時には新聞を読んで・・・今日の気づき

うち、新聞とってないんだけど・・・。

3年前の春、自室を 瑠花のセッション・ルーム にした時に、部屋が片付かなくなるからって、新聞とるの止めたんだけど・・・。

今日パートナー君が学生時代に行き着けだった喫茶店に一緒に行って、パートナー君がスポーツ新聞を夢中で読んでる間に、毎日新聞をなにげに読んでたら「香山リカのココロの万華鏡」ってコラムの中で、ステキなフレーズを見つけた♪

  「どんな精神科でも、治したっていう経験はないですよ」

これは、「人生気のせい人のせい―ツチヤ教授、代々木駅前の精神科医と語る」という書籍の中で、ツチヤ教授の今回の対談相手である 三浦 勇夫 先生が、(精神科においては)治癒率なんて関係ない。悩める患者の心のほころびを繕うものだから・・・という文脈の中で語ったコトバということなんだけど。

とても共感して、思わず、持ち歩いてたノートに書き写しちゃった!・・・コレって、人間のココロを扱う仕事として、精神科医でも、カウンセラーでも、セラピストでも、一緒だと思ったから。


いま、フラワーエッセンスの バッチ博士 に関する本を読み返してるところなんだけど。ヒトのココロを扱う仕事をさせていただく以上は「自分が治してやるぅ~~」みたいな奢りは捨てて、とにかく謙虚でありたいと思う気持ちが、最近ますます強くなっている。

国家資格のある医師であろうと、特定の団体が認定する民間資格しか持たないセラピストであろうと、ひとさまのココロを治療するなんてこと、できないんだと思う。私たちにできるのは、悩み苦しんでいるクライアントのそばに寄り添って、本人が行き続けるチカラを取り戻すのを待ってあげることだけ。そして「いつだって隣にいるよ!」ってことを伝え続けることだけなんじゃないかと思う。


さらに、このコラムの中でもう一言、とっても素敵なコトバを見つけた!

  「バカになれないやつとか、あんまり真面目なやつは、精神科医に向いてないね」

これを見て「精神科医」の部分を「カウンセラー」あるいは「プラクティショナー」なんてコトバに置き換えながら、とあるSNS内のコミュニティで激論が交わされていたことを思い出してしまった。

真面目なヒトたちは、カウンセラーと名乗り人間の心を扱う仕事につく以上は、たとえ大学院に今から入学しなおしてでも、民間資格ながら唯一無二と言われる資格を取得するべきだと主張していた。一方、経験至上派の現役カウンセラーやセラピストの主張からは、いい意味での「ゆるさ」が伝わってきた。私が共感してたのは、もちろん・・・!!

そして遠い昔(とはいっても3年前の今ごろだけど)私がフラワーエッセンスの入門コースの受講生だったころ「フラワーエッセンスを仕事にするには、資格は必要ですか?」と質問した時に、師匠はこう答えた。

  「たかが民間資格を取得することに躍起になるより、
   エッセンスを必要とするクライアントを癒せることのほうが大切です!」

師匠のコトバで、セラピストとしての私の方向性が決まったんだっけ・・・。

コミュニティでの激論を読んで、私は、カウンセラーとかプラクティショナーとか名乗るのをやめ、セラピスト と名乗った上で、堂々と仕事することを選んだっけ・・・。

私の原点を思い出させてくれた、今日の新聞のコラムだった。



  いい意味で、ユルく、生きていきたいね♪



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ゆるく生きて…

行きたいと私も想っています。

そして、真面目すぎて自分に厳しすぎるクライアントさんにも、もっとゆるゆるしても大丈夫ですよ!とお伝えしています。

私がセラピストとして一番大切にしているのは、クライアントさんの気持ちに寄り添うことです。

瑠花さんの今日の日記を拝見して、改めて初心を思い出すと共に、こんなベースにある想いが共通しているから、瑠花さんのところへ行くよう、ハイヤーセルフがサインを送ってくれたんだと確信できました。瑠花さん、ありがとうございます♪

ララ | URL | 2007年06月13日(Wed)06:55 [EDIT]


アンテナ。

世の中は示唆に満ちていると江原さんが何かの著書で書いていましたが、アレコレ街中に溢れる言葉にふと惹かれるフレーズを発見すると、ワタシも本当に示唆に満ちているんだなぁと思います。

瑠花さんが必要なときに必要な言葉を受け取って、これまでの道を歩まれてきたんですね。

ユルく、生きる

いいですね。(^ ^)

いくえもん | URL | 2007年06月13日(Wed)09:35 [EDIT]


ララさんへ

いまは素晴らしい癒し手として大活躍のララさんだけど、いずれは「癒し手を育てる存在」に、きっとなられることと思います。
そんな時に「ヒーラーやティーチャーである限りは、清貧でなければならない!」みたいな、自分へのロックウォーターな決め付けから不必要に苦しむ受講生さんを導く日も来ることでしょうね。(フラワーエッセンスの意味については後日ねッ♪)
そんな方たちのお手本となれるように(???)お互い「ユルユル」生きていきましょうね~☆彡

瑠花 | URL | 2007年06月13日(Wed)13:12 [EDIT]


いくえもんさんへ

最近、必要な時に必要なコトバや情報が届くことが、とっても増えているんです。今日の午前中も、バッチ博士の本を読み返していたら、たくさんのヒントがありましたッ♪

こういったシンクロが増えてる時って、人生、いい方向に向かってるとのこと。示唆に満ちたコトバと出会う機会の多い いくえもんさんの人生も、いい方向に動いてるシルシなんだと思います。日頃の いくえもんさんの日記を読みながら、そう確信しています☆彡

瑠花 | URL | 2007年06月13日(Wed)13:16 [EDIT]


共感しました!

ユルさがなくなると、カチカチになってきます。

ついつい、真剣になりすぎるクセのある私としては大切なことです。

御幸 | URL | 2007年06月13日(Wed)23:11 [EDIT]


御幸さんへ

共感のメッセージ、嬉しいです。
誰でも(特に何かを始めたばかりの時は)つい、マジながんじがらめ状態になっちゃうんですよね。

ユルいって、自然体にも繋がると思います。最近の御幸さんって、フッと余分なものが抜けたかのように、とっても自然体でステキです♪

瑠花 | URL | 2007年06月14日(Thu)09:15 [EDIT]