天秤座の新月、恋して、洗練された私になって、結婚する♪

うわぁ~~~~、約束してたのに、昨日中にアップできなくてゴメンナサイ(大汗)
でも、今月も少しだけ早めです~ v(^o^)v

  天秤座(てんびん)の新月は、9月29日 17:17

そして気になるボイドタイムは・・・

  10月1日 10:47 ~ 13:33

今月も、8時間以内はかぶってないねッ・・・ヨシッ!!
48時間以内に、のんびりアファメーションしよう!って方だけ、ボイドタイムに気を付けて!!

ところで上記ご案内している新月とボイドタイムの時間は、複数のサイトで検索した上で、新月は最も遅い時間を、ボイドタイムは最も幅広い時間帯でご案内しています。(ジャン・スピラーさんのサイトだけ案内されてる時間がちがうんだけど、このブログでは、それも吸収しています)


さて、以下は初めて瑠花の新月シリーズを読んでくださってる方のために、毎月の定形文でご案内している内容です:

 -------------------------------------
 新月といえば「新月のソウルメイキング」(ジャン・スピラー 著)が有名だけど、
 瑠花の「新月の願望成就レイキ」は、それを レイキ実践者のために応用したもの
 レイキを修得してない方は「新月のソウルメイキング」の方法に従って、
 願い事を2~10コ、紙に手書きでリストアップしてくださいね!!
 (願望成就レイキのしかたはコチラ!

 ここからは、レイキ実践者も、そうでない方も共通!

 新月パワーを願望成就に活かすには、新月の瞬間より後に、
 願望成就をスタートするのが秘訣です。
 なぜなら、せっかく願いをかけても、
 新月の瞬間にすべて初期化されてしまうから。

 そして気になる ボイドタイム・・・
 人間の判断力に乱れが生じると言われる時間帯なので、
 重要な決定事項を避けたほうがいいと言われています。
 なので、アファメーションを書くのも、この時間帯を避けたいところ。

  ボイドタイムって何?って方はバックナンバーを!
  ボイドタイムカレンダーはコチラ!愛ぷれまネット さんのサイト)
 -------------------------------------


それでは、天秤座の新月では、どんな願望が実現しやすいかについて:

占星学的な考察は、今月から、数秘術カウンセラーであると同時に、実は占星術師でもある >響 めあり さん にお願いしているんです♪ アファメーションにかかる前に、まずは めありさんの「天秤座の新月」ガイド を要チェック!!

さて、天秤座といえば結婚♪・・・めありさんも書いてくださっているように、天秤座の定位置が結婚を支配する 第7ハウス(室)だからなのですが。パートナーとの関係を結婚へ向けて踏ん切りつけたいヒトのことを応援してくれるのはもちろんのこと・・・もう結婚してるんだけどってヒトなら、ちょっとスピリチュアルに 宇宙とのマリッジ なんてアファメーションして、精神性をグワンと高めるチャンスかも!?

なお、めありさんは サビアン(占星術のひとつのアプローチ)も併用してリーディングしてくださっているんだけれど、それによると「いつもよりも願いが拡散しすぎないよう、自分の心の奥で本当に願っていることに集中して取り組むことが今回のアファメーションのポイント」とのことです。なので、いきなりアファメーションを書き始めるのではなく、しっかり深呼吸して自分の内面と向き合い、本当に叶えたいことを自身のハートに問いかけてからスタートしてくださいね!!

なお、この新月に叶いやすい願いのキーワードを「新月のソウルメイキング」からひろってみると、結婚/交渉術/調和/チームワーク/社交性/外交手腕/洗練/ヒーリング/相互依存を手放す 等。

それでは、めありさんの「天秤座の新月」ガイド を読んだら、さっそくアファメーション、スタート☆彡



●結婚に至る恋をする! 結婚とは書類上のこととは限りません

「○○(相手の名前)との関係で、理想的なつきあいに至るビジョンを描ける私になる」
「愛と協力を分かち合える関係を2人の間に築く(取り戻す)ための行動を起こせる私になる」
「幸せな結婚に至る道を見い出し、そこに向かって前進できる私になる」
「○○(相手の名前)が愛さずにいられなくなるよう導ける言葉を言える私になる」
「私にとって最良の結婚へのチャンスを見分ける目を磨き、ベストな選択ができる私になる」
「お互いに魅力(協力/尊敬/感謝/愛/情熱 等)を感じられる異性との出会いを引き寄せる」

●洗練された人間力を磨く!

「ひとりの女性(男性)として、美しく優雅な私になる(私であり続ける)」
「社交性を身につけ、他者と積極的に関われる私になる」
「大勢の人が集まる場所で雰囲気に圧倒されることなく、好感度高く振る舞える私になる」
「趣味のいいリーズナブルな価格のものを選べるセンスを磨き、暮らしを豊かにする」
「家の中に平和・幸せ・静けさをもたらすインテリアのアイデアが浮かぶ私になる」

●公正なバランス感覚を身につける!

「他者との交流の中で、的確で冷静な判断ができる私になる」
「他者の立場を理解し、尊重できる私になる」
「何にでも不公平感を感じてしまう被害者意識を手放す」
「○○に関する交渉がいい方向に進み、双方にとってハッピーな契約を結ぶ」
「チームで行動することへの抵抗感や負担感を手放す」

●調和のとれた安定感あるヒトになる!

「落ち着かない気持ちを鎮め、心のバランスを保てる私になる」
「行動に移せない決断恐怖症を手放す」
「無理して全ての人を好きになったり、全ての人から好かれようとする八方美人な考えを手放す」
「とりあえずその場をおさめるために、うわべだけ妥協する悪癖を手放す」
「すぐに他者と比べてしまう性格を手放す」
「私を癒し力を与えてくれる、相性のいいセラピスト/ヒーラーとの出会いを引き寄せる」
「○○(相手の名前)が私と一緒にカウンセリングを受けるよう導ける言葉をかけられる私になる」

●共依存に陥らない関係を築く!

「自分にもプラスになるカタチで、○○(相手の名前)をサポートできる私になる」
「双方の大きな前進につながるカタチで、○○(相手の名前)と協力し合える私になる」
「私の心の安定には、○○(人や事や物)の存在が不可欠という考えを手放す」

●調和に満ちてスピリチュアルに生きる!

「自分が自分でいることに幸せを感じ、周囲に調和をもたらせる私になる」
「他者に大切に扱われたら、素直に受け入れ感謝できる私になる」
「いま自分のまわりにある豊かさに感謝しつつ満喫できる私になる」
「ギフト(他者からでも宇宙からでも♪)を、感謝をもって優雅に受け取れる私になる」
「自分をとりまく環境や現実は、完璧な姿で優雅に存在しているということを常に意識できる私になる」


※このアファメーション集は「新月のソウルメイキング」から一部引用しながら、瑠花が加筆して編集したものです。
※末尾は「私になる」等の言い切りで省略しているけれど、実際にアファメーションする時には「~~~な私になることができ、ありがとうございました!」と感謝先取りにすると、潜在意識がよりスムーズに働いてくれます。v(^o^)v
※手放すための願望については、そのためのセラピーやワークと出会ったり、必要な行動を起こせる私になるという一文を付け加えるとよりパワフルです。
※アファメーション効果を高めるコツについては過去の記事を参考にしてくださいね!
※私が「新月の願望成就アファメーション」の連載を始めたワケを振り返ってみました。よろしかったら読んでみてくださいね♪



ところで、ちょっと補足:
新月の時に願いが叶いやすい理由について、ジャン・スピラーさんの日本語サイトには、このように書かれてますよ~♪:

 ---------------------------
 太陽の光を地球が遮り、一時的に月が姿を消す新月には、
 現在と未来を隔てる結界が消えると言われています。
 このときに願い事を宇宙に届けると、
 それは春の芽吹きのエネルギーに包まれて成長を始めます。
 ---------------------------


それでは皆さん、新月と共に、充実した1カ月をスタートしてくださいね☆彡


新月に向けて、新企画のご案内!(と、予告)

新月に、アファメーションの例文をお届けするようになったのは、まだ楽天ブログで書いてた頃でした。

そして、せっかくだから、例文だけじゃなくて、サイン(○○座)の特徴もお伝えした上で、その新月で叶いやすいアファメーション例文をお届けしたいと思うようになったのは・・・いまバックナンバーで振り返ってみたら、2006年6月の、蟹座の新月からだったみたいです。(こちらも、まだFC2に引っ越してくる前でした)

でね、今月からは、アファメーション記事をお届けするのが、と~~~ってもラクになっちゃったんです♪

なぜって、毎月「○○座の定位置は第○ハウスで、守護星は○星で・・・」なんて素人ながら必死で調べて書いて蘊蓄ウンヌンを、そっくり プルメリアバードの 響 めあり さん にお任せすることにしちゃったからなんですぅ~ v(^o^)v

めありさん、今は 数秘術 で有名だけど、実は 星読み人=占星術師 でもあり、近い将来、占星術でもデビューの予定です☆彡

なので今月から 新月の願望成就シリーズは、めありさんとの共同企画になります!



今回、天秤座の新月についての分析は、さっそくコチラ、めありさんのサイトにアップしてくださいました。 ・・・サ、サスガッ、仕事が早いッ!!・・・

これから毎月、めありさんが新月の数日前にアップしてくださった後、それを追いかけるカタチで、私がアファメーション例文集をアップすることになると思います。


ところで、せっかくなので、めありさんのコメント欄で、なぜにサイトにより案内されてる新月やボイドタイムの時間にズレがあるのか質問してみました。(特に、ジャン・スピラーさんのサイトだけ、いつも案内されてる時間がちがってるのが不思議だったので)

めありさんからの答えは、上記の記事のコメント欄にありますので、気になる方は読みに行ってくださいね!!

それでは、アファメーション例文集は、たぶん明日にはアップできると思います!

いや、引っ張ってるんじゃなくてサ~、なんか今夜中に間に合いそうにないので・・・(^_^;;)



「レイキの五戒」にまつわる、ひとりごと

連載中(ちょっとお休みしてるけど)の「瑠花とスピリチュアル:レイキ編」として掲載するには、あまりに小さな「つぶやき」なので、今日のは休日のオシャベリだと思っておつきあいくださいね♪


昨日、レイキ・ファーストの講習をしていた時のこと:

ファーストでは「レイキの五戒(5原則)」を説明するのですが、私は、

 ●原語(臼井先生の書にある:「今日丈けは・・・」で始まるもの)
 ●現代語訳(七実先生からいただいたテキストから)
 ●ハワヨ・タカタ先生の英文日記(出典は忘れたが、望月先生か上野先生の書籍から)

その3つをご紹介して、いちばんピンときたものか、そうでなければ「自分語訳」を作って、レイキ・スピリットとして、毎日はムリでも時々でもいいから心の中で唱えてね!とお話ししているのです。

昨日も、いつもと同じように説明していて、なぜだか突然、気づいたことがありました!

それは、原語で言えば「業をはげめ」に該当する箇所、ハワヨ先生の英文では:

  Earn thy living with honest labour.

とあって ・・・ちなみに「thy」とは「your」(アナタノ)の文語体・・・

これって、訳すと「誠意ある仕事をすることにより、日々の糧を稼ぎなさい!」って意味。
そして、どうしても「誠意ある仕事」のほうに目を向けがちなところですが、ハワヨ先生の文章には、ちゃんと「Earn thy(your) living: 生活の糧を稼ぎなさい!」と書かれているではありませんか!!


癒しの仕事って、お金をいただくことに罪の意識を感じる人が多すぎるような気がします。同時に、お金をいただかずにボランティアとして癒しを施す人を美化し過ぎる傾向もあるように感じています。

でもね、たとえ「癒し」であっても、仕事として取り組む以上は、そこから日々の糧は稼がなくちゃイケナイんだと思います。私は、お金は愛のエネルギー だと思っているので、エネルギーが回らなくなったら、届くべき愛さえ届かなくなるんじゃないかな?と。そして、全てに 不調和・不協和音 がたちこめてしまうのではないか・・・と。

そして、そんな不協和音のひとつが、傲慢 なんじゃないかな?って思うのです。

このあたりのこと、以前このブログに書いた後、サイトの開業サポートのコーナーに転載しました。仕事として癒しに取り組む人には、常に考えて欲しいテーマだから!

  「開業を考えるあなたへ」
   (~エネルギーの法則・・・お金のお話・・・~)


 あなたはご自身を、過小評価していませんか?
 あるいは、傲慢になって「施し」しちゃっていませんか?
 あなたのエネルギーは気持ちよく回ってますか☆彡






今日は 秋分の日・・・空気感にイマイチ敏感ではない私は、ブログをまわったり、いただいたメールを読みながら「あ! 空気、変わったみたいだ」なんて気づいたりしています。

そーいえば昨夜、寝る前に「★あなたの心のメッセージやエンジェルメッセージ★」のサイトで引いたカードたちから、これまで受けとったことのない初めてのメッセージが大量に届きました。

   えっ???
   ・・・「情熱的な恋」だって???
   ・・・「新しく芽生えた、恋愛や仕事に対する情熱」だって???
   ・・・「ローズクォーツで貴方の恋愛を叶える」だって??????

   ・・・あのぉ、私、パートナーいるんですけど・・・


とりあえず「ペースを落とし、ひと休みして自分を大切にしましょう・・・今日一日(または一日のうちの一部)の予定をキャンセルして昼寝の時間は取れますか?」のメッセージに従い、昼過ぎまで寝坊して、優雅なランチコース外食して、それからTVで大好きな「相棒」見て・・・ウン、思い切り自分を甘やかしたねッ♪

でも、明日にはパートナーが帰ってくるので、そろそろ仕事に戻ります!



そう。そう。秋分といえば・・・

占星術には「四季図」というのがあることは聞いていたけれど、なんと数秘術の めありさん は、実は「星読み人」でもあったりして、今日の彼女のブログには「四季図」=秋分の日のチャートが掲載されてます!!

ちなみに「四季図」というのは、これからの時代(や国)の動向についてリーディングする・・・みたいなモノ・・・あ~~ん、うまく説明できないので、興味ある人は、まずは めありさんのサイトへGO!・・・ってコトで。(^_^;;)


使命(瑠花とスピリチュアル:番外編)

今日、2本目の記事。
どうしても今日、アップしておきたかったので!

 → ちなみに今日の1本目の記事では、
   素敵なヒーリングアーティストさんをご紹介しています!


シリーズ「瑠花とスピリチュアル:レイキ編」連載のキッカケとなった、レイキ歴17年の受講生さんが、今日はサード受講に来てくださった。

大先輩・・・私のほうが学ばせていただくことが多い!!

サードの3回のアチューンメントを終え、ちょっと一息の雑談ティータイムに、受講生さんがふと、彼女が気功の恩師について学んでいた時代のことを振り返って、こんなことをおっしゃった:

  「人ができないことを知ったからって、おかしくなってしまう人がいる」

どういう意味かというと・・・人ができないこととは、気功でいえば治療だが、私が行っているメニューに当てはめたら、たとえばオーラリーディングなんかが該当するだろうと思う。レイキならば、遠隔ヒーリング といったところだろうか?


おかしくなってしまうとは、ひとつには 傲慢な天狗 になってしまうこと。他者との境界線を忘れ、自分の能力を相手の了解なく押し付ける。

たとえば・・・私の過去で言えば、あの「天使のお試し事件」だ。実は、テーマがボケるのを避けるためあの記事には書かなかったのだが、私は「セラピスト名だなんて、本名の波動を変えるのは良くない!」だの、あげくの果ては「瑠花よりも瑠華のほうが、あなたには似合う!」とまで言われてたのだ!!

他にも「紫の薔薇事件」なんてのもあったけど・・・あれは私のハートがなぜかOKしてたから良しとしよう!?

私は、いまは過去世で深いご縁のあった2名の方に限り、暗黙の了解のうちに、送られてくるメッセージをありがたく受け取らせていただいている。でも、その2名以外の方から、一方的に了解なくリーディングなんか送り付けられたら・・・

  NO THANK YOU!!!

一方、今日の受講生さんからシェアしていただいたのは、彼女の知人でネットで活躍している方が、意識的にか無意識にか念の混じってしまったエネルギーを一方的に送りつけられて、シンボルで結界を張っているというエピソードだった。

前回の講習時に、私が「遠隔ヒーリングは必ず了解をいただいてから行うことになっている」とお伝えした時には非常に寂しそうだった受講生さんだが、17年の歳月を経て時代の変化と共にレイキが多様化したことを考えると、残念だけれども安全にレイキを伝えていくには、どうしても規制が必要だと・・・今となっては規制が理解できるとおっしゃっていた。

すべての人が、愛と光そのもの みたいだったら、そんな規制はいらなかったはずなのだ。残念だけれど・・・


そして、もうひとつは、もっと恐ろしいケースだ。

スピリチュアルに目覚めたばかりの時は、たいていの場合、エネルギーがコントロールできてない。善なる存在も、邪悪な存在も、すべてゴッタ煮のような状態で、情報の洪水が下りてくる。対処の仕方を知らないと 発狂しかねない!

受講生さんの知人に、自動書記で細密画を描いた方がいらしたという。このままでは気が狂うことを心配し、受講生さんは気功の師匠のところに相談に行ったという。

私の場合は・・・「天使のお試し事件」後の何カ月かの鬱状態が、まさに、それだったんだろうと思う。すぴこんで相談に乗っていただいた スピリチュアルアロマのセラピストさん には「あなたは本来ならグラウンディングできてるハズの人なのに、いまのあなたはフワフワと宙に浮いてるみたいだ」と指摘された。

受講生さんは、しみじみと「能力開花だけでなく、それに伴う精神面の学びが必要だ」とおっしゃった。




そして今、こうして今日のことを振り返って書きながら・・・私はタイヘンなことに気づいてしまった!!

この「受講生」という姿をかりて私の前に出現した「師匠」は、ティーチャーとしての私に大きな問題提議するために、宇宙が遣わした メッセンジャー なのではないか!?




A GIFT FOR ME♪

今朝パートナーが実家に帰ったので(ってかクライアントさんから予約をいただいてたので追い返しちゃったんだけど)週末はお仕事モード!
クライアントさんをお見送りして、それから気分転換の散歩に出かけ、戻ってみたら♪

  ポストに、ステキなプレゼントが届いてた☆彡

そう、前回の記事に引き続き、今日もアートなお話し!

三つ葉アート1三つ葉アート2


このポストカードを送ってくださったのは、お互い楽天ブログで書いてた時代から交流させていただいている 三つ葉さん。ヒーリング波動満開の花の絵を描くアーティストさんで、私、この優しい波動の大ファンで、ず~~~っと前から「ハガキにして販売して~♪」とリクエストしてたら、このたび、福岡のショップで委託販売をスタートした記念に、5枚組のハガキをプレゼントしてくださったの♪

スキャンして掲載してみたけれど、どうしてもオリジナルの優しい色調が再現できなくて(だから2枚しか紹介できないけど)・・・三つ葉さん、ゴメン。m(_ _)m

福岡の方は、ぜひリンク先の三つ葉さんの記事から、ショップをチェックしてオリジナルを見てください。

そして福岡は遠すぎて・・・って方は、三つ葉さんのサイトで、癒しの波動に触れてくださいね♪




そして記憶のいい方は、ふと思い当たるかもしれないね。

そう、彼女は、以前このブログで「車いすのバッグ屋さん」という記事でご紹介した、あの、車いすのアーティストさん!

バッグ屋さんは、体調が決してベストといえない彼女とお母さまにとって荷造り~発送の負担があまりに大きすぎて、残念ながらクローズしてしまったけれど、今回は ハガキなら何か方法があるかも!・・・と、いま、ネットでご縁をいただいたご希望の方にお届けする方法を模索中です。

詳細が決まったら、私のブログでも、またご案内します。
楽しみに待っててくださいね~v(^o^)v



タロット!

もう明け方・・・

明日(ってか今日)彼が戻ってくるので、ラストスパートで仕事してたら、こんな時間になっちゃいました~。(^_^;)

レイキのシリーズは、今夜は書き上げられそうにないし・・・。
今週末は2日連続セッションの予約をいただいているので、週末もシリーズの続きを書けるかどうか??
もしかしたら、しばらくシリーズお休みかも??です。
必ず、続きは書きます。待っててくださいね!!



さて、休暇届け(?)がてら、今日(ってか、もう昨日)嬉しかったことを!

アクセサリー関係の活動でお世話になっているギャラリーで出会い親しくしていただいてきたアーティストさんの、タロット原画展 を見てきました。

タロットってコトは・・・もしかして彼女も、コッチの世界に来ちゃったのかな???

ちょっとワクワクしながらギャラリーに行ったら、近々東京を離れるとのこと。
そして、その理由が、結婚とかじゃなくて、スピリチュアル的に惹かれる地への転居とのこと☆彡

彼女のタロット、まだ 大アルカナ(22枚)のみです。
でも、いずれは、小アルカナ も含めて(全78枚)完成させるとのこと。

展示品としてコーナーに置いてあったタロットのオーラに触れてきました。
とてもステキな波動でした。

彼女は、いまは時間がないけれど、転居後なら、タロットリーディングのメールセッションできるかも!ってことです。
もし実現したら、このブログでご案内して、またまた必要な方にセッションを受けていただけたらいいな♪


そのタイミングで、私が大好きな、このアーティストさんのタロットの絵もご紹介しますね。

なんだか、ますます、ワクワクしてきました!!



ちょっと速報!

数秘術の めありさん が、モニター第2弾の募集をスタートしたよ~☆彡

--------------------------------------
 数秘術リーディング モニター募集 第二弾☆ は、

 「ペアで見る魂の目標」

 ということで、基本リーディングプラス、
 お一人の方との関係関係における魂の学びをリーディングしたいと思います。
 大切な人との、魂の学び…。
 どんなものか知りたいと思われる方はぜひご応募下さい!!
--------------------------------------

とのことです。

お申し込み&お問い合わせは、めありさんの告知記事から!


気になる方は、いますぐ、アクセス!!!


レイキ転校生(瑠花とスピリチュアル:レイキ編-#6)

レイキはできることなら1人のティーチャーから、ファーストからサード、そしてティーチャー・ディグリーまで一貫して受講したほうがいい。そんなこと、わかりきってる。でも・・・それが、できない場合もあるのだ。

瑠花も転校生だ。そんな転校生が、いまティーチャーとなって、途中ディグリーから別スクールで受講することについて考えて、今日は考えてみたい。

前回までのインデックスは、下記のとおり:

  瑠花とスピリチュアル:レイキ編
  プロローグ 「西洋式レイキの原点と出会った日」(08.09.06)
  シリーズ#1「遠隔ヒーリングを考える」(08.09.07)
  シリーズ#2「なぜ、誰の了解を得ればいいの?」(08.09.08)
  シリーズ#3「遠隔アチューンメントを考える」(08.09.09)
  シリーズ#4「レイキ一括伝授を考える」(08.09.13)
  シリーズ#5「太陽とアチューンメント」(08.09.14)


・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


せっかく途中ディグリーまで受講したのに、どうしても続きを別スクールで受講しなければならない事情って、たとえば、どんなことが考えられるのだろうか?

たとえば、最初に受講したティーチャーと合わなかった場合・・・でも、そんな場合は最初のティーチャーと信頼関係が築けてなくて、あまりいいカタチでレイキが身に付いてない可能性が高いから、いっそファーストから再受講したほうがいいような気がする。

あるいは、転居により、以降のティグリーを受講できなくなった場合・・・その場合はティーチャーに相談し、もしも転居先にそのティーチャーのもとでティーチャー・ディグリーを取得した方か、同じアップライン(先生の先生)から取得した方がいらしたら、その方を紹介いただくのがベストかもしれない。

あるいは、ティーチャーがレイキ講座を止めてしまわれた場合・・・その場合も、やはりティーチャーに相談し、卒業生さんか同窓生さんを紹介していただくのがベストだろう。ティーチャーが行方不明の場合は・・・そんなケース、実は聞いたことがあるのだが(驚)・・・ちょっとタイヘンだけれど、もし同上条件の方をさがせれば、そのほうがいいと思う。

あるいは、地方在住の方で、以前はティーチャー(スクール)が出張セミナーを行っていたからその講座を受講したのに、たとえばティーチャー・ディグリーのみ、そのエリアでニーズが少ないためいつまで待っても開講されず、しびれを切らせて別のティーチャーをさがした場合・・・実は、私にとって非常に大切な存在である、MAHALOのまりこさんが、そのケースに該当するのだが、私は、まりこさんと出会えて本当によかったと心から思っているので、開講してくれなかったそのスクールに感謝している。(それにしても、まりこさんはわざわざ東京まで、私から受講するために来てくださったのだ・・・本当にありがとう☆彡)

そして私の場合・・・だって、最初はファースト&セカンドだけ受講するつもりだったから、ティーチャー取得までは考えてなかったから、ティーチャー・ディグリーの受講料なんて確認しないでスタートしてしまったんだもの・・・そう、私から受講したいからティーチャー取得して欲しいと言ってくださる方が現われたというのに、サードまで受講したスクールの受講料を払えないという理由のためだけに・・・当時は信じられないほどおトクな受講料だったスクールに転校した。七実さん、本当にゴメンナサイ。m(_ _)m

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


私自身が転校生だから、そんな私がティーチャー・ディグリーだけ受講することを快く受け入れてくださった ヒーリングハートの長橋先生(HN:ハートさん)に恩返しするような気持ちで、私は他スクールで途中ディグリーまで受講した方も受け入れている。

でも、途中ディグリーからの方からお問い合わせをいただいた場合、なぜ転校したいのか、その理由を確認する。理由次第では、最初に受講をスタートしたティーチャーからの受講を続けるよう説得したりもする。ハートさんが私に送ってくださったアンケートを基にして、転校生専用のアンケートを準備している。そして、理由と事情が納得できた場合だけ、喜んで歓迎する。

やはり原則として、同じティーチャーから学んだほうがいいと、私は思うのだ。

私自身、自分のルーツがない感覚で、ずいぶん悩んだ。ティーチャーになるにあたって、もしも一貫して同一スクールで学んでいたらティーチャーが教えてくださったとおりに伝えていけばいいところを・・・しかも私は、アライアンスとラディアンスの混血となってしまったため・・・ファーストからサード(アライアンス)で習ったことを、ティーチャー・ディグリー(ラディアンス)のテキストにカリキュラムとしてリストされている項目と照らし合せながら、複数のレイキ本をメモとりながら熟読し、必要事項をもらすことのないカリキュラムとすぺてを網羅したテキストを作ろうと必死でがんばった。

その課程で私は、レイキを習っただけに終わらず、更に深めて勉強することができたので、結果的にはよかったのだが・・・。

さらにティーチャー取得後に、ソワンソワンの山本先生(HN:ソワンさん)から、セカンド・ディグリーのみ再受講したのだが、その時に、サイキックであるソワンさんの口から「レイキのアチューンメントは誰が行っても同じと言われているが、実際にはパイプとなるティーチャーのエネルギーの影響を受けている」ということを始めて聞いた。だったら、エネルギー的に不安定なスピリチュアル・ビギナーは、別のティーチャーのエネルギーが入ったら混乱してしまうのではないか?と、その時、私は感じた。

本当は1人のティーチャーから一貫して受講したほうがいいけれど、それでも途中ディグリーからの受講を受け入れることにしたのは、私自身が転校生だったからだ。そして、転校する他に次のディグリーに進む方法が見つからない方たちを、レイキを学ぶステップから閉め出したくなかったからなのだ。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


それでは、私から途中ディグリーまで受講した方が、他のスクールで続きを受講したいと相談くださった場合は、どうするか?・・・ってか、フツーは相談なく黙って他スクールへ行ってしまうから、相談いただけたことは、本当にその受講生さんが私を信頼してくださっていたシルシなのだが。

その方は「たまたまネット上で見つけたティーチャーのアチューンメントに興味を持ったのだが、サードのみ別スクールで受講するということは可能なのか?」という相談してくださった。

私は、たいていの方は黙って去ってしまうところを相談してくださったことへの感謝を伝え、むしろ受け入れ先のティーチャーのお考え次第ということを強調した上で、アフターフォローについてこのようにお伝えした:

  アフターフォローは、たとえ途中ディグリーからの受講の方であっても、
  最終ディグリーを講習したティーチャーが、他スクールで受講したディグリーも含めて
  責任持ってフォローをするべきだと考えています。
  エネルギーや方針の一貫性がなくなるので、新たなティーチャーさんへの敬意から、
  私からは一切フォローやアドバイスができなくなります。

言い換えれば、途中ディグリーからの方を受け入れるというのは、ティーチャー側にも、それだけの覚悟が必要なのだ。

・・・と、私は考えている。

その方には、本当にその方から学びたいのなら本来ならファーストから再受講したほうがいいこと、そして私はティーチャー取得後にソワンさんからセカンドのみ再受講したことをお伝えして、サードまで修了後に気になるティーチャーのアチューンメントをスポット的に再受講する選択肢があることをお話しした。そして、そのアイデアに共感してくださって、結果としてその受講生さんは当方でサードも受講してくださった♪




ティーチャーのホンネでいえば、できることなら、ファーストから再受講して欲しい。
そして、その方が学ぶことを希望する最終レベルまで、一貫してお伝えしたい。

だから・・・瑠花のレイキ は、ファーストからスタートしてくださった方に限り、おトクなセット価格が適用される。そして、たとえばファーストを他スクールで受講した方なら、セカンド以降を瑠花から受講するよりも、ファースト&セカンドを再受講者対象の同日講習(同日割引有り)で受講していただいたほうが、サードまでの合計額が安くなっちゃったりするワケなのである。

該当者の方は、ぜひお問い合わせくださいね!




ご注意:
瑠花のセッション・ルームで、途中ディグリーからの転校生を受け入れているのは、アチューンメント回数が同じ、臼井式西洋式レイキ(アライアンス/ラディアンス/フリーライン)の方だけです。再アチューンメントも同条件です。
遠隔のみでレイキを修得し対面アチューンメントを受けていない方は、途中ディグリーからは受け入れず、ファーストからの再受講をお願いしています。




太陽とアチューンメント(瑠花とスピリチュアル:レイキ編-#5)

このシリーズでは、レイキについて自分自身の思いを見直すと同時に、いつもブログを読んでくださっている方々に向けて、レイキに対する私のポジションをお伝えするために書いています。

なので、結論を急ぎたい気持ちを・・・抑えて・・・抑えて・・・(爆)

毎日1テーマずつ、書き綴っていきたいと思います。

前回までのインデックスは、下記のとおり:

  瑠花とスピリチュアル:レイキ編
  プロローグ 「西洋式レイキの原点と出会った日」(08.09.06)
  シリーズ#1「遠隔ヒーリングを考える」(08.09.07)
  シリーズ#2「なぜ、誰の了解を得ればいいの?」(08.09.08)
  シリーズ#3「遠隔アチューンメントを考える」(08.09.09)
  シリーズ#4「レイキ一括伝授を考える」(08.09.13)

そして今日は、アチューンメントは太陽のある時間に受けたほうがいいと言われているけれど、どこまでこだわったらいいか?について、私の考え方を!

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


またまた登場する、私が尊敬するティーチャー七実さんの、4~5年前の日記に、お正月休みを利用して北海道からいらした方に年越しレイキ伝授をしたという記事を見て、私は質問した。

 「太陽のある時間にアチューンメントしなくていいのですか?」

そして七実さんの答えは、前回の、次ディグリーに進むタイミングについての質問と同じ:

 「受講生さんが希望した時が、その方にとってベストなタイミングだから
  お申し込みがあった時間に講習&アチューンメントします」

七実さんのティーチャーも、同じ考え方だったという。レイキは、相手の方が希望なさった時に提供するのがベストだからって! あ。コレは数年前のこと。いまは七実さんも方針や考え方が変わってるかもしれないことを付け加えさせていただきます!

ところが、私がティーチャーを取得させていただいた、ラディアンス系のティーチャーたちは、太陽のある時間でなければアチューンメントをしないと、皆さん、口を揃えておっしゃる。

  う~~~ん、なぜだぁ?????

その答えは、知人のmixi日記にあった。そして2~3日前から、その方だと私が記憶していた方の日記のバックナンバーをさがしていたのだが・・・見つけ出すことができないのだ・・・ぁ~~~ (T T)、コレ!と思う記事を見つけたらURLは記憶しておくべきだね・・・反省&後悔。

なので、HN入り&URL入りでご紹介することもできず、私の記憶を頼りにお話しすることしかできないのだが・・・

たしか、その方がハワイに行った時、ラディアンスのアチューンメントを、ハワイの特定の場所(屋外の自然に囲まれた地)で行なっているグループを、見た・・・んだったか・・・そのような話を聞いたということだったか・・・???

  ラディアンスは、ハワイの太陽の下で、アチューンメントする!

なんてステキなんだろう・・・その話を読みながら、ふと潮のかおりを感じた。髪の長い女性たちが、南国の太陽の下で笑いさざめきながら、今にもフラダンスを踊りだしそうなシーンが浮かんできた。もちろん、彼女たちの髪には、プルメリアの花が一輪・・・あっ、妄想モードです。m(_ _)m

当然ながら、ハワイでは全てのアチューンメントがそうでなければならないワケではなく、それはむしろ、ラディアンスの中でも少数派なのだろう。でも、少なくともハワイで行なわれるラディアンスのレイキ・アチューンメントには、今も、そのような伝統が残ってるのだとしたら!

ラディアンスのティーチャーが、アチューンメントは太陽のある日中に行なうことにこだわる理由・・・夜間はレイキ講座を開講していない理由が・・・なんだか、その気持ちが、わかるような気がした。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


では、ラディアンスでティーチャーを取得させていただいた私としては、どうするのがベストなのだろうか?

いま、パートナーが休職中に限り、実はコッソリと休日講習やセッションを受け付けているのだが・・・直メール以外でこのことを書くのは初めてなのだが・・・だから、平日昼間に仕事がある方でも、今だけは、平日料金で 瑠花のレイキ を受講していただくことができるのだ。(ただし、2万円以上のコースに限り!・・・ナイショだよッ!!)

でも通常なら(つまりパートナーが平日昼間に出勤するようになったら)瑠花は原則、休日はセッションしないことにしているので・・・そうなると、仕事を休めない方は、瑠花のレイキを受講できなくなるってこと???

それでも、なんとか方法をさがしてきた。

夏至前後なら太陽が沈む時間が遅いので、5時に仕事が終わって即行退社、5時半頃までに駆け付けていただいて、講習前にまずアチューンメントを済ませ、それからゆっくり講習をしたこともあった。

これは一度だけだったのだが、ファーストは事前に遠隔アチューンメントを受け取っていただいた上で対面講習を平日夜に行ない、セカンドは午後半休をとって来ていただき、その日にファーストの再アチューンメント(対面)と、セカンドの講習 プラス 対面アチューンメントを行なったこともあった。

これから先、パートナーの就職後なら、夜間に講習と対面アチューンメントを行なった上で、後日、太陽のある時間に私が設定した遠隔の再アチューンメントを、休日の昼間に受講生さんの自宅で受け取っていただくことも検討するだろうと思う。

  要は、太陽が地平線上にある時間にアチューンメントすることへのこだわりを
  瑠花の心象的に、どうしても譲れないってコトなのだ・・・

おそらく、対面アチューンメントも受けていただくことを大前提 としての遠隔アチューンメントを組み合わせれば、あらゆるケースに対応できると思う。

でも反面、平日の仕事を休めない方なら、週末にグループ講習を行っているスクールは他にいくらでもさがすことができるのだ。

この、瑠花の太陽への「こだわり」は、平日の昼間、個人講習だから!瑠花だから!と選んでくださる受講生さんとのご縁を大切にするために、もしかしたら私にとって必要なフィルターなのかもしれない。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


アチューンメントに太陽が必要か否か・・・

たとえば、予約日があいにくの雨だけどアチューンメントできるかどうかの問い合わせをいただいたことがあった。

瑠花の答えは「YES!」・・・太陽が地平線より上にあれば、たとえ雲に隠されていてもOKと感じるから!

だったら、レイキは遠隔シンボルにより自由に時空を超えられるのだから、深夜だって、太陽がある時間のエネルギーを引き寄せることができるんじゃないの?・・・ティーチャー仲間との雑談中に、そんな話になったことがあった。

ところが、瑠花の答えは「NO!」・・・ってか、もう、理屈じゃないんだな~(笑)

  やっぱりレイキのアチューンメントは、太陽のニオイのする時間に行いたい!

これは是否ではなく、瑠花の感覚的な「こだわり」だと思ってくださいね。(^_^;)



追伸:
再アチューンメントの時は、太陽の有無に一切こだわりません。でも、もちろん太陽のある時間に、対面で受けていただけるのが、いちばん気持ちいいと思います。v(^o^)v



レイキ一括伝授を考える(瑠花とスピリチュアル:レイキ編-#4)

お待たせしました。シリーズ再開です!!

先ほどパートナーは実家に向かって帰っていきました。これから2件、実家近くで友人とのアポがあるという♪・・・お互いが意義ある時間を過ごせるって、なんて幸せなことなんでしょッ! v(^o^)v

さて、今回シリーズをOFFしてた間に、連日コースのメールセッションをしていて気づいたことがあったのです。それは、このシリーズの記事を書いたあとのほうが、私の回路がキレイになっていて、スムーズに受け取れるということ!・・・なので、お待たせしている仕事に取りかかる前に、記事を書くことにしました。

前回までのインデックスは、下記のとおり:

  瑠花とスピリチュアル:レイキ編
  プロローグ 「西洋式レイキの原点と出会った日」(08.09.06)
  シリーズ#1「遠隔ヒーリングを考える」(08.09.07)
  シリーズ#2「なぜ、誰の了解を得ればいいの?」(08.09.08)
  シリーズ#3「遠隔アチューンメントを考える」(08.09.09)

そして今日は、ファーストからサードまで1日で一括受講することについての、私の考え方を!

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


私がティーチャー(七実さん)から習ったファーストのテキストには、21日間の浄化期間を経て(その間は、たっぶり水を飲み、セルフヒーリングに励んで)それからセカンドに進むのが望ましいと書かれていた。

でも、気が短い私としては・・・各ポジション5分ずつ × 12ポジション = 合計1時間のセルフヒーリングが耐えられないと、ファーストの受講中12ポジションの説明を受けている最中に早々に感じたので、その日の帰りに翌週(実際には6日後)にセカンド受講の予約をお願いしてしまった。そして七実さんの考え方の基本は 受講生さんが希望した時がベストタイミング! ということだったので、浄化期間は十分ではないけれど、それでも申し込みを受け付けてくださった。

そして、セカンドの受講を終えての私の感想は:

 「今日からはセルフヒーリングの時間が半分になることが嬉しい♪」

で、七実さんと顔を見合わせ、大爆笑!!

当時の私はティーチャーになることなど全く考えてなくて、ただただ自分のココロを癒したかっただけだったので、その時点ではサードを受講する気は全くなかった。それでも、セカンド修了して2カ月ほど経った時、毎日マジメにセルフヒーリングしてるのに(告白しちゃうと、ティーチャーになった今よりも、はるかにマジメにセルフヒーリングしてた・・・)レイキのパワーが全く感じられなくなって・・・突破口が欲しくて、サードの受講を申し込んだ。

そんなワケで、私はファーストの講習時、レイキを学んでいくステップを説明する時に、私のその経験をお話しした上で、こうお伝えしている:

 「ファーストからセカンドは、急いでもOK。
  でも、セカンドまで学べば、レイキの楽しさを十分に満喫できる。
  だから、セカンド修了時には、サードの申し込みは受け付けません。
  とことん、セカンドまでのレイキを楽しんだ後、
  行き詰まりを感じるか、あるいは、ティーチャーに進みたくなったら
  ぜひ、戻ってきてくださいね☆彡」

で、今回、レイキ歴17年の方に講習させていただく機会をいただき、やはりいつもと同じように上記のことをお話ししたら、彼女は:

 「私だったら、ファーストの後、最低でも21日間・・・できれば1カ月以上、
  間をおいてからセカンドを受講していただくけどな~。
  なぜって、ファーストだけでも、レイキは十分に素晴らしかったから。v(^o^)v 」

うわぁ・・・

私が先を急ぎ過ぎて見落としたことを、彼女はフルに体験し切ったんだということが、ズシンと私の中心に響いた。

当時、三井先生は、半年に1度来日してレイキのセミナーを行なっていらしたという。
だから彼女も、ファースト受講後、半年間はファーストのみでレイキを満喫し、そして半年後にセカンドに進んだのだった。

これまで私は、ティーチャー取得を前提としている受講生さんには、多忙で仕事を休めないような方でも、なるべくならファースト&セカンドは同日受講せずに、最低1週間は待って欲しいと伝えてきた。私の理由は「ティーチャーになる人には、シンボルを使えない不便さ・物足りなさを体験して欲しいから」だった。

いま思うと、なんてネガティブな理由だったんだろう。
先を急いでた私には、ファーストのみでもレイキの素晴らしさを体験できるという視点が欠落していた。

もったいないこと、した・・・の・・・かも・・・。

でも、あの時の私には、1日も早くココロを癒せるセカンド・ディグリーが必要だったから、仕方のないことだったとはいえ・・・待てるものなら、ファーストを満喫しきってからセカンドに進んだほうが、もっと深くレイキに感謝し、レイキを愛することができたのかもしれない・・・。

ティーチャー歴4年にして、こんな大切なことに気づかせていただいて、レイキ歴17年の受講生さんには心から感謝するばかりである。(他にも、私がティーチャーでありながら、私のほうが多くのことを学ばせていただいた1日だった)

・・・と同時に、サードまで慌てて進むことを選ばなかった、私の直感と経済状態に、改めて感謝の気持ちでいっぱいになった。(^_^;)

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


一方で、いつだったか、一括伝授セミナーの受講生を募集したサイトで読んだことがある。

臼井先生の頃とは時代が変わり、人々の波動も上がったので、今は1日で一括伝授しても問題がなくなったから、そのサロンでは1日コースで、レイキをサードまで講習している・・・と。

確かに、多忙なヒトには、1日で受講できれば、大幅な時間の節約になる。

同時に、受講料だって一括のほうが、はるかに安い。・・・なぜなら、たとえば3時間ずつ3回よりも、1回8時間で済めば、ティーチャー側の負担は半分以下になる。その場合の価格設定が、各ディグリー1ステップずつ進む場合と比べて安くなるのは、当然のことだと思う。私だって、たとえばセンセーション カラーセラピーのように、12時間かけて講習するよう規定されているコースの場合、2日コースと3日コースで料金設定を変えている。(だから3日コースのお申し込みは、まだ1人もないのだか・・・)

だから、迷ったら、ちょっと立ち止って考えて欲しい!!

いちど先へ進んでしまったら、もう「知らなかった時」へは戻れないのだ。私が、ファーストのみの楽しさを満喫する前にセカンドに進んでしまったのと同じように、一括受講した人は、レイキならではの、ディグリー毎にステップアップするかのように自分が変わっていく喜びを体験できないのだから!

それでも、人それぞれ、事情とタイミングがある。

私のように(セルフヒーリング60分が耐えられなかった他にも)1日も早く、自分のハート&マインドを癒したい場合もあるだろう。
それ以上に、大切な家族や友人が重い病気で苦しんでいらっしゃる場合もあるだろう。一刻を争う気分かもしれない。

そんな場合は後先のことを考える前に、一瞬のうちにレイキをサードまでマスターできる一括伝授を選ぶのは、当然のことだし、正しい選択となるだろう。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


そうなると、結論としては、我が師匠 七実さん のコトバこそが正解なのだ:

 「受講生さんが希望した時が、その方にとってベストなタイミングだから
  お申し込みがあれば、いつでも伝授させていただきます!」



これから先も、私は受講生さんに、自分自身の体験を話すだろう。でも同時に、今後はレイキ歴17年の方のコトバを付け加え、彼女がそれを語ってくださった時の笑顔までも伝えながら「あなたのタイミングで決めることです!」とお話しすることだろう。




勉強したい時ってあるよね!?

なんとな~く気分が優れない夜、私は、このサイトへ行って、片っ端からネット・オラクルをクリックしてみる。

  ★あなたの心のメッセージやエンジェルメッセージ★

昨夜、印象に残ったフレーズは・・・

  今のあなたは何かを学び勉強したいと考えています。

  このカードは、新しいアイデアを得るために、
  今この時期に何か技術を学ぶ事がとても重要だと伝えています。

  何かを学んでいる時期には、新しい知識を試す事に臆病になりがちです。
  ですから学ぶ代わりに、今までの知識を応用してしまおうと考えているのです。

そう。いま、カラーセラピーをもっと深めたくて、非常に手に入りにくい色彩関係の本を何冊か図書館から取り寄せていたんだけれど、昨日が返却日だったはずなのに、まだ目さえ通せていなかった。

・・・だって、時間があれば、まずは仕事!って考えちゃうし・・・

でも今日、パートナーが、なぜか、ず~~~っと昼寝。
大画面モニターに向かって、外付キーボードで気持ちよくタイピングすると、まるで機関銃みたいなタイプ音・・・このキーボード、とってもウルサイのよね~。だから、ヤツが寝てる間は、タイピングはノートパソコンの静かなキーボードから。ヘンな姿勢で疲れるから、タイピングは最小限・・・。

なので今日は、タイピングする仕事をお休みして、借りてる本に片っ端から目を通すことにした。
いつもなら必要箇所をタイピングでメモするんだけど、そんな時間もないから、あとでスキャンできるように付箋紙はりながら・・・。

今日、まさにオラクルに従って「勉強する時間」を手に入れられたのは、ひょっとしてパートナーからのプレゼント???

昨日ひいた別のカードには、こんなことも書かれていた:

  何をしたいですか? 思わず心が躍るようなことはありますか?
  自分がやりたいと思う事に集中すれば、
  まわりにまでワクワクするようなエネルギーが広まります。



P.S.
いま彼が起きてきたので、イッキに勢いよくタイピングして、この記事をアップしました♪



欠席届け(???)

連載中の「瑠花とスピリチュアル:レイキ編」ですが、パートナーが実家から戻ってきたため、ちょっとお休みさせていただきます。

24時間、狭い(1人暮らしなら十分広かったはずの)1LDKに一緒にいると、クライアントさんのメールセッションと、予約の方の返信で、もう精一杯。連載中のシリーズのような、じっくりタイプの記事を書き上げる余力がありません。

でも不思議なもので、彼からの妨害や寝言がそのままメッセージとなるような オーラリーディング が、なぜか順調にはかどったりしています。私はリーディング中に起きることは・・・たとえば喉が渇いたとか、甘いものを食べたくなったとか、オーダーしてた本が届いたとか・・・すべてメッセージと考えているのです。そういう意味では、彼はジャマすることにより、手伝ってくれているのです・・・!?

週末頃には、シリーズ再開できると思います。

しばらくお待ちくださいね♪


遠隔アチューンメントを考える(瑠花とスピリチュアル:レイキ編-#3)

17年前に日本にレイキ(ラディアンス)を伝えた 三井 三重子 先生 から受講した方とご縁をいただいたことをキッカケにスタートしたこのシリーズ、そろそろ前回までのインデックスを作らなくてはね!

  瑠花とスピリチュアル:レイキ編
  プロローグ 「西洋式レイキの原点と出会った日」(08.09.06)
  シリーズ#1「遠隔ヒーリングを考える」(08.09.07)
  シリーズ#2「なぜ、誰の了解を得ればいいの?」(08.09.08)

そして今日は、いろいろと物議を醸しだす予感満載!?・・・遠隔アチューンメントについて考えてみたいと思う。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


ところで「NPO法人日本レイキ協会」の名前を聞いたことはあるだろうか?

  あらっ、秘伝だったハズの伝統式靈氣、ここで講習してるのね・・・
  いつから始めたんだろ?? 知らなかったぁ~(大汗)
  でも今日のテーマから外れるので、置いといて・・・

私は2年ほど前にこのサイトを知って、ショック・・・というか、私は登録資格がないなぁ・・・と思い、臓に落ちないところもあって、これまでリンクしたことはなかったのだが。

このサイトの「ティーチャーの選びのめやす」の10項目すべてに当てはまるティーチャーのみ、このサイトに登録できるのだが、まず1番目の条件として“遠隔アチューンメントを行なっていない。(臼井式レイキには存在しません。)”と書かれている。(ここが全面的には賛同できない箇所なのだが、今日のテーマなので後述!)

さらに2番目には“レイキティーチャー自身が、自分の系列を把握しており、指導時に伝えている。”とも書かれている。私は自分の系列が・・・アライアンスとラディアンスの混血であることを知っているから、この時点ですでに、現時点の私は対象外だ。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


私は、遠隔アチューンメント というものが存在することを、2004年、瑠花がティーチャーになった年の夏に、オフィスナナミの七実さんが開催した「レイキティーチャー交流会」で始めて知った。まさに交流会で、その席には当時としてはまだ珍しい、遠隔のみでレイキを伝授するティーチャーも参加していた。(注:七実さんは遠隔アチューンメントは、メニューとして提供していません)

理屈で考えると、とても納得できる。遠隔ヒーリングが可能なら、遠隔アチューンメントは可能だ。エネルギーが届かないワケはない!

その時点で、すでに数人、私からサードまで受講修了してくださった方がいらしたので、何人かの方に実験させていただいた。ちゃんと届き、感じていただけたことを確認した。そしてさっそく 条件付きで メニューに取り入れた!

私のサイトの、講習ではなく 遠隔セッションのひとつとして で、「レイキ再アチューンメント」として提供している。


  なぜ、再アチューンメントに限るのか?

  ・・・言い換えれば・・・

  なぜ、遠隔のみでレイキ伝授をしないのか?


それは、このブログのバックナンバー「レイキ:瑠花が個人講習にこだわる理由」にも書いたように、1回1回のアチューンメントを大切に受け取っていただき、その感動をシェアしていただく時間を大事にしたいからなのだ。単に対面であるだけでなく、個人講習にこだわるほどなのだから・・・遠隔のみでレイキ伝授なんで考えることはできなかった・・・少なくとも私には、ありえない!!!

  開業サポートを受けてくださった方をこのブログでご紹介しているけれど
  他所で「遠隔アチューンメントのみによるレイキ」を修得しメニュー化している方に関しては
  どうしても積極的にプッシュできないのは、そんな気持ちからなのだ・・・m(_ _)m

それでも例外は、必ず、ある。
諸事情により、遠隔でしかレイキを受講できない方がいらっしゃるからだ。

たとえばオーラリーディングでご縁をいただいた遠方の方で、外出することに苦痛を感じる方がいらした。でもオーラリーディングを通して、その方にはレイキが必要であることを私はキャッチした。

もしも東京都内の方だったら、私が出張講習させていただいたかもしれない。でも、私が東京を離れて出張講習したら、交通費やら宿泊費やら出張加算やらで、受講生さんにとてつもない金銭面の負担をおかけしてしまう。

そんな時・・・そのオーラリーディングのクライアントさんが ティーチャー取得を全く視野に入れていらっしゃらないことを確認した上で、私のネットワークの中で、遠隔伝授専門とはいえエネルギー的に波動も高く信頼できる方をご紹介した。その方はご自身も遠隔のみでレイキを修得し、遠隔伝授用のテキストもお持ちで、レイキの使い方を理解できるまでメールでキチンとフォローしてくださるからだ。

なぜ、自分でも遠隔アチューンメントできるのに、私から伝授しなかったかって?

それは、私にはアチューンメントはできても、メールで講習するためのテキストもノウハウもなかったからだ。レイキ=アチューンメントと誤解されている節もあるが、レイキは講習を通してその精神をお伝えしてこそのものだと、私は信じているからなのだ。

遠隔のみでのレイキ伝授・・・私は全面的に否定はしない。自分自身や家族を癒すためだけにレイキを習いたいのなら、それでも十分なのかもしれないと思う。

でも、ティーチャー(マスター)として、他の方々にレイキの素晴らしさを伝えていこうと考えたなら、レイキティーチャーをお仕事にしようと決めたなら、たとえすでに全ディグリーを遠隔で修得していたとしても、他の誰かにレイキを伝える前に、ぜひとも再受講でレイキを対面で受け、対面アチューンメントの素晴らしさを体験して欲しい・・・これは、瑠花の願い☆彡

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


それでは瑠花は、再アチューンメント以外は一切、遠隔アチューンメントしないのか?

いや、サイトでご案内することはおそらくないと思うけれど、実はもうひとつの例外がある。

嬉しいことに、瑠花のレイキを習いたい と言ってくださる方が、東京圏以外にもいらっしゃるのだ・・・飛行機や新幹線、長距離バスを使わないと瑠花に会うことのできない遠方の方が!!

でも、レイキは次のステップに進む前に浄化期間が必要である。これは後日このシリーズで書くが、なるべくなら複数ディグリーの一括伝授は避けたほうがいい。でもそうなると、サードまででも3回、交通費をかけて東京まで来ていただかなくてはならない。

そんな場合は・・・実はひそかに・・・ファーストのみ事前に遠隔アチューンメントさせていただき、セルフヒーリングについてのカンタンな説明をメールで送り必要な浄化期間を経た上で、対面の日にファーストとセカンドを同日講習(もちろんファーストの対面アチューンメントも!)させていただくプランをあたためていたりもする・・・幸い、これまで当方で受講してくださった遠方からの方は、他コース(フラワーエッセンス等)と同日受講だったり、再受講のため浄化期間不要のため同日講習させていただいたりで、まだ該当者はいらっしゃらないんだけどね~ (^_^;)




さて、遠隔アチューンメントについては、「遠隔ヒーリングを考える」のコメント欄に、愛にあふれる熱いコメントをくださった、いわき市のティーチャー MAHALOのまりこさん と、とっても素敵な合意となったんだけど・・・私から書くよりも・・・

  きっと まりこさん がコメントくださるから・・・v(^o^)v

それをお待ちすることにする。


なぜ、誰の了解を得ればいいの?(瑠花とスピリチュアル:レイキ編-#2)

瑠花のレイキを語るシリーズ、昨日の記事「遠隔ヒーリングを考える」 で書ききれなかったことを、今日は考えてみたい。

昨日の記事の時点では「遠隔ヒーリングの時、相手の了解を得る必要があるか?」について、私の答えは「YES」だったけれど・・・

実は、た だ し・・・ と続くのだ。

七実さんから指導いただいた時点でも「ただし相手が意識不明などで意志の確認がとれない場合に限り、ご自身の心に聞いてください。答えは自ずと浮かぶはずです」ということだった。

これはセカンドの講習中のことだったから、もしサード以降に言い換えるとしたら、

  あなたのハイヤーセルフに聞きましょう!

ということになるんだと思う。

多くの場合、最初に出会った教えや説が、その人にとっての「正解」となる。

私がセカンドを受講した時点では、サード以降を受講する気持ちは全くなかったのだ。なのに、すでにティーチャーになることが宇宙では決まっていたからこそ、遠隔ヒーリングに対していちばん制限の強いルールへと導かれたのかもしれない。

何事も基本をキッチリ押さえた上でアレンジして崩していきたいタイプの私には、最もふさわしいカタチで、遠隔ヒーリングの考え方を最初に学ぶことができたものだと、宇宙の導きに感謝するばかりだ。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


では、なぜセカンドでは、相手の了解を得る必要があると習うのだろうか?

その理由について、ちょっとレイキからズレるが、フラワーエッセンスの師匠から聞いたエピソードをシェアさせて欲しい。(師匠はHPやブログを持っていらっしゃらないので、ここで実名などをご紹介するのは控えます)

これは、たしか師匠が、そのまた師匠から聞いた実話だったと思うのだが:

いつも体調の悪い おばあちゃん がいらっしゃるご家庭で、おばあちゃん が辛そうで気の毒だから・・・という 善意 から、ご家族からフラワーエッセンスの処方の依頼を受けたという。そして適切な処方をして、おばあちゃん は病気も全快、とても元気になられた。・・・ところが・・・元気になられたとたんに、ご家族が、おばあちゃん のことを気にかけなくなってしまったのだ。そして おばあちゃん は、ボケてしまわれたという・・・。

これは私が師匠に、フラワーエッセンスは相手の了解を得ることなく処方していいものか?と質問した時に答えてくださったことだったように記憶している。そしてさらに、相手の意識がなくて了解を得ることができない場合にはどうしているのか質問したら「ご家族から依頼があった場合に限り、自分のリーディングがその方のお役に立てるか予備リーディングした上で、依頼を受けています」とのことだった。(これが、上記レイキのケースの「ハイヤーセルフに聞く」に当たるのだろうと思う)

  ちょっと余談:フラワーエッセンスは、緊急用である レスキュー(ファイブフラワー)に限り、
  相手の承諾を得ることなく使って構いません!!

このようにレイキだけでなくフラワーエッセンスも「必ず相手の了解を求めること!」というルールへと導かれたのは、当時の私は、もしも「了解を得ずに使ってよい!」と言われていたら、他者に対して「善かれと思ったから!」という気持ちで、レイキやフラワーエッセンスを使いかねなかったからかもしれない。でも同時に、そのような状態の私がレイキやフラワーエッセンスと出会ったこと自体、私は最も制限のあるルールを伝えていく役割へと導かれたのかもしれないとも思う。

聖なる無償の愛と、愛という名のもとで他者を操作するエゴは、実は裏表なのだ。

センセーション カラーセラピーでいえば ローズ、バッチ博士のフラワーエッセンスでいえば チコリー が、そのことを教えてくれる。そして、愛のネガティブ・サイドを持っているということは、ポジティブ・サイドに達する資質を、その人が持っているということなのだ。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


さて、レイキに話を戻して:

私は、セカンドの講習時には、ティーチャーから教えられたとおり:

  遠隔ヒーリングの時は、必ず相手の方の了解を得てください。
  ただし、緊急時など相手に了解を得ることができない、やむを得ない場合には
  ご自身のハートの深いところに聞いてください!

と説明することにしている。

でも・・・サードの時に、受講生さんがハイヤーセルフとしっかり繋がっていることを確認できた場合に限り・・・耳打ちする。(たぶん文脈からわかってしまうと思うけれど、様々なディグリーの方が記事を読んでいらっしゃると思うので、明記はしません)

ところで、セカンドで遠隔ヒーリングを習ってまだ間もない頃・・・私は《紙を媒介とした遠隔ヒーリング》を行なっていたのだが、了解を得て遠隔ヒーリングを送っているはずなのに、いつも途中でスルッと紙が手のひらから逃げてしまう方とご縁をいただいた。

そのことを七実さんに相談したら、もしかしたら相手の方は変化することを望んでいないのかもしれない・・・と。(後日、図星だったことがわかった)

顕在意識では遠隔ヒーリングに興味を持ち「○○を変えたいからヨロシク!」なんて言って、アファメーションも一緒に考えて、依頼を受けたからそのための遠隔ヒーリングをしているのに・・・潜在意識のどこかの層(オーラリーディングでいえば、オーラ3層あたりのことが多いが)でブロックしていて、魂と顕在意識が一致するのを、そのブロックが阻んでいるのだ。

  またまた余談だが:オーラリーディング・フルセッションを申し込んでくださった方の
  オーラ各層をリーディングしていくうちに、集中力が途切れたりしてストップがかかる層がある。
  その方によってまちまちだが、その層にはたいてい、顕在意識と大きな繋がりを持っている
  ブロックがあって、その方が起きていらっしゃる時間(顕在意識の時)はアクセスできないので・・・
  最近は、その方の睡眠中を狙ってリーディングさせていただいたりしている。

そうなると・・・顕在意識で了解を得ることは、無意味にさえ思えてしまう。相手の方のハイヤーセルフに直接了解を得てしまったほうが早いのでは?という気さえしてくる。(そして「ハイヤーセルフの了解のみを得て遠隔ヒーリングする」ことを、サード受講レベルの方に対しては、推奨はしないけれど、否定もしていない)

それと同時に、相手が望んでなければエネルギーは届かないのだから、了解を得る/得ないなんて、本当は気にしなくてもいいのでは?という疑問も浮かんできたりする。

では、さっきフラワーエッセンスで登場した おばあちゃん のケースは、どう考えたらいいんだろうか?

おばあちゃんは、おそらくフラワーエッセンスが何だかわからないまま「お花なら好きだから、それで癒されるならいいわねぇ~♪」みたいなノリで、了解したのかもしれない。でも、おばあちゃんにとって、病気は家族からかまってもらうためのツールだったから、オーラのちょっと深い層では、手放したくなかったことと思う。でも、さらに深い魂レベルでは・・・家族や、その後にこのエピソードを聞く私たちの「学び」のために、結果までもすべて受け入れて、顕在意識レベルの おばあちゃん は、了解したのかもしれない・・・限りなく・・・深いッ!!

そして、レイキやフラワーエッセンスは 光のエネルギー だから、相手の了解を得ようと得まいと、相手が最も深いところで必要としているものしか届かないのだ。だから、よく言われるところの「本人の同意なく癒しのテクニックを使用することは、相手の魂の学びのチャンスを奪うことだからイケナイ!」ということさえも実は自動調節されていて、魂の学びのチャンスを奪われたかに見えることさえも、魂レベルでは計算済みだったのかもしれない・・・ますます・・・深いッ!!

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


またまた話が大きくなりすぎてしまったので、レイキの講習に戻して:

では、なぜセカンド・ディグリーでは(少なくとも私が七実さんから習ったレイキでは)「遠隔ヒーリングは必ず相手の了解を得ること」とされていたのか?・・・その理由について、オーラリーディングヒプノセラピーを通してたくさんのことを学ばせていただいた今の私だからこそ、わかったことを書いてみたいと思う。

要は、レイキのセカンド・ディグリーは、真実へと向かう学びの道の通過地点なのだ。

その時点では、ヒーリングも魂レベルではなく、オーラ層でいえば比較的浅い、肉体そのものや現実の現象としてわかりやすい範囲を学ぶ必要がある。だからレイキを学ぶ人は、浄化期間を経て、ファースト → セカンド → サード と、ステップを踏んで学びを深めていく必要がある。魂レベルの癒しを理解する前に、まずは肉体・現象・感情・思考面での癒しを体験する必要があるからだ。そして、そのレベルの癒しに必要な約束事項も同時に学んでいるから、セカンドの段階では、遠隔ヒーリングも相手の了解を得る必要があるのでは?と、私は・・・いま書きながら気づいた!

そういえば、七実さんから習ったヒーリング時のアファメーションの例文が、レイキの学びのステップと一致している。(いま思うと、なんてわかりやすく見事に組み立てられたコースだったんだろう♪)

ファーストでは、○○の痛みが完全になくなり、ありがとうございます。
セカンドでは、○○に関する精神面の傷が癒され、ありがとうございます。
そしてサードでは、私の本質に光が当たり、ありがとうございます☆彡

そして私は、コンビネゾン・メールセッションでレイキを併用する場合、特定のブロックを解放するワーク以外に、基調エネルギーと称して、以下のようなアファメーションで、クライアントさんのセッション期間を有意義にするためのサポートエネルギーを送っている:

  ○○さんのセッションをサポートするために、
  必要なエネルギーが、必要な時に、必要なだけ届き
  ありがとうございます!


  で、ホントはここで「念」についても語りたかったんだけど、
  テーマがボケそうなので、また後日!




そして、結論!

セカンドでは、遠隔ヒーリングは原則として相手の了解を得る必要があることを伝え
サードで、ハイヤーセルフに関することを、コッソリと耳打ちする。

それが今のところ、私が遠隔ヒーリングを伝える時の基本方針となっている。



遠隔ヒーリングを考える(瑠花とスピリチュアル:レイキ編-#1)

昨日の記事 に書いたように、日本にレイキを最初に伝えたという 三井 三重子 先生 から直接レイキを受講した方とご縁をいただいたわけだけれど:

これを機に、瑠花にとってのレイキ を見つめ直してみたくなった。

そう、いまじゃ、ヒプノオーラリーディングの瑠花みたいになってるけれど、この世界に入った最初のお仕事は レイキ・ティーチャー だったのだ!

今日は、昨日の講習の展開から、遠隔ヒーリング にスポットを当てて書いてみたいと思う。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


夕方7時を過ぎて・・・ファーストの講習を終え、セカンドも終盤、第3シンボルの説明になった。私はいつものように、レイキでは、特に遠隔ヒーリングは、必ず相手の了解を得た上でヒーリングを送ること と伝えた。私がセカンドを受講した時、ティーチャーである七実さんから強く指導を受けたし、その後、七実さんが体調を崩した時そのことをちょっとブログに書いたら、了解なく一方的に送られてきた大勢からの遠隔ヒーリングで、七実さんがエネルギーの不調和を感じたことも聞いていたから、私にとっては(特に相手のハイヤーセルフにコンタクトして了解をとれるレベルになる前の、セカンド受講生に関しては)遠隔ヒーリング時には相手の了解を得ることは鉄則だったのだ。

もちろん、昨日の受講生さんご自身は17年間レイキを実践してきた方だから、相手のハイヤーセルフから確認をとることのできる方だったので、彼女自身はともかく、ティーチャーとして講習する時には、そのことが鉄則であることを徹底して欲しいとお願いした。

ところが・・・

彼女は、17年前の三井先生の講習では、そのようなことは聞いた記憶がないと。

三井先生は「たとえ嫌な人にも、いいエネルギーだけを送りなさい!」と指導なさったという。「悪いものを送ると、それは自分に跳ね返ってくるから・・・」と。でも、それ以前に、相手に了解を得る必要については、一切おっしゃらなかったと。

一般的に考えて、嫌な相手に了解を得てヒーリングを送ることは有りえないから、三井先生のおっしゃった真意とは:

  遠隔ヒーリングは、たとえイヤな相手でも操作するために使ってはいけない。
  ひたすら、善きエネルギーが相手に届くことだけを考えなさい!

ということだったのだろうと思う。そして、レイキの本質が「愛」なのだとしたら、まさに、それは愛に基づく行動なのだ。

難しい問題だと思った。

まず第一に、レイキは、正しく、念を一切入れずにエネルギーを送れば、相手にとって必要なエネルギーだけが届き、必要のないエネルギーは届かないはずだ。そう考えれば、いちいち了解を得る必要はない。なのに、レイキでは、相手の了解ナシにヒーリング(特に、離れたところから相手に気づかれずにできる遠隔ヒーリング)をしてはいけないと言われている。

その理由について、私は、こう考える。

レイキは、老若男女だれでも安心して使えるテクニックだからこそ、間違って使われる可能性のあることは全て禁止事項になっているのではないかと。

たとえば、私はレイキで最も難しいのは「念を入れずにパイプに徹すること」だと思う。レイキ・ビギナー時代は、私も全くできてなかった。今だって95%パイプになれているかもしれないが、果たして残りの5%までパイプになりきれているだろうか・・・。

だから、たとえ制限がうっとおしく感じても、それも含めて レイキの愛 のようにも感じる。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


そしてもうひとつ、遠隔ヒーリングの方法によって、相手の方の了解が必要か否かに対する意識が異なってくるのかもしれないということを、受講生さんが気づかせてくださった。

ご存じのように、レイキの遠隔ヒーリングには、複数の方法がある。

私が最初に七実さん(アライアンス)から習った遠隔ヒーリングは、紙に人のカタチを書きその横にフルネームを書いて(もしくは、相手の方のお写真の裏にフルネームを書いて)《紙を媒介にして遠隔ヒーリングのエネルギーを送る》というものだった。

その後、ラディアンスのティーチャー・ディグリーをヒーリングハートさんで受講した時、遠隔ヒーリングには様々な方法があることを知り、自分が講習するためのテキストを作成するために望月先生(ヴォルテックス)を始めとする先生方の書籍を読み(私が参照した書籍はバックナンバー参照)、私が編集したテキストでは複数の遠隔ヒーリング法を紹介している。

《紙を媒介にする方法》に最初になじんでしまった私には《自分がセルフヒーリングしながら同時に遠隔ヒーリングを送る》方法は、いまひとつピンとこないまま、これまでの受講生さんには「こんな方法もあるよ~、ご主人や恋人や家族にヒーリングするならいいかもね~!」くらいのノリで説明していたのだが・・・

昨日の受講生さんがこれまで実践してきた遠隔ヒーリング・・・17年前に三井先生から習った遠隔ヒーリングとは、まさに《セルフヒーリングしながら行なう遠隔ヒーリング》だったのだ。

なんだか、臓に落ちる感があった。彼女が言うところの:

 「レイキっていいものだから
  自分がヒーリングする時に、同時に相手にもいいものを届けるわけだから、
  念なんか入り込むワケないじゃない!!」

うん。うん。そうだよね~・・・って感覚。確かに、この方法なら余分な念も入りにくいし、ましてやネガティブなエネルギーなんて届くワケはない!!

さて、私のことに話を戻して。ティーチャー取得後、霊視やアロマを取り入れたレイキ講習に惹かれ、やはりラディアンスであるソワンさんからセカンド・ディグリーを再受講した時・・・個人レッスンだったので、ソワンさんは再受講である私に配慮して、一言一句説明するよりもワークに時間をかけてくださったため、残念ながら遠隔ヒーリングについてどのように説明を受けたかハッキリと覚えていないのだ(涙)・・・今この記事を書きながら、ふと気になって、いただいたテキストを久しぶりに開いてみると・・・私にとってラディアンス方式として強くインプットされていた《紙を使わず相手を手のひらの間にイメージして遠隔ヒーリングする方法》よりも先に、いちばん最初に、《セルフヒーリングしながらの方法》が説明されていた。

  ラディアンスの遠隔ヒーリングの基本は、ココにあったのか・・・

そして、次のページをめくると、受講生さんが熱く語ってくださった「自分のカラダを媒介にする限り、どこに触れていようとエネルギーは届く」ということにつながる説明が書かれていた。・・・「あなたの身体のどこかを媒介として使い、エネルギーを流します」と。なのに、テキストを編集した当時の私は、こんな大切なメッセージに気づかず、見落としていた。

  エネルギーの媒介となるために、自分のカラダをパイプとして使うこと

今さらだけれど・・・私は、ラディアンスのレイキの精神を、やっと理解した気がした。

もちろん、アライアンスであっても、他のレイキであっても、その精神は同じだと思う。でも、ラディアンスのこの遠隔ヒーリングの方法は、まさに、そんなレイキの精神を象徴しているように感じた。

・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


そして、結論として:

それでも受講生さんがティーチャー取得を前提としている以上、私は「遠隔ヒーリングは、セカンド講習時には、相手の方の了解を得た上で送るよう徹底してください」と、伝えなければならなかった。私が考えるレイキとは、老若男女どんな人でも安全に、自身と他者を癒せるテクニックでなければならなかった。少しでも相手に負担をかけるエネルギーが届く可能性が残っている以上は、それをOKするワケにはいかなかった。

彼女は納得してくださったとはいえ・・・寂しそうだった。私も寂しかった。

17年前に彼女が習った遠隔ヒーリングは、まさに「祈り」であり、人の波動を高めるエネルギーを届けることを通して地球を癒す 宇宙へのボランティア だった・・・そう語る彼女の笑顔は、 そのものだった。

シンボル公開・・・遠隔アチューンメント・・・サードまで一括伝授・・・
アチューンメント時に、意図的に「念」を込める人さえいると噂される今日この頃。
17年の間に、レイキを取り巻く環境は、たしかに変わってしまったのかもしれない。
それに伴い、レイキも変化している・・・仕方のないことなのかもしれない。

でも、それでも、レイキが愛であること だけは変わらずにいて欲しい・・・。




予 告 :
レイキについて諸々考えていたことがあったけれど、この機会に見つめ直してみたいと思っています。今後、遠隔アチューンメントや、浄化期間、一括伝授、そして途中ディグリーからの受講等について、私が考えていることや私の立場を「瑠花とスピリチュアル:レイキ編」としてシリーズ展開してみたいと思います。そしてシリーズ最終回は、私がどんなレイキを伝えていきたいかを語っちゃおうかな!とも思ってます。(ってか、「続・瑠花とスピリチュアル」って中断したままですね(大汗)・・・ゴメンナサイ。レイキ編が一段落したら再開します!?)

ちなみに次回は、遠隔ヒーリングの延長で「誰に了解を求めるの?」ってことについて書きたいと思います。今日の記事に盛り込むとテーマがボケてしまいそうなので・・・。


補 足 :
実はソワンさんは、これまで何度もこのブログで「私が尊敬するサイキック・レイキ・ティーチャー」として登場していたのです。でも私はレイキ・セカンドとサトルアロマのワークショップを受講しただけのスポット的なつながりだったし、あまりに尊敬してるので、なんだか恐れ多くてリンク貼れなかったのです。
でも今回のシリーズを書くにあたり私のアップラインをすべてご紹介したくなって、リンク貼らせていただけるようにお願いしました。
ソワンさんから学んだことは、いずれ別の機会に、熱く語っちゃうかも!です♪


西洋式レイキの原点と出会った日

1980年代後半に日本に逆輸入された靈氣を、西洋式レイキ という。

第二次世界大戦前に、タカタ・ハワヨさんがハワイに持ち帰り、彼女は晩年に22人のレイキ・マスター(ティーチャー)を育成した。そして、ハワヨさんが亡くなった後、残されたマスターたちは、アライアンスラディアンス の、2つの派に分かれた。先に日本に逆輸入されたのは、文化人類学者である バーバラ・レイ 先生 率いる ラディアンス のほうで、最初に日本人にレイキを伝授したのは 三井 三重子 先生。年に2回アメリカから帰国してセミナーを開いたという・・・。


  そして、今日は、私にとって、特別な1日。
  そんなレイキの歴史を、受講生さんを通して追体験した、記念日。


17年前に 三井 三重子 先生 から直々にレイキを受講した方にご縁をいただき、ティーチャー取得を前提として、ファーストとセカンドを再受講していただいた。(瑠花のセッション・ルーム では、再受講の方に限り、複数ディグリーの同日受講をオススメし、わずかながら割引させていただいている)

  e=mc

テキストはなかったという。そして板書されたエネルギーの法則は・・・難しい数学の理論ではなくて・・・レイキ・マラソンでおなじみの法則:「レイキのエネルギーは、ヒーリングする人数の二乗倍になる!」ことを示す、愛の数式。

それ以外、難しい話は、何もなかったという。
レイキの歴史も、レイキの五戒も、説明はなかった代わりに、1990年代初頭のエイズで苦しむアメリカで、ボランティアによるレイキを受けて、それまで絶望していた人たちが亡くなる前に笑顔と光を取り戻していく様子が語られたという。

レイキを使える人が1人増えれば、そのエネルギーは二乗倍になるから、1人でも多くの人のレイキを伝えたい!・・・そんな思いで、三井先生は来日し、30人もの受講生ひとりひとりに自らアチューンメントしたという。

そして、シンボルが書かれたテキストが配付されるどころか、メモをとることさえ許されなかったという。最後の1人が覚えるまで練習を続けたという。

そう語ってくださる受講生さんの表情を見ていると、「愛」そのものだと思った。


  レイキは、愛だ!



告知:Ya-Yo-Yiさんのヒーリングアート対面セッション♪

今日も、瑠花の 開業サポート を受けてくださった方のご紹介です♪

私の過去記事 で、私のための世界で1枚だけのアートを、私の目の前でYa-Yo-Yiさんに描いていただいた日の感動体験をご紹介したけれど・・・いよいよ、あの LIVE感あふれるセッション♪ を、皆さんにも受けていただけるようになりましたッ☆彡

  Ya-Yo-Yiさんからの告知記事:
  「ヒーリングアート対面セッション」モニター募集します!


対面セッションはエリアが限られてしまうとはいえ・・・

Ya-Yo-Yiさんのセッション場所である 浦和 は、埼玉県とはいっても、新宿から25分、池袋や上野からならもっと近くて19分!・・・ちなみに瑠花に会いに遠方から羽田経由で来てくださる方(当方まで羽田から1時間程度)なら、浦和まで行くなら数分余分にかかるだけ!・・・意外と近いのです!!!

予約は原則として平日昼間のみとお聞きしてるけど(セッション場としておかりするお教室の都合かな?)遠方からの方なら、相談してみてもいいかも!?

どんなセッションなのかは、私の過去記事 を参照していただくとして、あのセッションを受けさせていただいたのが4月24日だったので、4カ月後のお礼メールってカタチで、その後のことを、皆さんにもご報告しますね!


・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・

Ya-Yo-Yi_花


Ya-Yo-Yiさま

4月のヒーリングアート対面セッションでは、素敵なアートと共に、勇気の出るアドバイスをありがとうございました。今日は、その後の変化のご報告です!

当時の私の悩みは、パートナーがベッタリと私の部屋に住みついてしまっているため、自分の時間が全くとれずに発狂しかけていたこと。(現実面では今も大差ないのですが・・・苦笑)

あの時、完成したアートを見ながら、Ya-Yo-Yiさんは、こうリーディングしてくださいましたよね:

  > なんだか赤いチューリップみたい・・・花言葉は「告白」
  > ピンクは優しさ。優しさはあるんだけれど、出てこれないんですね。
  > ピンクの上に赤(ショッキングピンク)があるのは、
  > おさえちゃってイライラしているかのよう・・・
  > やすらぎのグリーンが下にあって、上に出てこれない・・・
  > でも、グリーンから花が咲いている。
  > ブルー・・・これじゃ、相手に対して冷たくなってしまう
  > 冷たくならないためにも、もっと言ったほうがいい
  > 言ってしまえば、道は開けるから!!
  > 言うべきことを言えば、お互い、いいようになれる
  > 耕さなければ、花だって、咲けない!
  > でもね、全体にイエローが多いから、
  > それを乗り越えればハッピーですよ☆彡


当時の私、まさに言いたいことを抑えつけて、ガマンしてたんですよね。その後、

  > ブルー・・・これじゃ、相手に対して冷たくなってしまう


私の気持ちが、こうなりかけた時期もありました。
でも、イライラが抑えきれなくて、どうせ酔っ払いは明日の朝には忘れてるんだろうな・・・と思いつつも、

  > ピンクの上に赤(ショッキングピンク)があるのは、
  > おさえちゃってイライラしているかのよう・・・


アートの中で、ひときわインパクト強く主張しているショッキングピンクを思いだしながら、思わず大声で罵ったら、少なくとも、私自身の発散にはなりました。どうせ明日には忘れてる・・・そう思いながらも抑えきれなくて・・・

そうしたら、彼の生活パターンがなぜか変化して、時間差攻撃で(いま彼は寝ています♪)こうして1人になって文章を書く時間を取り戻すことができたんです。しかも、彼のお父さまとの関係が好転したおかげで、彼が実家に帰る日が増えたんですッ!!!

  ☆WELCOME BACK 私の時間☆彡

そして何より嬉しかったのは、酔っ払ってる時のことはどうせ覚えてないだろうと諦めながら私が罵ったことの中でも、重要な部分だけは彼は覚えていて、改善しようと努力してくれてるんですよね!(私のほうも、せめて潜在意識にインプットできればいいか・・・と思いながら罵ってたのですが・・・笑)

彼の態度も、少しずつ変化しています。

彼の就職が決まりさえすれば、すべては解決すると思ってました。でも・・・それでは、定年後の「濡れ落ち葉クン」と、同じ課題を繰り返すだけ・・・(爆)

まだ体力と柔軟性のあるうちに課題に取り組めたことに感謝しながら、

  言うべきことは、諦めずに、言う!

それを、私のテーマと思い、

  > 言うべきことを言えば、お互い、いいようになれる
  > 耕さなければ、花だって、咲けない!
  > でもね、全体にイエローが多いから、
  > それを乗り越えればハッピーですよ☆彡


Ya-Yo-Yiさんの、このリーディングに背中を押されて生きていこうと思います!

本当にありがとうございました。v(^o^)v


・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・



もういちど繰り返します!

Ya-Yo-Yiさんの対面セッションの告知記事はコチラです!

  ブログ記事:「ヒーリングアート対面セッション」モニター募集します!

そして、アートは欲しいけれど遠いから対面セッションはムリ・・・って方は、Ya-Yo-Yiさんのサイトからお申し込みくださいね!(運がよければ、こちらもモニター間に合うかも!?です)

  サイト:Ya-Yo-Yi healing art



ゴメンナサイ m(_ _)m 言い訳日記です

まずは、オーラリーディングをお待たせしている皆さん、ゴメンナサイ。

そして、今日のブログの記事でご紹介する予定だったセラピストさん、ゴメンナサイ。

そして、そして・・・返信をお待たせしてる皆さん、ゴメンナサイ。


m(_ _)m



新月は、開業サポート中&卒業生の皆さんが、アクションを起こすタイミング。できるだけタイムリーに宣伝記事を書きたいところ。

なのに月末月初が重なると、実家バイトで、終日実家に帰らなければならない。(今日の昼から帰って、戻りはたぶん深夜0時近いでしょう)

それだけでもタイヘンなのに・・・9月1日はパートナーの誕生日。夕方 HARDROCK CAFE で軽くデートして、それぞれの家に帰る約束だったハズが・・・着いて帰ってきちゃったのが深夜0時過ぎ。いま、隣の部屋で寝ています。

おまけに・・・実家のマンションの管理組合決算期で、経理事務も片付けなくてはならず・・・。


・・・ああっ・・・もう、ダメ。だ。わぁ・・・



ハンパな仕事したくないので、この場をかりて謝っちゃうことにしました。
どうか皆さん、許してください。m(_ _)m


これからお風呂に入ってリフレッシュしたら、エネルギー状態に左右されずに淡々とこなせる、経理事務をやっつけて、実家帰りにそなえます。

ただいま、2日、深夜0時50分。


告知:カラーセラピスト ユウ。さん、いよいよデビュー☆彡

前回の新月の日に、セラピストとしてのブログをスタートした ユウ。さん が、本日9月1日、日本のハワイと呼ばれる、福島県いわき市 で、いよいよ カラーセラピストとしてプレ開業 しました♪

いわき市といえば・・・

私の大切なお友達 まりこさん が、レイキティーチャー&カラーセラピストとして活躍する街・・・そう、ユウ。さん は、まりこさん の、センセーション カラーセラピスト養成講座の第1期生であり、まりこさん からレイキをサードディグリーまで受講して、そして まりこさん からのご紹介で私と出会い、私から開業サポート・カウンセリングを受けてくださった方なんです。

そして、その まりこさん は、私を通して レイキのティーチャー・ディグリー と、センセーション カラーセラピー のティーチャー資格を取得してくださった方だから・・・ってコトは、ユウ。さん は、私から受講してくださった方が育てたセラピストさんの第1号ってことになるんだよッ☆彡・・・だから、ユウ。さん がセラピストデビューするってことは、私にとってスゴく感慨深いことでもあったりしてね♪

すでに8月3日の記事「コトバの魔術師」ってご紹介して以来、リンクをたどって ユウ。さん のブログを読んでくださった方も多いと思うけれど・・・(まだの方は、今すぐ読みに行って!!)・・・私がコトバを尽くして紹介するまでもないくらい、彼女が綴りだす文章は、彼女が素晴らしいセラピストであることを伝えてくれるのです。

  ユウ。さんのブログ:
  「ウルトラピース☆ ~セラピストへの道~」


実は ユウ。さん は、ヨガの先生でもあるのです。
ヨガといえば、チャクラ。チャクラといえば、カラー。カラーといえば、センセーション カラーセラピー!(ウッ、これは少しばかり強引か???)と言うワケで・・・ユウ。さん のセッションの大きな特徴は、カラーセラピーでリーディングされたクライアントさんをサポートする ヒーリングカラー を誘導瞑想で取り入れたり、呼吸法やポーズで対応するチャクラを活性化するワークの指導を受けたりすることができるんです。

  まさに、ユウ。さんだけが提供できる、カラーセラピーのセッション!

残念ながら、プレ開業の時点では、メニューは対面セッションのみ。
いますぐ ユウ。さん のセッションを受けられるのは、いわき を訪ねることのできる人だけ・・・。

でもね、幸か不幸か、ユウ。さんは転勤族の妻 なのだ!!
ってコトは、もしかしたら半年後には、あなたの街で、彼女がサロンをオープンしているかもしれないのです!!

そして、そんな遠くない将来、カードリーディングのメールセッションを、ぜひともメニューに取り入れて欲しい♪と、リクエストを送ってるので、いずれは、このブログを読んでくださってる誰もが、メールで ユウ。さん のセッションを受けれる日がやって来る!・・・たぶん、そんなに先じゃないハズ☆彡

ユウ。さん の遠隔セッションがスタートしたら、その時は改めて、このブログで告知しますので、いわき に行けないよ・・・って方は、その告知を楽しみに待っていてくださいね~ v(^o^)v



ちなみに、いわき=日本のハワイ と、私が繰り返しているのにもワケがあって・・・

まりこさんのサロン名 MAHALO は、ハワイのコトバで「ありがとう」
ユウ。さんのサロン名 moanalani は、ハワイのコトバで「海の天使」(サイト準備中)

お2人のサロン名が、どちらも ハワイ語 なのは偶然やマネッコではなくて、ウクレレ・プレイヤーでもありハワイをこよなく愛する ユウ。さん が、まりこさん のサロン名に引き寄せられるようにしてレイキを習いに行ったからなので♪

ユウ。さん のブログには、ハワイの素敵なコトバを紹介していく記事もあって、今後シリーズ展開していきたいとおっしゃっているので、ハワイの癒しに惹かれる方にとっても、ユウ。さんのブログ は要チェックです。




さて、新月なので、明日も、また別の方の告知記事が続きます。お楽しみに☆彡