天秤座の新月に寄せて 高次からのメッセージ

今日は午後から実家に帰ります。
もともとは、これまで倉庫のように使っていた実家マンションの一室を「貸室」として使うための荷物整理が目的だったのですが、両親(特に父)が「終活」に目覚めてしまったのです。

年齢のせいで脚腰の悪くなってしまった母を手伝うため、母とのスケジュール調整をした時、ウッカリ!!!今日つまり新月の前日に実家に帰ることを約束していたことに気づいた時、私はかなり後悔しました。

  果たして新月の瞬間までに高次からのメッセージを受け取り
  新月シリーズを間に合わせられるのだろうか???

でも・・・結果的には・・・

なんとか間に合っただけでなく、このタイミングに実家に帰ること=つまり時間と空間の制限を自分自身に課したこと=そのことが、今回の高次からのメッセージだったようです!

それでは、今朝(新月前日)目覚めたらスルスルと降りてきた高次からのメッセージをシェアさせてくださいね:


地上での学びは素晴らしい
時間も有限 空間も有限
だから取捨選択する
その結果がクリエイションとなる

天秤座の新月
揺れたいだけ揺れたらいい
揺れるためのキッカケをつくるのが
顕在意識に揺さぶりをかけるボイドタイムだ

新月と同時にボイドタイムが始まる
それは今回の新月だけに特別なことではない
新月がサインの最終度数近くで起きる時
すなはち成熟した度数で新月を迎える時は
大概の場合 新月と同時にボイドタイムが始まる

このタイミングのボイドタイムは
それぞれのサインの学びを仕上げるためのものなのだ
ボイドタイムに揺さぶられることにより
そのサインで最終度数に到達するまでに学んだことが
マインドのカラ(殻)をやぶり 潜在意識に深く浸透する

揺れろ! 揺れろ! カラ(殻)を壊せ!!

天秤座は 洗練されたエレガンス
だが 人生は 時間も空間も有限だ
カッコつけて構えていては
あなたが生まれる前に計画してきた学びは
とてもじゃないけど学びきれない!

天秤座はバランサーだって?
人間は 調和をとるために存在するのではない
揺れて 迷って 悩んで
その結果 最後の最後に 調和の境地に至る
天秤座の役目が 調和をもたらすことではなく
天秤座の学びは 調和に至る日まで
あなたのマインドに揺さぶりをかけることなのだ

なんのために?

天秤は二者択一
なんとアナログではないか!!
優先順位をつけたり
エネルギーをパーセンテージで分割するのではない
シンプルに計りにかけて
どちらが重いのか どちらが軽いのか どちらが欲しいのか・・・

そして塾考して組みあげた完璧なる優先順位さえもが
実はアナログな二者択一の結果 積み上げられたものであることに
あなたは気づいているだろうか?

すべては二者択一
たとえ選択肢が複数あっても
あなたは 瞬時に 直感的に
その ひとつひとつを 天秤にかけ
どちらを選ぶか計っている

今回の新月は 天王星とオポジション
強く惹かれ合うんだ
天王星の自由で奇抜な発想に
月も太陽も惹かれているんだ

天王星とのオポジションは
奇想天外な選択を あなたにさせるかもしれない
だが それさえもが
あなたが魂にゆさぶりをかけて
二者択一を繰り返した結果 至った人生の選択

そして あなたが大きく今生の計画を逸れずにすむよう
カルマナンバー【13】が見守っている

【13】は 一桁に足せば【4】 定着のエネルギー
結果を出したいんだ 結論に至りたいんだ
二者択一の結果のクリエイションが
美しく調和のとれた世界へと至ることができるよう
道幅を狭め あなたの選択をサポートしている

ボイドタイムを恐れる必要などない
ボイドタイムに間違いが生じやすいと言われるのは
マインドによる選択に関することなのだ
マインドのカラ(殻)にゆさぶりをかけた結果
あなたの潜在意識からの答えが表出し
その結果が たとえ短期のスパンで見たら失敗だったとしても
長い目で見たら 魂の計画から見たら
必ずや 最も正しい道へと あなたを導いている

宇宙の導きを信頼しなさい
かならずベストなタイミングに
ベストな選択ができるよう
我々は常に あなたがた人間を導いている

地上での生涯は素晴らしい
なぜなら 時間も空間も有限だからだ
有限だからこそ 魂が最も求めている境地へと
あなたがたは至ることができるのだ

それは 我々高次には体験し得ないこと
我々は時空を超えた存在 時間も空間も無限なのだ
だからこそ 地球への転生は競争率が高く
我々高次さえもが羨む学びのチャンスの宝庫なのだ!

(2017年10月19日 8:38am〜8:56am)



「地上での学びは すべてが有限であればこそ!」

両親が終活する姿を目の当たりにしたり、ドラマ「やすらぎの郷」にハマってみたり・・・
自分の人生にも「終わり」が来ることを意識しないわけにはいかない今日この頃。

実家での荷物整理も、母の手伝いがメインとはいえ、自分自身が実家に残したままにしている「使わないけれど二度と手に入らない思い出の品々」の断捨離と向き合わなければならないので・・・実家帰りは非常に憂鬱です orz

それでも、地上での学びは、時間も空間も有限なんですよね!!
だとしたら、これから残された時間で、私は何をしたいんだろう??

極端な話・・・食べたいものを食べたいだけ食べることと、スリムな体型を取り戻してオシャレを楽しむことと・・・この「二者択一」私はどちらを求めているんだろう???

そんな意識をもって生活してたらダイエット成功できるのかしら〜?(爆)







   ↑
共感いただけたらクリックお願いします!



今回の新月シリーズは、この記事で終了です。
リマインダーはありません!







★新月関連記事リンク★
→ 新月とボイドタイムの時間情報はコチラです!
→ 2017年の新月・数秘カレンダーはコチラです!




天秤座の新月 時間&ボイドタイム情報 +α

だいぶ前のこと、獅子座の新月の頃に「アファメーションについて感じていることについて記事をアップする」とお約束したっきり、いまだに記事を書けていません。ゴメンナサイ m(_ _)m

その代わり・・・というワケではないのですが、昨日「ボイドタイム」についてアップデートしよう!と思い立ち、先ほど昼前に、なんとか更新版をアップすることができました〜☆
(この記事の、自然な流れの箇所にリンク貼ってあります!)

先日、黒柳徹子さんのPYN【9】で「手放し」について書いたけれど:

→ 「PYN【9】の年だから! 〜誕生数【33】黒柳徹子さんの場合〜

「手放す」って「捨てる」ことに限らなくて、過去に受け取った情報や、ずっと秘めていた思いを、まとめ直して発表するカタチで実践することもあるってこと、徹子さんのPYN【9】を通して学んだばかりですが・・・

瑠花にとっても新月毎の「アファメーション例文集」更新をストップしただけでなく、「ボイドタイム」についてまとめ直したことも「手放し」の一環だったんだな〜と感じています。

もちろん、徹子さんはPYN【9】で文字通り「手放し」や「集大成」であり、瑠花はPYN【4】で年月を経て生じた歪みを修正した「再構築」なので、ニュアンスは異なります。

それでも、PYN【9】は、翌年迎える新しいサイクルPYN【1】へ向けて新たなエネルギーを受け容れるために、PYN【4】は、翌年迎えるチェンジの年PYN【5】へ向けて抱えているものを整理し、あるべきところへ収納するために、どちらも「手放す」作業をしているのでしょうね。

というワケで、瑠花にも「手放し」の流れが来ているのですが・・・

長くなりすぎてしまったので、それについては、いずれ後日!
(ネタがあれば、ブログ更新の回数も増やせるかもしれないしねっ・・・苦笑)


゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。


さて、オシャベリはこのくらいにして本題へ!
新月とボイドタイムの時間情報をご案内します:

  天秤座(てんびん)の新月は、2017年10月20日(金)04:12am
  国立天文台の 朔弦望を参照させていただいています。
  ※ホロスコープ作成サイトMyAstroChart®で確認したところ、
   04:12amの、ほんの一呼吸前に月と太陽がコンジャンクションして新月の瞬間を迎えます。
  ジャン・スピラーさんのサイトでは、04:17am・・・誤差の範囲ですよね!

そして新月から48時間以内のボイドタイムは:

  2017年10月20日(金)04:11am〜10:40am
  プレマの西洋占星術さんのボイドタイムカレンダーより
  ※月時館Tsukijikan ☆.。:*・゜さんの『Moon Void 別館』
          10月20日(金)04:13am〜10:42am

  ※ジャン・スピラーさんのサイトでは
          10月20日(金)04:18am〜10:46am


常々、複数のサイトさまの時間情報を参照させていただいているのですが:
サイトさまにより新月の時間自体に誤差があり、当然ながらボイドタイムの開始時間と終了時間にも誤差が生じています。それでも、今回のボイドタイムは「新月を迎える(つまり月と太陽がコンジャンクション=0度)と同時に始まり月が蠍座へと抜けるまで続く」という点で一致しています。

従って、アファメーションおすすめタイムゾーンは・・・

  もしもボイドタイムにこだわるなら:
  10月20日(金)10:47am〜10月22日(日)04:10am
  全くこだわらないのなら:
  10月20日(金)04:19am〜10月22日(日)04:10am
  ※複数サイトより時間情報の秒単位の誤差を考慮してご案内しています。

ちなみにボイドタイムについては過去に受け取った高次からのメッセージへのリンクを組み込んだ記事をアップしたので、ボイドタイムが気になる方は、ぜひご覧くださいね:

→ 「改めて・・・ボイドタイムについて(2017年・改訂版)

そしてアファメーション例文集を必要となさる方は昨年の記事を参照してくださいね:

→ 「天秤座の新月 アファメーション例文集(2016年)


゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。


続いて恒例の、新月を数秘で斬るコーナー:

天秤座の新月は 2017年10月20日

●年のエネルギー 2+0+1+7=【1】

【1】は2017年の年間テーマ。新たな始まり・・・というよりは、種蒔きしている感の強い1年となるかもしれません。

【1】というのはUYN(ユニバーサルイヤーナンバー)の話ですが、各人のPYN(パーソナルイヤーナンバー)のテーマの中でも、自分の内から湧き上がる「スタート感」や「リセット感」とは少し異なる、周囲からの影響により「リセットの種が蒔かれる」1年となりそうな気がします。

一方、新月の日のエネルギーを「天秤座の新月というキャラクターの誕生数」として計算してみると:

●天秤座の新月の誕生数

   2+0+1+7+1+0+2+0=【13】
   【1(2+0+1+7)】+【1(1+0)】+【2(2+0)】=【4】

今年はカルマナンバー【13】の新月が非常に多く、12回の新月のうち、なんと半数の6回がカルマナンバー【13】の新月なのです!
しかも、その6回の【13】新月のうちの5回が、マスターナンバー【22】を伴う新月・・・。

言い換えれば(【22】を伴わない)
純粋な【13】の新月は、2017年は今回だけなんです!!


ちなみに新月ではなく数秘のお話しになりますが、瑠花は数秘を計算する時は複数の計算方法を採用し、深く隠されているマスターナンバーやカルマナンバーのエネルギーをできる限り捉えたいと考えているので、【4】の背後に【22】と【13】を同時に抱えているケースが多々あります。(その場合、瑠花は【22/4(13)】と表記しています)

【22】を伴わない【13】が、今年1回だけであることや、そのエネルギーが天秤座の新月時にどのように発揮されるのかについては、後ほど高次に聞いてみたいと思います。

なお、新月や日食・月食など、今年1年の節目となる日の数秘については下記ページをご覧くださいね:

→ 「2017年の新月・数秘カレンダー


゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。


さて、いつもなら「瑠花は占星術の専門家ではないので・・・」と言ってサボっている天体の動きについてですが、今回はパッと目に止まったことがあったので!!

今回の新月(つまり月と太陽のコンジャンクション=0度)は、天王星とタイトなオポジション(180度)を作っているんです。

天王星といえば、奇想天外な発想をする天才肌。
オポジションといえば「緊張感」ですが、瑠花はポジティブな方向に緊張感が生かされる可能性を感じます。
(ちなみに満月とは、月と太陽のオポジションですから!!)

この新月は「天秤座」という「関係性」そして「計りにかけて二者択一」するサインで起きていること、天秤座の支配星である金星が(アスペクトは作っていないとはいえ)新月と同じ天秤座に滞在していること・・・。

そんなあたりが気になったので、あとで高次に聞いてみたいと思います!


゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。

さて、今日の記事の最後に「天秤座」の一般的な意味について:

天秤座について

●天秤座は風のエレメントに属するサイン。風に吹かれる柳のように、柔軟=フレキシブルであることが「強み」ですが、ともすれば優柔不断に陥るのが「弱み」・・・エネルギーは必ずポジティブサイドとネガティブサイドを持ち合わせているのです。

●天秤座の支配星である<金星>は 愛と美と調和の女神ヴィーナスの星。美的で優雅で洗練されたエネルギーです。

●天秤座の定位置である<第7ハウス>が持つ本質的な意味は・・・ ★結婚★ です!!
(契約や交渉等も含まれます。それは広い意味での「マリッジ=結婚」だから・・・)

※結婚にしても契約にしても、人と人とが関わる時には、まず自分自身が「バランス感覚」のいい人間で在り続ける必要があり、次に互いに調和できるよう「バランスのいい人間関係」を結ぶことが大切だから・・・結果的には「幸せな結婚」(広い意味で・・・契約や交渉等も含む)へとつながっていくのでしょうね!


☆ 天秤座のキーワード ☆
結婚/パートナーシップ/契約/調和/バランス/平等/平和/チームワーク/社交性/外交/洗練/エレガンス/カウンセリング/ヒーリング など
この機会に手放したいのは: 相互依存/優柔不断/自我の消失 など




   ↑
高次からのメッセージは新月の瞬間までに届くと思うので
楽しみに待っていてくださいね!!





゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。


以下は初めて瑠花の新月シリーズを読んでくださってる方のために、これまでも定型文でご案内してきた内容です。

「アファメーション例文集」をシリーズから外したいま、果たしてこの部分が必要なのかしら?・・・いや、部分的に残すべき箇所はあるのよね・・・ああっ、でも書き換えてたら今回の新月には間に合わない・・・orz

・・・って7月から毎回書いているのですが、今回も書き直しが間に合わなくなってしまいました。

おそらく、このあたりのことは、ペンディングになっている「アファメーションと新月」に関する記事の中に吸収できると思うので・・・来月こそはっ!!!

そして従来の定型文でお届けするのは、今回を最後にしたいと思います!!

==============================

 新月といえば「新月のソウルメイキング」(ジャン・スピラー 著)が有名だけど

 瑠花の「新月の願望成就レイキ」は、それを レイキ実践者のために応用したもの
 レイキを修得してない方は「新月のソウルメイキング」の方法に従って、
 願い事を2〜10コ、紙に手書きでリストアップしてくださいね!!
 (願望成就レイキのしかたはコチラ!
 (「新月Q&A ★2009★」Q1、Q2Q3 も参考にしてくださいね♪)

 ここからは、レイキ実践者も、そうでない方も共通!

 新月パワーを願望成就に活かすには、新月の瞬間より後に、
 願望成就をスタートするのが秘訣です。
 なぜなら、せっかく願いをかけても、
 新月の瞬間にすべて初期化されてしまうから。

 そして気になる ボイドタイム・・・
 人間の判断力に乱れが生じると言われる時間帯なので、
 重要な決定事項を避けたほうがいいと言われています。
 
 とはいえボイドタイムを味方につけることも可能です!
 あなたは、どうボイドタイムと向き合いますか!?

 ●ボイドタイムって何?って方はコチラの記事を!




続編、いましばらくお待ちくださいね♪




改めて・・・ボイドタイムについて(2017年・改訂版)

そもそもボイドタイムって、新月から48時間以内だけに起きることじゃないんです。
(もちろんアファメーションだって新月から48時間以内のものではないし〜笑)

そして、ボイドタイムって、月だけではないのです。
他のどの天体にもボイドタイムがあって・・・

でも、瑠花は「新月シリーズ」の中で「ボイドタイム」について触れているので、ここでは「月のボイド」を例としてお話しさせていただきます。

「ボイドタイム」とは、そのサイン(天秤座とか蠍座とか・・・)で月が他の天体と最後にアスペクト(コンジャンクションとかスクエアとかトラインとか・・・)を作ってから、カスプ(サインとサインと境界)を超え次のサインへと移動するまでの時間を指します。

そして、月が、そのサインで最後にアスペクトを作る相手の天体が太陽の場合、
新月と同時にボイドタイムが始まることになります。


たとえば、2017年10月の天秤座の新月(記事掲載時)を例にとれば:

天秤座26度35分のあたりを進行している太陽に、20日04:12amのほんの何秒か前に月が追いつき、コンジャンクション(0度)すなはち新月を迎えると、それが天秤座で月がつくる最後のアスペクトとなります。
そのため、新月と同時にボイドタイムが始まり、月が蠍座へと移動する同日10:40am頃まで、ボイドタイムが続くことになるのです。

※たまたま2017年の後半は新月が各サインの最終度数近くで起きるため、そのサインで月が作った最後のアスペクトが「新月=月と太陽のコンジャンクション」となり、新月と同時にボイドタイムに突入しているだけなのです。
※2017年の前半のように新月が各サインの初めのほうで起きる場合は、新月の直後にボイドタイムに突入することなく、別の天体とのアスペクトをキッカケにボイドタイムが始まります。

   ・ ・ ・  *  ・  *  ・  *  ・ ・ ・

それでは、ボイドタイムとは(占星術的に)どのような意味を持つのでしょう?

これについては過去記事へのリンクを貼ることにします。
10年も前の記事だけれど、マインドでまとめた部分については、我ながら見事にまとめてあるんですよね〜(笑)

→ 「ボイドタイムって何なのさ?」 (2006年11月17日/蠍座の新月時)

ボイドタイム(ムーンボイド)の概念を日本に始めて紹介したのは石川源光先生(1921-2006)です。
上記URLの瑠花の過去記事には、石川先生や、先生のお弟子さんが公開しているサイトから引用した、ボイドタイムの説明や過ごし方の注意事項などを、まとめてあります。

言い替えれば、ボイドタイムを通説どおりに捉えた場合についての解説ページと思っていただけたらと思います。

2017年10月追記:
残念ながら、上記リンク先(瑠花の記事)に貼り付けてあるリンクについては、あまりに古いためデッドリンクとなってしまっていました・・・orz

   ・ ・ ・  *  ・  *  ・  *  ・ ・ ・

それでは、なぜ新月時にボイドタイムを意識するようになったのか?

それは、新月は何かを始めたり、願い事をしたりするのにいいタイミングであるというのが、スピリチュアル愛好家の間で定説になったからです。(最初に提唱したのは、ジャン・スピラーさんではないでしょうか!?)

→ 「新月のソウルメイキング」(ジャン・スピラー 著)

ボイドタイムとは決して不吉な時間帯ではありません。
それでも、その時間帯の判断は間違いやすいと言われたり、その時間帯に始めたことは無効になりやすいと言われたりするので、せっかくの新月のエネルギーを生かすならボイドタイムを外したほうがいいのでは?と言われるようになったのだと思います。

   ・ ・ ・  *  ・  *  ・  *  ・ ・ ・

とはいえ、長期にわたって新月毎に高次からのメッセージを受け継がせていただく中で、ボイドタイムを恐れる必要はなく、むしろ時にはボイドタイムを味方につけるといい!というメッセージを多々受け取ってきました。

その過去メッセージへのリンクが含まれる過去記事から、ボイドタイムと直接関係のある部分のみを引用し、ここに貼り付けさせていただきます。言い換えれば、この記事は下記記事の改訂版です:

→ 「改めて・・・ボイドタイムについて」(2015年3月20日/魚座の新月時)

月からの反論

つまり、ボイドタイム(ムーンボイド)を一言で言うと、月が他の天体とアスペクトを持っていない時間、言い替えれば「月が野放し」になっている時間帯のこと。アスペクトがないから、月のパワーの制御がきかず、本来のパワーを発揮できていないということになります。

約束事をするのにふさわしくない時間帯だから、自分自身への宣言=約束であるアファメーションをするのにもふさわしくない時間帯・・・

ところが「月が野放し」という捉え方に対して、高次のエネルギーとしての「月」から「失礼ですっ!!」と反論するメッセージが届いたのです:

→ 「月という天体=MOON=からのメッセージ
            (2011年05月31日/双子座の新月時)

ボイドタイムに縛られず、ボイドタイムを味方につける!

ちなみに、上記:月からのメッセージ内に:

  >それは先月マーリンやメルキゼデクが伝えたメッセージを
  >月の立場から言い替えているだけ・・・全く同じメッセージです

とあるけれど、それは下記URLのメッセージのことです:

→ 「長すぎるボイドタイムと、どう折り合えばいいの?
            (2011年05月01日/牡牛座の新月時)

   ・ ・ ・  *  ・  *  ・  *  ・ ・ ・

なお上記以外にも、ボイドタイムに関連するメッセージを、繰り返し高次から受け取ってきましたので、該当メッセージが掲載されている記事へのリンク集をリストアップさせていただきますね:

ボイドタイム関連メッセージ記事リンク集

→ ボイドタイムとタイミングに関するメッセージ(2011獅子座の新月時)
→ ボイドタイムに大切なイベントが重なった時(2012魚座の新月時)
→ 新月を迎えると同時にボイドタイムに突入する時(2012天秤座の新月時)

   ・ ・ ・  *  ・  *  ・  *  ・ ・ ・

ところで、ここまで「月のボイド」について書いてきたけれど・・・そしてこの記事の最初に触れたけれど・・・「ボイドタイム」とは、月に限ったことではないのです。

そのあたりのことを説明したいけれど、瑠花の中途半端な占星術の知識では上手に言葉にできなくてネット検索をかけていたら:

ありましたっ!!!
いつもお世話になっている石井ゆかりさん著作の書籍のページがヒットしました☆:

→ 「月のボイドタイム。

「月のボイド」と呼ばれるものは、正確には「月のボイド・オブ・コース」であり、予定したことが起きてくれなかったり、この時に始めたことは無効になったり・・・と言われてきたけれど、決してそれだけではなくて、むしろポジティブな捉え方ができることが、上記リンク先のページには書かれていました。

そして、それは、これまで瑠花が高次から受け取ってきた「ボイドタイム中のゆさぶり」にも通じるもので・・・とても嬉しくなりました☆

下記の書籍です:

→ 「フィガロジャポン HOROSCOPE 石井ゆかりの星占い
            (メディアハウスムック社)

石井ゆかりさんには共感することが多く、この「ボイドタイム」の項もメチャ共感しまくっています!!
ぜひぜひ今すぐ、この項だけでも読んでみていただけたらと思います☆




以上が2017年10月現在における、瑠花の「ボイドタイム総集編」です!





   ↑
お役に立てたらクリック御願いします!




PYN【9】の年だから! 〜誕生数【33】黒柳徹子さんの場合〜



シリーズ「マスターナンバー33を生きる!」では
誕生数【33】の黒柳徹子さんを描いた
TV帯ドラマ「トットちゃん!」を見ながら
同じく誕生数に【33】を持つセラピスト瑠花が
「この生き方こそ、まさに【33】だねッ!」と感じたことを
切り取って書き綴っていきたいと思います!



誕生数【33】を生きる憧れの存在、黒柳徹子さん!

TVドラマはいよいよ始まったけれど、最初の1週間は、まだ幼いトットちゃんは登場しません。
今週は徹子さんが生まれる前、ご両親の出会いの物語が綴られています。

徹子さんのご両親も、またまた個性的な方だったようで、そのお2人の数秘についても書いてみたいと思っているのですが、その前に!!

今日は「徹子さんの半生ドラマ、なぜ、いま?」ということについて、徹子さんのPYN(パーソナルイヤーナンバー)から感じたことを書いてみたいと思います。

   ・ ・ ・ * ・ ・ ・ * ・ ・ ・* ・ ・ ・

今年2017年、徹子さんはPYN【9】を迎えていらっしゃいます。

PYN【9】は、新たなサイクルを迎えるために、これまでの9年間を総決算する年と言われています。
いろいろな物や関係性が壊れたり、たまらなく断捨離したくなったりすることが多い1年間として実感なさる方も多いようですが・・・

今回のドラマ「トットちゃん!」では、
徹子さんの40年にわたる大恋愛について初めて語られるとのこと!


  「初めて! 語られる!」

徹子さんにとっては、ずっと秘めてきた恋の物語を語ることこそが「手放し」なのかしら!?

   ・ ・ ・ * ・ ・ ・ * ・ ・ ・* ・ ・ ・

恋愛って、とてもデリケートでパーソナルでプライベートなこと。
瑠花のような一般人であっても、相手のことや自分の親族のことを考えると、不用意に自分の恋愛について誰かに語ることなんてできません。

ましてや徹子さんのように社会的にも影響力のある方だったら、「結婚」という事実を報告することなら可能であったとしても、お2人の心の深いレベルで関わりあう「恋愛」について語ることは難しかったのでしょう。

とはいえ愛のマスターナンバー【33】の本質が発揮されるのは、
やっぱり恋愛なんじゃないかしら!?


数秘を探求し、自身も誕生数【33】を持つ瑠花としては、徹子さんがどんな恋愛を経験して、あんなにもチャーミングで愛にあふれた存在へと年齢を重ねていらしたのか、とても気になっていました。

これまでも徹子さんは「徹子の部屋」でゲストの方々との対話を通して、本当に愛にあふれた方であることを私たち視聴者に見せてくださいました。

でも・・・【33】って、それだけじゃないはず!!!

その徹子さんが最近出演なさったバラエティ番組で:
「40年にわたって愛し合った方が亡くなったので結婚できない」
「いい恋愛をすれば、それだけで生きていける!」
そう語っていらしたこと。

そして、ドラマの予告では「徹子さんの国境を超えた恋について初めて語られる!」と繰り返されていること。

   ・ ・ ・ * ・ ・ ・ * ・ ・ ・* ・ ・ ・

自身の心の深いところで大切にしてきたことを「語る」って・・・究極の「手放し」じゃないかと思うんです。

そして、愛に生きてきた誕生数【33】の徹子さんだからこそ、いま、その恋愛を完結させるために、この帯ドラマで初めて、徹子さんの恋愛を、私たち視聴者に見せてくださるのでしょうね☆

そう思うと・・・

いま徹子さんがPYN【9】の年に、徹子さんの半生を描いたドラマが放送されることの、魂レベルでの必然性が見えてきたような気がするのでした。






   ↑
ふぅ〜〜っ、自分の言葉で記事を書くってエネルギー使うなぁ(苦笑)






ファミレスで気軽に
セラピスト瑠花の数秘対面セッションを受けてみませんか!

→ 「数秘リーディング対面セッション

新シリーズ「マスターナンバー33を生きる」予告編!

今日から10月。

ずっと前から考えていたことがあったんです。

セッションのお申し込みをいただくと、いま抱えていらっしゃる不調やお悩みについて事前アンケートでお聞きするのですが:

「私の人生の目的は?」というご相談をくださる方も時々いらっしゃいます。

でもね・・・特に20歳代や30歳になったばかりの若い方の場合は「人生の目的」を知るタイミングではないことのほうが多いのです。

なぜって、人生は行き先が見えていない道を進むのが面白いのであって、そんなにも若い時に自分のゴールを見てしまったら・・・面白さが半減しちゃうじゃないですかっ!!

とはいえ同時に、そのようなご相談を受け取るたびに、私自身のことを考えます。

おそらく「セラピスト」という仕事は、私が導かれた天職なのでしょう。
でもその中で「どのようなセラピストになること」が私の天職なの???
セッションをお申し込みくださる方々よりも、ず〜〜〜〜っと年上の瑠花なのに、
実は自分の天職がクッキリと見えていなかったりして・・・。

ところが1カ月ほど前だったかしら?

平日昼間のTVの帯番組「徹子の部屋」に続いて、黒柳徹子さんの半生を綴ったドラマが10月から放送されるというではないですかっ!!

黒柳徹子さんの誕生数が【33】であることは、昨年の徹子さんの誕生日にこのブログの記事にさせていただいたとおりですが:

  → 「マスターナンバー【33】の愛と、黒柳徹子さんの誕生日

そのニュースを聞いた時に、これって「すごいチャンス☆」であり、宇宙からの導きじゃないかって思ったんです。

  まだまだ情報の少ない【33】について、
  誕生数【33】を持つ徹子さんのドラマを見ながら、
  自身も誕生数【33】であるセラピスト瑠花が
  「ココが【33】なのよっ☆」と感じたことについて、
  瑠花の言葉で書き続けていったら・・・

徹子さんのドラマが続くこれから半年の間に【33】にまつわるリアルなデータベースを積み重ねていけるんじゃないかしら!!

そして、なんだか確信めいたものが降りてきたんです。

たぶんね、瑠花の天職って、マスターナンバー【33】の生きにくさに悩んでいらっしゃる方々に、【33】を生きるってこんなにステキなことなんだ!ってことを、セッションやブログ記事を通して伝えていくことじゃないかしら☆

【33】の大先輩である憧れの徹子さんのドラマを通して、これから半年、人生とマスターナンバー【33】についての学びを深めていけるって・・・とってもワクワクします。

そして、ここ何年か「新月シリーズ」と告知記事以外に全くブログ更新できなくなってしまった瑠花にとって、マスターナンバー【33】にまつわる新シリーズを書くことがブレイクスルーになってくれたらいいな!・・・きっと、なってくれる☆




実は、これまで謎につつまれていた徹子さんご自身の恋愛について、最近、徹子さんがバラエティ番組で語っていらっしゃるのが、とても気になります。

  40年もの間、遠距離恋愛で愛し続けた方がいらしたけれど、
  いつかは結婚したかったけれど
  その方が亡くなったから結婚できなかった・・・

その事実に続けて徹子さんは「いい恋愛をすれば、その恋が終わっても、たとえ相手の方が亡くなっても、生きていける!」・・・その言葉が語られた番組、録画したつもりなのですが、録画機の不調で再生できるかどうか???・・・もし再生できたら、いつかシリーズの中で、徹子さんの言葉を書き起こしてお伝えしたいと思います。

そして今回のドラマでは、徹子さんの恋愛についても綴られていそうで・・・

愛のマスターナンバー【33】を現役で生き続けていらっしゃる徹子さんのドラマを通して、これまで漠然と感じていた【33】の愛を「言葉」にしてお伝えしていけたらとも思います。



さぁ、とっても楽しみな「半期」の始まりです!!!





   ↑
そして今度こそブログ更新の習慣を取り戻したいと考えている瑠花を
どうか応援してくださいね☆