FC2ブログ
 

魚座の新月 時間&ボイドタイム情報

うわぁ〜〜〜、また、やっちゃいました〜〜〜(汗)

魚座の新月は・・・昨日でした。

まだ48時間以内なので、時間情報だけでも、いまからアップします。


新月とボイドタイムの時間情報

  魚座(うお)の新月は、2020年2月24日(月)00:32am
  国立天文台の 朔弦望を参照させていただいています。

  そして新月から48時間以内のボイドタイムは:
  2020年2月25日(火)23:12〜26日(水)03:48am
  ※月時館Tsukijikan ☆.。:*・゜さんの「『Moon Void 別館』」より


ごめんなさい。今回は複数サイトさまをチェックしていません。


アファメーションおすすめタイムゾーン

  もしもボイドタイムにこだわるなら:
  2020年2月24日(月)00:33am〜25日(火)23:11頃

  全くこだわらないのなら:
  2020年2月24日(月)00:33am〜26日(水)00:30am頃

ちなみにボイドタイムについては過去に受け取った高次からのメッセージへのリンクを組み込んだ記事をアップしたので、ボイドタイムが気になる方は、ぜひご覧くださいね:
→ 「改めて・・・ボイドタイムについて(2017年・改訂版)


゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。


魚座について

●魚座の定位置である<第12ハウス>が持つ本質的な意味は「隠れたもの」・・・たとえば秘密であったり、感情であったり、霊界であったり・・・目に見えない/手に取れない/原因がわからない物や事を示すと言われています。

●一方、魚座の支配星も、第12ハウス同様、「目に見えないもの」を象徴する海王星。たとえば音楽のように、はっきりと目で見ることはできないけれど、その存在はたいへんな価値を持ち、そして酒が両刃のヤイバであるように、人の認識を曖昧にするような影響力も持っていると言われています。魚座の優しくふわっとした幻想的なイメージは、このあたりから来ているのでしょうね。

●そして<第12ハウス>の【12】という数字を、数秘から見た場合:
【12】は、1+2=【3】のエネルギーですが、私は魚座には、むしろ1年というサイクルの最後であることにも通じる【9】のエネルギーを感じています。【3】は、元気いっぱいに拡大&拡散していく「広がり方」を暗示しますが、魚座の場合はむしろ【9】の、どこまでも境界線を外して融合していく「広がり方」のほうに近いように感じます。


魚座のキーワード

想像力/幻想/精神性/大いなる力に委ねる/一体感/信頼/霊的敏感さ/霊的癒し/内なる幸福感/静寂の時/寛容/受容/慈愛/普遍の愛 など
手放したいネガティブな質は:現実逃避/幻覚/被害者意識/依存症/パニック障害/不眠症 など


゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。


数秘で魚座の新月を読むと・・・

最後に「新月を数秘で読む」シリーズ!!

ちなみに2020年の新月と日食・月食の日のエネルギーを「誕生日」とみなして計算したリストはコチラにアップしてあります:
→ 「2020年の新月・数秘カレンダー

魚座の新月は 2020年2月24日

●年のエネルギー 2+0+2+0=【4】

【4】は2020年の年間テーマ。堅実に地固めするエネルギーです。

1年最初の新月は山羊座で始まることが多い中、2020年は自由で伸びやかな水瓶座の新月から始まりますが・・・実は【4】という年間テーマとなるエネルギーから、ガッツリと「地固め」「グラウンディング」のエネルギーは受け取っているのですね!

●水瓶座の新月の誕生数

   2+0+2+0+0+2+2+4=12→【3】

軽やかで楽観的でコミュニケーション能力の高い【3】は・・・前回の水瓶座の新月の日と同じですが、水瓶座と魚座では個性が異なります。

全く天体の動きとかチェックしていないのですが、同じ【3】でも、水瓶座が理性的に話し合うことでコミュニケーションを深めていくのに対し、魚座は感覚的に「わかっちゃう」コミュニケーションになりそうな・・・

【3】という数字は主に言語による表現を象徴することが多いのですが、表現とは、それだけではありません。
魚座の場合、もっと「音楽」とか「リズム」とか、そういった「感じる」表現を通したコミュニケーションを象徴する新月になりそうな気がします。

以上、超手抜きで申し訳ありません。m(_ _)m

いま実家の経理で気が狂いそうな忙しさなのですが・・・そろそろ一段落!
追いかけて何か書けそうでしたら、改めて書きにきます!!




   ↑
そういえば昨年も魚座の新月記事を書けてなかった私でした(汗)




コメント


管理者にだけ表示を許可する