな意味合いがある。これって、まさにここ最近の私の状態を言い当てていたのだ。パートナー(同居してるワケではないが)は、1カ月ほど前から起こしてくれる人がいないと起きれないからと自宅でソファー寝していた。そんなくらいなら私の部屋に帰ってきて欲しいと誘って以来、毎晩はやければ深夜2時頃、悪くすると明け方5時近くに帰ってきて、それからハイテンションで食事し、頼まれてた時間に起こしても「あと10分・・・あと5分・・・」ですぐには起きてくれず、私の睡眠時間が蝕まれる日々が続いていた。


ただ、それ以上に スゴいッ!! と思ったのは、この後だ。

センセーションのセッションでは、ミッシングカラーといって、選ばれなかった色にも注目する。すでにその色の波動が満たされているから選ばなかった場合だけでなく、本当は自分に足りないのに、そのことに直面する準備ができていないため、そのテーマから目をそむけたくて 選ばなかった場合とがあるからだ。
そしてミッシングカラーが、意外と重要なテーマを隠している場合も多い。

ヒーリングカラーとしてクライアントのこれからを応援してくれる色を提案する練習をする時に、「まずミッシングカラー(選ばれなかった色)の中でキライな色があるか聞いてみて。その次に、全体の中でキライな色があるかも確認してみて!」と、受講生さんに提案しているのだが(これはフラワーエッセンスを、花の写真カードで選ぶテクニックを応用したもので、その日にキライ!と感じる画像にこそ、最も必要な波動が含まれていることが多いからなのだが):

受講生さんからその質問を受け、答えようとしてボトルたちを再度ながめ、驚いた!

いつもなら、過去(=自分の本質)か、未来(=理想の姿)のどちらかで選ぶことが多かった ローズ を、今回は選んでなかっただけでなく、この日の私は、ローズ は、キライまではいかないけれど、重すぎると感じたからだった。(レッド も、同じくらい重く感じたけれど・・・)

ローズ とは、自己犠牲も厭わない究極の愛の色。私はパートナーのために何かをすることは喜びであって(若干の負担感はあったとしても)犠牲になっていると感じたことはなかった。でも、さすがにここまで寝不足が続いて、もしかしたらそんな感情が少しは私の中に芽生えていたのかもしれない。そして、この日の ローズ の重さは、パートナーのことを、それでも負担に感じたくない! という思いから、犠牲の感情を見ないフリしていた結果のようにも感じられた。

色を選ぶ潜在意識って、ホントに正直だッ!

この日の受講生さんは、講習の終わりに「こんなに自分のことがわかっちゃうんだったら、恥ずかしくて、身近なヒトからはセッション受けれないなぁ・・・」と呟いていらしたけれど、ホントだねッ!



ところでタイトルの カラー・ミラー は、20世紀後半に 色彩心理テスト を開発した フレイリング博士 が、「色とは心を鏡のように映し出すもの」として自身の開発したテストに カラー・ミラー と名付けたところから、今日の記事のタイトルにいただいた。(ちなみに センセーション カラーセラピスト養成コース のカリキュラムには、このようなカラーに関する歴史の解説も充実している!)



ところで 今週初めの記事 で、オーラ・ソーマのボトルセレクションについて書いたけど、もういちど写真を掲載するので比べてみて欲しい。

ボトルセレクト

センセーションでは、選ぶたびに全くちがうセレクションとなることが多い。「潜在意識は、その日のセッションで取り組みたいテーマに沿ってボトルを選ぶから!」と講習では説明しているけれど、今週の私の状態については、セラピーのシステムは異なっても、非常によく似たリーディング結果となっていた。

色を選ぶ潜在意識のチカラって、実に、スゴいッ!!





瑠花のセッション・ルームでは、 センセーション・カラーセラピスト養成コース を、ご希望の日時(平日)にマン・ツー・マンで受講していただけます!


エネルギーのモード・チェンジ

掃除 掃除 掃除

パートナーが出かけた部屋。
彼の荷物を奥の部屋に隠し、タバコの臭いをレモン精油を焚いて消し、
ゆうべの焼き魚のニオイを クラブアップル を加えたルームスプレイで消して、
生活臭をレイキの マスターシンボル で消して・・・

フローリングを拭き掃除するうちに、セラピスト瑠花 の顔になる。



そうじ そうじ そうじ

クライアントが帰った部屋を拭き掃除しながら・・・

ローズとピンクをまとった カラーセラピスト瑠花 を脱ぎ捨て、
肩まで開いた黒いTシャツ。黒のベロアのロングスカート。黒の帽子。
ヘマタイトで編んだチョーカーと、ヘマタイトがスウィングするピアス。
まるで魔女みたい。カラーセラピストにあるまじき 無彩色 ファッション。
ローマ字表記のWATASHIになって、CLUBイベントに繰り出す私。



シャワー シャワー シャワー

汗とタバコの臭いを洗い流して、本名の私に戻る。
疲れ果てたパートナーの帰りを待つあいだに、
彼専任のセラピスト みたいな、ママみたいな、カノジョに戻る。


薔薇と花瓶

写真は、今日のモードで選んだ花と、今日デビューした花瓶。
プレゼントしてくださった Aさん、ありがとね~♪



センセーション vs オーラ・ソーマ

ライブセラピスト智子さんのブログ で、電力館@東京・渋谷で行われているイベント「春の美ュティーリラクゼーションウイーク」の記事を見たのは、2~3日前のこと。

今日、渋谷に行く用事があったので、帰りに寄ってみた。

無料でオーラ・ソーマのセッションが受けれるのがイベントの目玉みたいだけれど、すでに予約イッパイ。それでもアロマとカラーのイベントなんて言われると、やっぱり気になる。せっかく渋谷まで来てるのだからと、足を伸ばした。

で、感想は・・・う~ん、地味なイベントだ~~。平日は盛り上がらないのかしら・・・?

アロマは、20ほどの香りを自由に嗅いで楽しむコーナーがあった。けっこう好きなタイプの香りだったけど、ブランドが紹介されていなかったのが残念。(ご存じとは思うけど、同じ植物から作られた同じアロマ精油でも、ブランドにより全く香りが異なるのだ!!)



そしてオーラ・ソーマは・・・1Fのガラスウィンドウに、外からも見れるように大きな106本の写真が貼ってあったけど、いちど実ボトルを選ぶことを体験した人間にとっては、もう写真では選べない。

なので3Fまで上がり、セッションブースより少し離れたところから惹かれるボトルを4本選び、1Fの写真でナンバーを確認して帰ってきた。・・・なんて、あやしいヤツなんだ。セッション中のセラピストさん&クライアントさん、オジャマしてゴメンナサイ。m(_ _)m

ちなみに今回、私が遠目に選んだボトルたちは:

オーラソーマ070305

■1本目■ B016 紫色の衣
   その昔、ネットの写真で選んでた時代に、よく1本目に選んでたっけ・・・
■2本目■ B095 大天使ガブリエル
   上下オレンジのショックボトルに見えたけど、上はマジェンタだったのね。
■3本目■ B003 アトランティアン/ハートボトル
    この色の組み合わせ、センセーションでも「現在」に選んだことあったような?
■4本目■ B063 ジュワルクール&ヒラリオン
   ネットで選んでた時代から大好きで、よく選ぶボトルだったね。

   ところで、なんか今回グリーンが多い気がするんだけど・・・。


オーラ・ソーマに関しては、これまではセラピストさんにコンサルしていただくか、あるいはネットの解説をそのまま受け取っていた。

センセーション のセラピスト/ティーチャーとなった今、ネットの解説を読みながら選んだ色をながめてると、カラーセラピーのシステムが異なっても色の意味は共通なんだなぁ・・・と。

色の言語は、集合的無意識のレベルで誰もが知っている共通言語である。

・・・センセーションの講座の中で説明していることだけれど、こうして比べながら、あらためて「なるほど~」と思う。



ちなみに、今回のセレクション、どんな意味を持ってるのか気になるでしょ?

ネットの解説をサクッと要約すると:

私は、スピリチュアルな感性を備え精神面における癒しの現場で力を発揮する素質を秘めていて(ヴァイオレットのメッセージ)ところが現在の課題としては、心の引っ掛かりを手放し、自分自身の価値を認めることが必要(ゴールドのメッセージ)である。いまは正直になって心のつぶやきに耳を傾け、自分自身が最も望んでいることを実現するために前向きに行動したり、自然とふれあうことで充電すべき時(グリーンのメッセージ)。そうすれば未来は、自分自身のこと、周りの状況など、あらゆる側面が客観的に見通せるようになり、これまで以上にバランス感覚が養われ、周囲ともうまく調和しながら、自分のやりたいことを実現していくでしょう。(グリーンのメッセージ)

でも、ネットの解説って、やっぱり深みがない=感動がないね。(^_^;)

他の方からセッションしていただくって、自分では気づかない発見があるから、ものすご~~く勉強になる。
たとえ自分が扱っているシステムではなくても、そこから学ばせていただくものって、とても大きい。

センセーションに関しては、講習のたびに受講生さんからセッションしていただき、思いがけない気づきをいただくラッキーな立場の私だけれど、機会があったらオーラ・ソーマも、またセラピストさんからコンサルしていただきたいなぁ・・・と感じた、今日のイベント訪問記でした!




瑠花のセッション・ルームでは、 センセーション・カラーセラピスト養成コース を、ご希望の日時(平日)にマン・ツー・マンで受講していただけます!