FC2ブログ
 

牡羊座の新月 数秘とジオとヘリオで新月と向き合う!

さて、昨日の続きです。
昨日は、占星術における1年の最初の新月「牡羊座の新月」を迎えるにあたり、2020年の「春分の日」を見つめてみました。

今日は、その「春分の日」のエネルギーを受け、どのような気持ちで「牡羊座の新月」を迎えたらいいのか・・・について、数秘とジオとヘリオを通して、向き合ってみたいと思います。


゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。


まずは新月情報ダイジェスト!

  牡羊座(おひつじ)の新月は2020年3月24日(火)18:28

  新月から48時間以内のボイドタイムは:
  2020年3月26日(木)16:16〜22:36

  アファメーションおすすめタイムゾーン(ボイドタイムにこだわるなら):
  2020年3月24日(火)18:30〜26日(木)16:15

  アファメーションおすすめタイムゾーン(ボイドタイムにこだわらないなら):
  2020年3月24日(火)18:30〜26日(木)18:27

詳しくは昨日の記事をご覧くださいね:
→ 「牡羊座の新月 時間&ボイドタイム情報+α(春分の日とジオとヘリオ)


数秘でみる牡羊座の新月

牡羊座の新月は 2020年3月24日

●年のエネルギー 2+0+2+0=【4】

【4】は2020年の年間テーマ。堅実に地固めするエネルギー。

●新月の誕生数 2+0+2+0+0+3+2+4=13→【13/4】

カルマナンバー【13】・・・2020年は6回(内1回は【13】の新月があり(内1回は【22/4(13)】8月19日の獅子座の新月)あって、その初回が、この「牡羊座の新月」です。

天体の1年の最初の新月がカルマナンバー【13】・・・「何が何でもやり通す」エネルギー。
自分にとって最も大切なものを手にいれるために・・・それは国家的な行事だけでなく、自分自身のことでもある!

実は今日の記事を書き始める前、ジオとヘリオの新月チャートを見ていたら、高次からのメッセージが聞こえてきたので書き取ったのですが:
この新月のテーマのひとつは「突破口」みたいです。
→ 「牡羊座の新月に寄せて 〜突破口は「そこ」にある!〜

きっと2020年は、この新月に見つけた「突破口」を、何があっても現実化できるようサポートするために【13】の新月が畳み掛けるように繰り返し登場するのでしょうね!

ちなみに2020年の新月の日と春分等の節目日の数秘を計算したものは下記に掲載しています:
→ 「2020年の新月・数秘カレンダー


ジオでみる牡羊座の新月

それでは「ジオ」(天動説に基づいた従来の占星術)で「牡羊座の新月」をみてみます。

ちなみに「ジオ」とか「ヘリオ」とか・・・については、お手数ですが昨年末の記事を読んでくださいね:
→ (該当の内容はリンク先の記事の中ほどより少し下です)

面白いな!と思ったのは、新月(月と太陽のコンジャンクション=0度)を中央に挟んで、天王星と水星が60度のアスペクトを作っていること。(新月からみたら、それぞれ30度ずつ)
水星は移動やコミュニケーションの星。いま新型コロナの影響で移動や対面でのコミュニケーションが制限される時に、新しいアイデアやテクノロジーを象徴する天王星が「60度」という調和のアスペクトを作っていて・・・実際に世界では、ネットでつながることによるリモートワークやオンラインイベントが動き始めていること!

そして、その中央に新月が位置しているということは:
この新月に動き出すなら、水星と天王星のエネルギーを「ヒント」としたらいいってことなのでしょうね。

次に気になったのは、春分時には団子状に山羊座でコンジャンクションしていた、冥王星・土星・木星・火星の集合体から、この新月、土星が水瓶座へと抜けていったこと。

水瓶座といえば、支配星は天王星。ここでも天王星☆
新型コロナの・・・まだ解決してはいないけれど・・・閉塞感からの突破口が、ネット環境を最大限に活用することだったように!

牡羊座は自分自身と向き合うサイン、自分自身が抱える閉塞感からの突破口も、天王星のエネルギーにヒントを求める(もしくは天王星の周波数を聞いて受け取る♪)ところにあるような気がします。

ちなみに天王星の周波数は207. 36Hz。
スマホのアプリで「周波数ジェネレーター」「無料」で検索すると、入力した周波数の電子音を奏でてくれるアプリがヒットします。(瑠花が知っている限りでは、無料アプリだと小数点以下は指定できません)
私はiPhoneで「トーンジェネレーター」というアプリを使っています。

もしくは、2カ月ほど前にもご紹介した、NASAが発信する天王星の音を!
→ 「Uranus sounds NASA Voyager recording天王星の音」(YouTube動画)


ヘリオでみる牡羊座の新月

ヘリオは太陽系の惑星たちの実際の位置関係から「その時期」のエネルギーを読み解く占星術。
太陽が中心なので、地球を中心としたジオとは、惑星たちの配置が異なります。
そしてヘリオでは「太陽」と「惑星たち」のみを扱うため、「月=衛星」が存在しない。従って「新月」という概念もありません。

でも、たとえ「新月」という概念が存在しなくても、「新月」のタイミングの天体の配置から「3月24日18:28」のエネルギーを読み解くことはできます!!
そして私は「地球=自分自身」と考え、まず最初に、地球と他惑星の位置関係を見るのですが・・・

ここでも天王星!! 地球と150度の角度を描く位置関係です。
ちなみにヘリオにおける150度は(ジオとは若干意味が異なり)「客観的立場からのサポート」もしくは「冷静な距離」を意味しています。

もうひとつ面白い位置関係としては、地球が、火星と72度・金星と45度のつながりを持ち、同時に火星と金星は120度の位置関係にあることです。(オーブがあるので、72度+45度=120度!)

ヘリオにおける72度(地球×火星)は「良縁=縁ある人に助けてもらう」、45度(地球×金星)は「つながり(この場合は火星とのつながり)のチカラでサポートする」、そして120度(火星×金星)は「幸福を生む循環」「バランス」「湧き出るアイデア」等々。
言い換えれば、火星と金星の位置関係から生まれるパワフルでハッピーなエネルギーが、地球=自分自身をサポートしてくれていると言えるのでは!?

さらに、海王星が複数の惑星と角度を作っていることが印象的です。
90度(海王星×火星)、150度(海王星×金星)、45度(海王星×天王星)・・・特に重要なのは90度!

海王星は「癒し」や「笑い」のエネルギー。いま世界がウィルスへの恐れと自由に行動できない閉塞感で苦しんでいる中、遠い宇宙から海王星が癒しのエネルギーを届けてくれている!
そして火星は「行動」のエネルギー。
「90度」という角度は、ヘリオでは「柱」を象徴し、海王星と火星の関係性は「地上に癒しのエネルギーを届ける(海王星)ための「柱」「中核」(90度)は、行動を起こすこと(火星)であり、どんな行動を起こせばいいか・・・それは「愛」のサポート(火星×金星120度)・・・そんなエネルギーが、いま宇宙から降り注いでいるように感じました。

ところでジオのところで、アスペクトを持っていなかったので書かなかったのですが、海王星は、新月と水星の中間あたりに、さりげなく位置しています♪


゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。


このようなタイミングで迎える牡羊座の新月。
いまは新型コロナのことで連日ニュースも持ちきりですが、病気からのメッセージを正しく受け取り、私たち個人も各自に必要な変化変革を経て、オリンピックの件も含め、なるべく多くの人にとってハッピーな着地点へと、1日も早く到達できることを祈りつつ・・・

なお、昨日と今日の記事を学びながら書いていたら高次からのメッセージを受け取ることができたので「瑠花のチャネリングノート」(旧:瑠花チャネル)にアップしますので、ぜひ目を通してくださいね☆
→ 「牡羊座の新月に寄せて 〜突破口は「そこ」にある!〜





   ↑
学びながら記事を書くって時間がかかるけれど・・・楽しいですっ♪






コメント


管理者にだけ表示を許可する