瑠花とスピリチュアル3:「ゾルバ・ザ・ブッダ」

そしてこの記事は「天使のお試し事件」と関連しているけれど、こちらは微笑ましい(?)エピソード!

ちなみに、シリーズ記事へのリンクは下記のとおり:

  瑠花とスピリチュアル「序章」
  瑠花とスピリチュアル1:「カミングアウト、その後」
  瑠花とスピリチュアル2:「天使のお試し事件」


・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・


その夏、「天使のお試し事件」で霊的なチカラに脅えていた私は、救いを求めて(爆)すぴこんに行った。

今となっては笑っちゃう話だけれど、その時は「大天使さまのせっかくのお誘いを断わった私には罰が下される」・・・と、ホンキで怖れ、脅え、悩んでいたのだった・・・(苦笑)

その日の すぴこん会場では、3カ月ほど前にセミナーで出会った知人が「ミスティカ・カード・リーディング」のブースを出していた。

私は、スピリチュアルな生き方を選ぶと、地上的なフツーの幸せを諦めなければいけなくなることを怖れていた。そして大天使さまが手を差し伸べてくださったのに、それを断わった私は、結局は、サイキックな能力も、地上的な幸せも、どちらも得られなくなるのではないかと怖れていることを、その知人に告げた。

そして・・・震える手でカードを引いた。

・・・私の未来を表わすカードは「ゾルバ・ザ・ブッダ」だった。

知人は、そのカードが暗示する未来は、スピリチュアルな生き方と地上的な幸せの両立 だから、何も心配することはないとリーディングした上で「自分だって何度も神なる存在からのメッセージに背いているけれど、何も悪いことは起こらない。聖なる存在は、人間を脅したり苦しめたりするようなことはしないんだから!」と笑った。

それでもまだ不安は消えなかったけれど・・・その時の私にとって「ゾルバ・ザ・ブッダ」のカードは心のよりどころとなり、そして今も変わることなく私がめざし続けている 生き方のテーマ である。



とはいえ「天使のお試し事件」は、スピリチュアルの世界では小学生みたいにウブだった私にとって、大きなトラウマとなった。

そして実は・・・わりと最近まで、私は「天使」とか「神さま」が大キライだったのだ・・・。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます。

私も最近宇宙からのメッセージの通りに行動せず、自分にとってこの選択が今は一番最良だと思って選択したにもかかわらず、心のどこかで不安になっていました。

なにか悪いことがおきるんではないかとビクビクしているところがありました。

瑠花さんの、ブログを読ませていただいて、そんなことはないと思えました。

今の私にとってとてもタイムリーな内容のブログです!

ありがとうございます。
感謝。。

フラワー | URL | 2007年12月23日(Sun)08:37 [EDIT]


フラワーさんへ

お役に立てて嬉しいです♪
いろいろな方のオーラリーディングをさせていただくことを通して、どんな場合にも自由意思は尊重されているってことを再確認させられている感があります。

宇宙からのメッセージだって、その通りに行動させるためではなく、何かに気づいて欲しいから過激なメッセージを送ってるのかもしれない・・・やっと、そんなふうにも捉えられるようになりました。

ところでフラワーさんと出会ったのって、ちょうどこの問題で悩んでる真最中のことだったんですよ〜。お互い・・・成長・・・したのかな!?

瑠花 | URL | 2007年12月23日(Sun)12:18 [EDIT]


視える人に言われたコトバは

いいことよりも悪い事を言われた時の方が衝撃が大きいというか、心にずっと引っかかるものですよね…(汗)それがさらに、悪意ではなく良かれと思っての身近な人の発言だと特に…(汗)
私がいろんな人に公私共に聞きまくった(^^;)のはそもそも恋愛問題だったのですが、1年たってみて一番よかったというか、今後の指針になるなぁと印象的だったのは、昨年12月に会った20代そこそこの女の子と、今月にあった30代のセミナー講師の方でした。
女の子は心理学も勉強していたせいか、先まで見えていても自分の言葉の影響を考えて全部は言わず、あくまで「思ったことが実現するから」と私に行動の主導権をとらせるように始終仕向けてくれていたフシがあります。それでも他の人に聞いた、自分にとっては不幸な霊視に振り回されて結局自身暗鬼におちいってっしまったのですが… 一方、セミナー講師の方には一人ずつ聞きたい事を聞ける機会が設けられたので「不幸な霊視」の話をしたら「それはその人が上から言わされている、その言葉を聞いてどうとらえるかは本人次第」と=。
…今でもまだまだふらふらすることはありますが「自分の人生の主人公は自分だ」と言う事をこのお二人に教えてもらった気がします。
ま、それにしても霊視できる方は、ドキッとすることはオブラートにくるんで話て欲しいもんです~(^^;)
そうそう、実は私も今年早々まで「天使って日本人には変~」とか思ってまして、妙なご縁で参加することになったセミナーで中森じゅあんさんに「日本人なのになんでエンジェルと関係があるんですかぁ~??」と恐れ多い質問をしておりましたです(^^;)

るん | URL | 2007年12月23日(Sun)13:34 [EDIT]


るんさんへ

> 自分の言葉の影響を考えて全部は言わず
人を癒す立場の人は、そうありたいものですよね。
私、たぶんオーラリーディングを対面ですることはないと思うんです。ストレートにリアルタイムにコトバが伝わってしまうから。
いまメールでリーディング結果をお伝えする限りでは、受け取ったメッセージをまずそのまま書き起こし、送信前にそれをペンデュラムでチェックします。そして伝えてはいけないことを外した上で、送信しています。

>「不幸な霊視」
全くそのとおりで、上の方から言わされてるだけなんですよね。ということは同時に、るんさんがその不幸なメッセージを消化し排泄することで成長できる♪って、上の方から認められたからなのかもしれませんよ!!

>「天使って日本人には変~」
ハハハッ!! このブログのシリーズ、たぶんそのあたりのことも、これから書くと思います。もしかしたら過去記事を楽天から移植してきて、リンク貼るかもしれません。

いつも、るんさんのコメントには感謝してるんです。ディープな話題なのに、他の読者の方にもシェアできるカタチで書いていただいて、本当にありがとうございます。v(^o^)v

瑠花 | URL | 2007年12月23日(Sun)13:45 [EDIT]


瑠花さんこんにちわ!
シリーズをずっと読ませて頂いてます。
実際お話をしていただいた部分も含め、今の自分にとってとても響くものが多いです。
これは同じような経験をしている、していないに関らず「メッセージを受け取りどう解釈するかは自分次第」ということに気づく事が出来ます。
この時期に瑠花さんが記事として書いてくださったこと、感謝しています。

私も最近リーディングをさせていただく機会が増えました。その中でやっぱり伝えていけないことってあると思います。自分で見極めるのは際どいですよね。これからもペンジュラムちゃんで確認してから、にしたいなって思います。
色々お話したいこともありますので、今度メールしますね♪

ぷーすけ | URL | 2007年12月23日(Sun)18:39 [EDIT]


私の方こそ

瑠花さんのブログでいつも勉強させてもらってます♪

>るんさんがその不幸なメッセージを消化し排泄することで成長できる♪って、上の方から認められたからなのかもしれませんよ!!

↑な、ナルホド~!!
そう考えると、思わぬギフトですね!!☆
なんだかわくわくしてきました!(^^)

るん | URL | 2007年12月23日(Sun)19:46 [EDIT]


ぷーすけさんへ

そもそも、開業カウンセリングをする以上は、自分自身がどこに立っているのかを、自分として明確にしときたいな〜!という気持ちでスタートしたシリーズだったのですが、気がついたら、どんどん深いテーマになってきました。この年末に、私自身の大掃除をしている感じがします。

メッセージ・・・自分に起きること全てがメッセージなんですね。
それと同時に、リーディングしている時に自分に起きたこと(たとえば電話で中断されたり、おなかがすいたり)も全て、相手の方にも関係のあるメッセージなんですよね。

オーラリーディングをさせていただくようになって、全てのことはシンクロしていることを感じるようになりました。そして、私にかつてメッセージを伝えてくださった方たちにとっても、私という存在と交流したこと自体がメッセージだったんだろうな・・・と。

ギャァ〜〜〜ッ!! どんどん深く潜って、ワケわかんなくなってきた〜(苦笑)

瑠花 | URL | 2007年12月24日(Mon)01:34 [EDIT]


るんさんへ

> なんだかわくわくしてきました!(^^)
このフレーズを読んで、なんだか元気が湧いてきました〜☆彡

今夜さらに2話をアップしました。どうやら私、このクリスマスというタイミングに、ちょっぴり敬虔な気持ちになって、自分自身の意識の大掃除をしたがっているみたいです。

瑠花 | URL | 2007年12月24日(Mon)01:37 [EDIT]