私が出会ったレイキ書籍たち

先日の日記で、レイキに関して私がいま迷ってることと一緒に2冊の本を紹介したら、友人から素敵なコメントが届いた。で、急遽思い立って、今日の日記では私がレイキ・ティーチャーになってからお世話になったレイキ本を一挙公開(?)しちゃおうかって。

まずは、2004年3月から4月にかけて、講習をはじめるにあたって図書館で借り集めた4冊の書籍たち。

「癒しの手 宇宙エネルギー「レイキ」活用法」(望月 俊孝 著/1995)
「宇宙エネルギー「レイキ」の奇蹟」(望月 俊孝 著/1997)

「神伝レイキの秘密」(上野 正春 著/1997)
「光からの伝言」(上野 正春 著/2000)

読みながら、私には 上野 先生 の著作のほうが面白かった。ちなみに 神伝レイキ とは、海外レイキと日本古来の靈氣のイイトコドリした レイキ らしい。上記どちらの本に掲載されてたかは覚えていないのだが、日本式と海外式の比較表が非常に興味深く、このページはスキャンさせていただいたのだが、いま読み返してみて改めて、なんて見事に両者をひとことで説明しきってるんだろうと思った。

一方、日本の西洋式レイキを語るなら彼!と言われる 望月 先生 の著作は、私にとって興味深い内容であったというよりは、テキスト編集にあたり、図解や言い回しが非常に参考になった。

-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-

ところで、半年ほど前、アロマのサロンを経営する方が、サロンのメニューにレイキを取り入れることを前提に受講してくださった時に、靈氣の精神論ではなく、すぐにトリートメントに使える実用的なワザを学べる本を紹介して欲しいと相談メールをくださった。思い当たる本がなかったので、サードまでお世話になったティーチャーNさんに相談したところ、1冊の本を紹介してくださった。

「レイキ完全本―あなたを他人を世界すべてを癒すために」(ブリギッテ・ミュラー著/1998)

受講生さんにご案内する前に、せめて立ち読みでも!と思い、新宿の大型書店に行ったのだが・・・店頭に置いてないッ! あわててネット書店から取り寄せた。
届いた本を開いてみて感激・・・ハンドポジションが70もの写真入りで紹介され、100の症状別に集中トリートメント法が紹介されている。私にとって、ぜひとも手元に置きたい1冊であると同時に、西洋式レイキの本を1冊だけ所有するとしたら迷わずこの本を奨めたいと思った。

ちなみに、この本の著者 ブリギッテ・ミュラー女史 は、アライアンス派のリーダー フィリス・フルモト女史 から、直接アチューンメントを受けたレイキ・マスターである。つまり、この本にはアライアンス派が考えるレイキが凝縮されているのである。

ちなみに「瑠花のBOOKレコメンド!」でもコラム風書評で紹介してるので、よかったら読んでね!

-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-

そして先日の日記でご紹介した2冊に至る!

「レイキ療法―宇宙エネルギーの活用」(バーバラ・レイ 著/1987/絶版)
「直傳靈氣―レイキの真実と歩み」(山口 忠夫 著/2003)

ちなみに、土居先生の著作については、この本を図書館に予約中!

「癒しの現代霊気法―伝統技法と西洋式レイキの神髄」(土居 裕 著/1998)

レビュアーの方のコメントに「日本の伝統霊気にも欧米からのレイキにも公平な見方をしている」との評があり、ますます本の到着が楽しみだ。




ところで瑠花は、西洋式レイキと、バッチ・フラワーエッセンスの講習をしています。
瑠花のセッション・ルーム のHPもヨロシクね♪

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

『光からの伝言』

私は今のところアチューメントはセカンドまで受けていますが、アチューメントとシンボルの簡単な使い方を習っただけだったので、応用が載った上野先生の本はとても参考になりました。「ああ、こんな使い方もあるんだ~」と思って(笑)「光からの伝言」は最近やっと入手して読みましたが「神伝レイキ~」共々応用の参考になりましたです。もしかして「こうしないとダメ」というのではなく、自分で考えていろんな応用がきくのかなぁ?と思いました(笑)

るん | URL | 2006年12月10日(Sun)10:56 [EDIT]


るんさんへ

よかったですね♪
私はこの本たちを、ティーチャーになった直後に、テキスト編集のために読みました。
私のティーチャーの講習は充実していたのですが、それでもコトバで聞いただけでなく、書籍で別の方の書籍で読み返すと、非常に勉強になりました。

瑠花 | URL | 2006年12月10日(Sun)12:43 [EDIT]