瑠花とスピリチュアル「序章」

パートナーが心を病んで出勤しなくなったのは、GWが明けて間もなくのことだった。
そして、ほぼ同じ頃から、講習やセッションの予約がパッタリと途絶えた。
彼は心身共に良くない状態だったから「今は彼のケアに専念するのが私の役目!」と自然に思えたので、むしろ仕事がないことにホッとしていた。

8月頃から、蓄えてたものが底を尽きそうになり、少し焦りを感じ始めた。

そうしたら、9月からパラパラと受講やセッションの予約が入るようになり・・・

思えば、オーラリーディングの無料モニターを募集したのは7月中旬だった。その後、8月に有料モニターを募集し、9月の新月に、ついに念願だったオーラリーディングによるオーダー・ブレスレットのモニターを募集して・・・

そして10月、あきこさんとの往復書簡シリーズをキッカケに、たくさんの対面&遠隔のお申し込みをいただき、忙しく充実した日々を過ごさせていただいているうちに・・・

パートナーは休職中だった会社を正式に退社し転職活動を始めたけれど、なかなか結果が出ない。良くない知らせが届いた日の夜は、酔っぱらって私に八つ当たり・・・そして私は、思うように仕事に専念できないイライラで、気づかないうちに、彼を大切にする気持ちを忘れかけていた。

今日は、そのことへの気づきを宇宙からいただいた、ひとつの節目の日。

オーラリーディングを終え、その結果をふまえてのメールセッションのスタートを待ってくださっていたクライアントさんから、夕方メールが届いた。単にメールセッションをするだけなら、いつでもスタートできるはずだった。でも私の直感は、セッションをスタートさせていただく前に、私自身がこれからどのように スピリチュアルとグラウンディング のバランスを取って仕事と日常を生きていくのか、ある意味 セラピストとしての軸 を見つめ直すために、これからシリーズでブログにアップしようとしている一連の記事を書き上げる必要を感じていた。それを読んでいただいてからのほうが、その方とのセッションを本当に意味あるものにできることを感じていた。

ほんとなら今すぐセッションをスタートして欲しいけれど、何らかの「障害」でブログをアップできないのなら、年明けまで待っても構わない・・・そのように書いてくださったメールを読んで、私の中の何かがフッ切れた。10月頃から、常に締切に似たような圧迫感に追いかけられていた。それが突然、ふわっと軽くなった。

思えば今回のシリーズについても、1週間ほど前から焦ってハショりながらも記事をアップしようと書きかけて、そのたびに彼の突然のスケジュール変更という「妨害」が入って、記事を仕上げることができない日が続いていた。

それが、メールをいただいたことで、私にできるペースで、これまで書きたかったけれど時間がなくて書けなかったこと全てを、シリーズ化してブログにアップしよう!と、腰を据える気になった。

そうしたら今夜、彼を通して 気づき を、宇宙からいただいた。

彼の家(実家)には、いま愛犬と愛猫がいる。「今夜はどの缶詰を開けたい?」って聞いたら、彼はコトバで答えてくれず、彼の愛犬のマネをしたのだ。愛犬は微細な反応で意思表示をするという。彼の両親は見分けることができないけれど、彼だけは、それがわかるというのだ。

要は彼が アニマル・エンパシー を持ってるってコトなんだけど。

その時、ふと気づいた。エンパスである私は、彼ともっと繋がって(ローズさんの書籍では「スペースを維持する」に当たるテクニック)彼がいま何を求めているのか エネルギー的に聞き取ってあげる 必要があったってことを。

時に彼は(特に酔っぱらってる時は)駄々っ子 になる。それは彼のインナーチャイルドを癒す必要があることのサインであって、そのことが同時に、私のインナーチャイルドを癒すことに繋がるってことを。

彼と私のインナーチャイルドは、同じようなテーマを抱えているらしいことは、エリクソン催眠の講習の時に相互練習で受けたインナーチャイルド・セッションで暗示されてたっけ・・・。

そして彼のインナーチャイルドは、私がクライアントさんを部屋にお迎えする時と同じくらい、自分に対しても心を配り、大切に向き合うことを求めていた。

いま彼は、転職先がなかなか決まらず焦っている。そして私は、彼が毎日私の部屋に入り浸っているために仕事に専念できないことで、彼と同じくらい焦っている。・・・そして、私がその 焦り を手放さない限り、彼の転職先が決まらないだろうってことにも、同時に気づいてしまった。

そして日頃から私は「自分の最も大切な人を癒せない人間はセラピストの資格がない」と言ってたはずなのに、彼との時間を最優先してきたつもりだったのに・・・彼と毎日一緒に過ごすうちに、その気持ちを忘れかけていたことに気づいてしまった。


気づいたことで、私の態度が変わった。私が発する波動も変わった。・・・そうしたら、酔っ払ったパートナーは、久しぶりに早寝して、私に落ち着いてブログやメール返信を書く時間をプレゼントしてくれた!


そして今夜、やっと、このシリーズの序章を書き上げて、ブログにアップすることができた。

すべては私の気持ち次第だったんだね・・・。

無理せず、今夜はここまでアップすることにします。



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すべては自分の気持ち次第…

そうそう、そうなんですよね!
私もつい最近それを実感する出来事があって。瑠花さんの文章をみて思わず画面に向かって首をがくがく振りました(^^)
夏に振られた彼に対し、未だにわだかまりがあって、習い事の最中も、どうしても避けたり、話をしないようにしたりして、お互いもうこれ以上もないくらい最悪な感じになっていたのですが、本当に仲直りしたいと思い、私の方から思い切って呼び出し、素直に話をしました。
彼は黙って聞いていたのですが、それから後、習い事で会ったときは冗談を言ってきたりして…そういう感じは仲が良かった1年前を思い出させて、嬉しくて。
今思うと、自分が頑なになってたので、相手もかまえていたのだなぁ…と。相手は自分の鏡、と本当に思いました。

るん | URL | 2007年12月20日(Thu)10:30 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007年12月20日(Thu)20:13 [EDIT]


るんさんへ

彼とのこと、好転したんですねッ♪・・・よかった!!!

思えばアバンダンティアのモニターで初めて るんさんと出会ってから、そろそろ1年ではありませんか!?
この1年で、るんさんって、逞しく頼れる女性に変身したように感じます。
いつもコメントありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いします☆彡

瑠花 | URL | 2007年12月21日(Fri)01:29 [EDIT]


非公開コメントへ!

私の風向き、変わったのかしら???
実は、このシリーズを書き終えてみないと、私自身でも、どこを向いているんだか、まだわからないのです。いまは私自身が、自分探求の真最中です・・・。

瑠花 | URL | 2007年12月21日(Fri)01:31 [EDIT]


そう、もう1年になるんですね!

私が瑠花さんのブログにちょくちょくにおじゃまするようになったキッカケは、新月の願望レイキでした。
以来、願望の筆頭は彼と心が繋がることでしたが、今、付き合っていないにもかかわらず、今までで一番気持ちが繋がっているように感じるのは不思議な気持ちです…(^^)
逞しくなったなんて…嬉しいです☆ テヘッ!
コチラの方こそ、今後もよろしくお願いいたします☆

るん | URL | 2007年12月21日(Fri)23:41 [EDIT]


るんさんへ

> 付き合っていないにもかかわらず、今までで一番気持ちが繋がっている

きっとお2人にとってベストな距離になられたのでしょうね。お互いの魂にとっていちばん幸せな関係・・・ふと、そんなコトバが浮かびました。
いろんなソウルメイトがあります。いまのお2人にとっては、その距離が、いちばん長く親しく一緒にいれる関係なのかもしれませんえ!!

瑠花 | URL | 2007年12月23日(Sun)12:13 [EDIT]