FC2ブログ
 

追悼・・・ノムさん(野村克也さん)の数秘

お約束している「結婚と離婚の数秘」関係の続編が遅れてるってのに・・・ゴメンナサイ m(_ _)m
どうしても、いま、先に書きたいのです。

  2月11日 野村克也さん84歳で逝去 ご冥福をお祈りします(涙)

昨夜とその前夜、2夜連続で、故・野村克也監督が生前「ボヤキ解説」で出演していたニュース番組で、追悼特集が組まれていました。
番組を見ていると「ノムさんゼッタイ【8】のヒトだよ!!!」とココロの声が聞こえてきて、すぐにでも確認したくなって、CMタイムにPCに向かって計算してみると・・・

  野村克也さん 
  出生日:1935年6月29日
  出生時のお名前:NOMURA KATSUYA


ノムさんの誕生数【8】

やっぱりね!!!

【8】は、高い視点に立ち全体を見渡せるトータルプロデューサー
【8】は、適材適所でヒトを起用し育て活躍させる采配の達人
【8】は、組織をコントロールし導いていけるリーダー

まさに「監督」は、ノムさんの天職だったってこと、誕生数【8】が語っています。

そしてノムさんは「野村再生工場」なんて呼ばれていたとのこと:
他球団で戦力外通告を受けた選手をスカウトし、おそらく自信を失っているだろう選手の「本来の持ち味」を生かし「良さ」を引き出し、自分の球団で記録を残せるほどの選手へと変身させるセンス!

これこそ【8】の、他者の長所を見抜き、引き出し、輝かせる「采配センス」ではないですか!!

また、新人だったマー君(田中将大選手)を、球団のエースに育てあげたのも、ノムさん。
いまでは大リーグで大活躍している「マー君」という「原石」を発掘し磨き上げた実績も、まさに【8】の「ヒトを適材適所に配して伸ばす」センスだと思うのです。

でも、それだけではありません。
ノムさんの現役時代のポジションは「キャッチャー」。

私は野球のことはさほど詳しくないのですが・・・
「キャッチャー」とは「ピッチャー」の女房役と言われていますよね。これだけ聞くと【2】を連想してしまいがちですが・・・

野球ファンで、ヤクルトファンで、ノムさんファンの、パートナーによれば:
キャッチャーこそが試合を組み立てるヒトだとのこと。ピッチャーに配球の指示をサインで出しているのですから、キャッチャー次第で相手チームのバッターを抑え込むことができる!

キャッチャー時代のノムさんにリードされた同時代の名ピッチャーの方々からも「ノムさんに任せていれば大丈夫という安心感があった」といったニュアンスのコメントが聞かれました。

私は【8】という数字のエネルギーについて、いつも「ガウディの建築」と説明しているのですが、この臨機応変に配球をと押してゲームを組み立てていくキャッチャーのセンスも【8】のエネルギーだと思うのです。


ノムさんの運命数【9】

誕生数が持って生まれた資質を象徴するエネルギーであるのに対し、運命数は生涯を通してチャレンジする学びのテーマ。

【9】という数字は、【1】から【8】まで全ての数字のエネルギーを包括し、理解できるエネルギーだと言われています。自分の中に相手の数字が存在する。だからこそ相手の気持ちが「直感的に」わかっちゃう!

ノムさんが「野村再生工場」と呼ばれ、他球団でクサッていた選手たちを、自分の球団で大活躍する選手へと「再生」できたのは、【8】の采配センスだけでなく、【9】ならではの、相手の気持ちを洞察し寄り添える資質があったからではないかと思うのです。

それと、一般的に【8】は、成功・名声・権威を求める、少しばかりギラギラしたイメージがあって、苦手意識を持つ方も多いかと思うのですが・・・
(決して【8】のエネルギーを否定しているのではなく、【8】を持つ誰もが、【8】の持つ「強さ」を上手にコントロールしてポジティブに生かしているのを、瑠花は多くのクライアントさまを通して知っています!!)

ノムさんの「ボヤキ解説」で見られた、モソッとしてホワンとした雰囲気は、おそらく運命数【9】から来ていたのでは?という気もします。

【9】は、全てを包み込む穏やかな優しさのエネルギー
【9】は、境界線を溶かしてしまうエネルギー
【9】は、自分が鏡となって相手を生かせるエネルギー

ノムさんは、誕生数【8】の監督としての資質を、運命数【9】の大らかなエネルギーに包み込むことによって、どんなにキツいことを言っても根底に愛があふれていると、みんなから愛されてきたのでしょうね。

それにしても、ノムさんの運命数【9】は:
  → ファミリーネームナンバー(姓)【1】
  → グロースナンバー(ファーストネーム)【8】
【1】+【8】=【9】
【1】も【8】も、どちらもリーダーの数字。とことん、リーダーだった方なのですね。


ノムさんのハート数【6】

【6】は、愛のエネルギー
【6】は、人を育てるエネルギー
【6】は、教師・カウンセラーのエネルギー

ハート数は、衝動のように、深いところから湧き出すエネルギー。
そうか・・・ここに【6】=愛の源泉があったのか!!

ノムさんが監督として選手たちを育ててきたのは、彼の【8】の人材育成センスやトータルプロデューサーセンスだけでなくて・・・

ハートに暖かな「愛」=【6】を持っていて、すべては、そこから湧き出ていたのでしょうね。


ノムさんの人格数【3】

人格数は「パーソナリティ」。自他共に気づいていて、周囲から「そうあること」を期待されるエネルギー。

【3】は、明るく楽天的なエネルギー
【3】は、言語表現力に富んだエネルギー
【3】は、拡散し発展させるエネルギー

ノムさんの「マー君、神の子、不思議な子」を始めとする名言や、「ID野球」(データ重視の野球を意味するノムさんの造語)といったキーワードを生み出すセンス、そして数々の著作を遺したのも、周囲から期待される【3】のエネルギーのような気がします。


ノムさんの実現数【8】

実現数とは、その人生を通して、その方が世界に遺したエネルギー。
誕生数と運命数を足すことにより算出され、持って生まれた本質(誕生数)を、人生のチャレンジテーマ(運命数)を学びながら全うした結果、その人が生きた「証」として後世に遺るエネルギーと呼ばれています。

昨夜の特番で印象に残ったキーワードに:

「人を遺す」

というものがありました。

現在セパ12球団のうち、6人の監督が、ノムさんの教え子だった方々というではないですかっ!!
日本代表「サムライジャパン」の稲葉監督も、ノムさんの教え子だった方です。
そしてさらに、監督論について語った数々の書籍が、ノムさんから直接学ぶことのできなかった未来の監督たちを育てていくことでしょう。

まさにノムさん「人を遺す」を、後世に遺してくださったのですね!!

実現数って、人生の最終章でやっと実感できるものだから、瑠花のセッションでもなかなか上手に伝えきれていないのです。

今回ノムさんの、野球人としての生涯を特番で振り返ることを通して、瑠花自身も初めて「実現数」を実感できた気がします。




  ノムさん、たくさんの感動を、ありがとうございました。
  心からご冥福をお祈りします。






   ↑
ノムさん・・・寂しいです(涙)





最近「もっと自由が欲しい〜〜〜!!!」とか「暖房で部屋が暑すぎて体調が悪い〜〜〜!!!」とか、パートナーとの同居生活をグチることのほうが多い私ですが・・・

野球なんて全く興味のなかった私が、ノムさんという偉大な存在を知り、ノムさんの「ボヤキ解説」をリアルタイムでTV視聴することができ、今日こうしてノムさんの数秘の記事を書くことができたのも、すべてパートナーと同居を続けていた「おかげ」だったことに気づき、彼への感謝でイッパイになりました。

ノムさん、ありがとうございました。
ついでにパートナーくんにも・・・ありがとう (^o^)







東京・中野坂上のファミレスで超リーズナブルな体験セッションを行っています:
→ 「体験版:数秘ファミレス対面セッション
(とはいえコロナの影響で誰もが外出したくないいま、期間限定で、お手頃価格の数秘・プチ遠隔セッションをしてみようか・・・なんて考えているところです。詳しくは近日中に!)

瑠花のHP(PC用)はコチラです:
→ 「数秘リーディング:瑠花のセッション・ルーム

スマホからでも見やすい簡易版HPもご用意しました:
→ 「瑠花の数秘館