スピリチュアルとサイキック(続・瑠花とスピリチュアル-#1)

昨年末「シリーズ:瑠花とスピリチュアル」「完結編」をクリスマス・イヴに、「番外編」を12月30日に書いたけど。

あれから半年・・・私も成長したらしく(笑)あの時に答えの見つからなかったテーマについて、少しずつわかってきたこともあったりするので・・・機をみてこのブログにアップしていこうかな?なんて思っています。

まず、初回の今夜は スピリチュアルとサイキック について:

今年の1月頃、そろそろ開業を視野に入れていたクライアントさんにメールセッションさせていただく機会があったのですが、その時のメール往復を通して下りてきた気づきです。

まずはリーディング時に受け取ったメッセージから抜粋・編集してお届けします:

 それは、サイキックな能力とは異なる
 自分の心の深いところから発せられる声を
 正しく聞き取れるようになることが
 真のスピリチュアルなのだから

 スピリチュアルとは、生き方なんだ
 仕事や能力ではない
 何をどう感じるか、それがスピリチュアルなんだ

 そして、スピリチュアルは、
 地上生活があってこそのものなんだ!



そして、さらに2月頃、また別のクライアントさんとメールセッションさせていただいていた時のこと。
私の場合、特にリーディングを意識せずにメールしていると、時々ハイヤーセルフから自動書記みたいに書かされていて、その内容は相手の方だけでなく私自身にとって必要な情報だったりするのですが:

 スピリチュアルというのは「生き方」であって、
 サイキックというのは、上からのメッセージを受け取る「能力=ギフト」である
 そしてサイキックは選ばれた人だけに与えられたギフトではなく、
 誰もが素質を持っていて、スイッチをONされる時が来るのを待っている



この概念を自動書記みたいにタイプした瞬間、やっと私の中でモヤモヤしていたものが整理された気がしました。

そう、サイキックと呼ばれる人たちは、単に他の人より少しだけ早くスイッチが入っただけ!

そして「サイキックな能力を持っている」とは、高次元からの情報(多くは直感とかシンクロとして届く)を顕在意識にジャマされずに受け取るパイプに徹することのできる能力と、これはシリーズ「完結編」の後半にも書いたけれど、受け取った情報を信じる能力の個人差だけなのであれば、いま私は堂々とここで宣言しちゃいます:

 瑠花は、サイキックです!


ただし、これは私なりの定義であって、たったひとつの正解ではありません!・・・というか、目に見えない世界とは、たった1つの正解というものが存在しない世界だと、私は信じています。

そして私は、このブログやサイトを通して、スピリチュアルもサイキックも選ばれた人だけのものではない。人間なら誰でも潜在能力として持っている能力だから怖がる必要はない ってことを伝えていけたら・・・と思っています。


これまでも、そして、これからも!




予告:この続編として、今度こそ必ず、以前から引っ張ってたリーディングの件を書きます。アップします!!


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

スピリチュアルというは

「生き方」っていうのは正に同感です(^^)/
例えばお米を研ぐ事一つをとってみても、その他の事にしても、日々の何気ない生活の一つ一つを「こめて」生きる事ってのはとてもスピ的だなぁ…と感じることが多かったので…

それと、サイキックが全ての人に与えられたギフトだというのが嬉しいです♪最近、そのギフトを受取りたいと思っている自分を実感するので☆

リーディングの件のUPも楽しみにしています♪♪

るん | URL | 2008年05月24日(Sat)00:33 [EDIT]


るんさんへ

たった今、ず~~~~っとお待たせしちゃってた記事をアップしました。
日付変更線を超えてたけど、23日付でアップしちゃいました~(笑)

ここ最近オーラリーディングさせていただいた数名の方を通して、サイキックな質は誰にでもあるってこと、そして今そのことを伝えていかなきゃいけないタイミングであることをヒシヒシと感じ、やっとブログに書くことができました。るんさんのタイミングとも合ってたこと、とても嬉しいです♪

るんさん、いつもタイムリーにコメントくださって、本当にありがとう♪
とっても励みになってるんです。心から感謝です。v(^o^)v

瑠花 | URL | 2008年05月24日(Sat)01:35 [EDIT]