FC2ブログ
 

3月11日に、9年間を振り返って・・・

あれから9年・・・

数秘をお仕事にしていると【9】というサイクルの重みを、とても強く感じます。

9年前・・・2011年3月11日14:46:18・・・東日本大震災は、私たちの生き方や感じ方を大きく揺るがし、変化させました。

そして9年後のいま・・・新型コロナウィルス。

今日の14:46と、9年前の今日の14:46。2つの瞬間。
数秘/ジオセントリック占星術/ヘリオセントリック占星術の3つのツールを通して、この9年を振り返りながら、感じたことを書いてみたいと思います。

   ・ ・ ・ * ・ * ・ * ・ ・ ・

ところで、14:45頃、区の広報のチャイムが鳴りました。
アナウンスは聞こえなかったけれど、おそらく黙祷を呼びかけるものだったのでしょう。

私は・・・528の音叉を自宅に置いてきてしまったことを後悔しながら・・・本当なら「528=愛の周波数」に乗せて祈りたかったけれど・・・そのまま手を合わせて黙祷しました。

   ・ ・ ・ * ・ * ・ * ・ ・ ・

数秘から感じたこと

2011年と2020年・・・どちらもUYN(ユニバーサルイヤーナンバー)【4】の年。
地固めの年です。基盤をつくる年です。システムを築き上げる年です。

2011年3月11日のUDN(ユニバーサルデイナンバー)は【9】でした。
【9】は、完結のエネルギー。手放しのエネルギー。

被災地の方々は、文字通り、大切な人も物も日常も思い出も、手放すことを強いられた日でした。
でも直接的に被災しなかった私たちも「何か」を手放した日だったと思います。

あの直後、入籍した人が多かったことが、ニュースで語れていましたね。
私自身も・・・交際中だった人に「しばらく自宅に帰らないで」と言って・・・なんとなくの同居生活が始まり、結婚もせずに、なし崩し的に「家族のようなもの」になり・・・現在に至ります(苦笑)

結果的に、あの日をキッカケに私たちは「恋人関係」を手放したんだと思います。

でも、いいこともありました。
同居により自宅でセッションすることが不可能になり、それで思い切って、別宅=セッションルームを借りる決心がついたこと!
セッションルームが自宅外に在ることで、どれほどストレスなく、対面セッションを楽しめるようになったことでしょう☆

それでは、2020年の「今日」は、どんな日なのでしょう?

2020年3月11日のUDN(ユニバーサルデイナンバー)も【9】です。
当然ながら、9年前の今日と同じUDNです。

新型コロナの感染をこれ以上拡げないために・・・当たり前だった日常を手放すことを強いられている今日この頃。

リモートオフィス化の促進。これは「いい変化」だと思う。個人的に。
かつて派遣でパートタイム的に働いていた頃、出勤せずに働けたらいいな・・・と、どれほど憧れたワークスタイルでしょう!!

休校。いろいろ問題はあるけれど。
学校で学ぶことって、授業だけじゃない。人間関係の機微を学ぶのは、同じ部屋で、一緒に食事して、肌と心を触れ合ってこそ。
とはいえ、この機会にオンライン授業のシステムがガッツリ構築されたらいいだろうなと思う。これも個人的に。

むしろ問題は、子どもが学校に行けないことにより影響を受けている親のほう。
正社員の親なら、リモートワークや休暇が保障されるだろうけれど。
それがパートや自由業だったら・・・そのまま「失職」期間になっちゃうよね(涙)

で、もっと深刻な問題は、デイケア施設の封鎖。
家族だけじゃ支えきれない。でも訪問介護の人材が足りないと、今朝のニュースで聞いたっけ。

以前から思ってた。看護師さん、介護士さんの待遇、もっともっと改善して、みんなが憧れて目指したくなるくらい優遇してほしい。もっともっとリスペクトされるべき職業なのに、低賃金&重労働だから人手不足になる現状・・・。

福祉の問題なのか?
北欧のような福祉国家なら、将来への不安は消えるのか???

そして、切なくなるほどの日用品不足。

消毒の重要性が叫ばれているからアロマスプレイでも作ろうかと思って、無水エタノールを買いに行ったら・・・入荷の予定がないとのことで、消毒用エタノールを買ったのは2日前のこと。

今日もう1本買っておこうかな?と思って同じ薬局に行ったら・・・売り切れてた。orz

トイレのロールペーパーは、ネットスーパーの配送料節約のために年始に大量にまとめ買いしたから、まだ足りてる。
でも食器を拭くためのキッチンペーパーは・・・もう買えなかった。TVでマスク代わりに使えるなんて言ってたしね。orz

でも・・・キッチンペーパーを使わなくても、食器は自然乾燥すればいい。使う直前じゃなくて、使った直後に洗って立てたり裏返したりしておけば、次に使うときまでに乾いてくれる!(布製の布巾は雑菌が気になるから使ってない)

このことは「あれば便利だけど無くてもナントカなるもの」を手放していくレッスンなのか?・・・なんて思ってしまったのだが。

さて、今日2020年3月11日の【9】は、私たちに「なに」を手放すことを求めているのでしょうか???

時代のメッセージが数秘だけでは見えてこないので、ちょっと惑星たちの動きを覗いてみると・・・

   ・ ・ ・ * ・ * ・ * ・ ・ ・

星たちの動きから感じたこと


ジオセントリック占星術(以下「ジオ」と略)とは、地上に生きる私たちを中心に天体の動きをみる、いわゆる馴染み深い「西洋占星術」のこと。天動説の占星術のこと。
ヘリオセントリック占星術(以下「ヘリオ」と略)とは、太陽(ヘリオ)を中心(センター)とした、地動説の占星術のこと。

まずジオで、2011年3月11日14:46の震源地のホロスコープを書いてみると:

14:46という瞬間、太陽は第8ハウスに位置しています。
第8ハウスのキーワードは「生」「死」「再生」「形而上学」等。
第8ハウスの支配星は冥王星。

実は私自身にとって、第8ハウスの概念は、まだまだピンときていないのです。
子ども時代に学んだ西洋占星術の書籍には、第8ハウスは(死と関わりがあるため)あまりにデリケートなのでその書籍では解説できないと書かれていたっけなぁ・・・

でも、冥王星ならわかります!!

冥王星のキーワードは「破壊と再生」で、その冥王星が司る第8ハウスに太陽があったということは、まさに東日本大震災は「破壊と再生」だったのかな?・・・と。

そして2011年の、その瞬間の第8ハウスには、太陽の他にも、火星・天王星・水星・木星が集中していました。太陽系8惑星のうち、4惑星が集中って、なにげにヘヴイー。

一方、2020年3月11日14:46の震源地のホロスコープを書いて比較してみると:

太陽は第8ハウスに位置しています。9年後の同日同時刻ですから当然ですよね!
そして今年の太陽は、癒しの天体:海王星とコンジャンクションしているのです。

一方、第8ハウスの支配星で「破壊と再生」を象徴する冥王星は?
冥王星は、第6ハウスで、木星・土星と、ゆる〜くコンジャンクションしています。

第6ハウスとは「家族」「健康」「奉仕」等を司るハウス・・・って、数秘の【6】と一緒だ!!
だから「病気」なのか。未知のウィルス蔓延なのか・・・。

今年の現状は、震災と異なり「この瞬間」のものではないけれど、9年のスパンで見たら「この時期」のもの。

とはいえ、震災の「2011年の瞬間」と、ウィルス蔓延の「2020年の時期」について、瞬間と該当地を基準に描くジオのホロスコープで比較するのは、なんとなくシックリこないので、続いてヘリオのチャートで比べてみると:

ヘリオは、実際の太陽系のマップ。惑星たちの位置関係を描いたチャート。

2011年3月11日の太陽系は、天王星が「0度」に位置していて・・・私にはまだヘリオにおいて「0度」がどれほどの意味を持つのかわからないのだけれど・・・何やらとてつもない「始まり感」「区切り感」が感じられる。

そして木星と土星がオポジション。
ヘリオではオポジションにネガティブな意味は全くないのだけれど、それでも地軸をゆるがすような緊張感は感じてしまう。木星と土星って太陽系内で(太陽以外で)最も大きい2つの天体が、太陽を挟んで引っ張り合いしてるんだからね。

ちなみに冥王星は、木星と土星の中間あたり。オーブが大きすぎて「アスペクト」はとれないけれど。

一方ジオでアスペクト見てみると、木星と土星のオポジションに冥王星が加わって、Tスクエアを描いてる・・・これじゃ大地が動くワケだ!

というか、地球から遠い天体に関しては、ジオでもヘリオでも、似たような位置関係になるんだよね。視点が「地球上の自分」であっても「太陽」であっても、遠い天体の関係性はさほど変わらないことから「宇宙の大らかさ」に気づけたことが、私にとってヘリオを学んだことによる大きな収穫!

一方、2020年3月11日のヘリオのチャートを見てみると:

冥王星と土星がコンジャンクションしているのは、ここ何カ月かに渡り新月時のヘリオチャートを追いかけながらお伝えしてきたとおりだけれど。

2011年に土星とオポジションしていた木星が、2020年は、間もなく土星&冥王星とコンジャンクションする位置まで接近していることに、何やら意味を感じてしまう。
9年前にTスクェアだった3つの天体が、今年、集合することの意味は???

   ・ ・ ・ * ・ * ・ * ・ ・ ・

9年の数秘サイクルを経て、大震災と新型コロナ蔓延の間で、私たちが何を手放し、何を学び、いままた手放そうとしてるのか?
天体の動きからストーリーを見つけてシェアしたい気持ちで書き始めた今日の記事ですが・・・

結局、占星術(ジオもヘリオも)に関しては、あまりに無知の部分が大きくて、私自身の「お勉強」記事になってしまいました(汗)

ただ今日の記事を書きながら、ヘリオにおける惑星たちの意味をネット検索するうちに:

1日も早く惑星たちの音叉を手に入れ、音によるヒーリングしたい。
その時には、ヘリオ的な惑星たちの意味合いについてもシッカリと自分自身の内で腑に落とし、惑星たちのエネルギーを、ジオ的部分だけでなく、ヘリオ的な深さで引き出し、ヒーリングに活かしたい!

・・・と、結局、私の気持ちは「音と周波数の世界」へと・・・

なんだか中途半端だけれど、今日の私に書けるのはココまでなので、これでアップします!





   ↑
手に入れたいものがあるからこそ、私、変化しなくては!!





ちなみに、冥王星を挟んで、遠ざかっていく土星と、接近しつつある木星が、4度以内のオーブでコンジャンクションするのが、6月12日。
木星が冥王星に追いつきピッタリとコンジャンクションするのが、8月11日。
この間に予定されているのが、東京オリンピック。

以上、私自身のためのプチメモでした〜(笑)



コメント


管理者にだけ表示を許可する