シンボルへの敬意(瑠花とスピリチュアル:レイキ編-#7)

なんだかんだで半月以上お休みしてしまったこのシリーズ、書ける時に書いてアップしなくちゃね♪

今日は、レイキのシンボル(そしてマントラ)って、本当はもっと神聖なものとして扱われてもいいのに・・・ってあたりのことに加えて、シンボルに関するちょっとしたエピソードを!

前回までのインデックスは、下記のとおり:

  瑠花とスピリチュアル:レイキ編
  プロローグ 「西洋式レイキの原点と出会った日」(08.09.06)
  シリーズ#1「遠隔ヒーリングを考える」(08.09.07)
  シリーズ#2「なぜ、誰の了解を得ればいいの?」(08.09.08)
  シリーズ#3「遠隔アチューンメントを考える」(08.09.09)
  シリーズ#4「レイキ一括伝授を考える」(08.09.13)
  シリーズ#5「太陽とアチューンメント」(08.09.14)
  シリーズ#6「レイキ転校生」(08.09.15)


・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


何でも理屈で説明できないと納得できない私・・・4年前テキストを編集してた頃、いろいろと調べるうちに、こんな結論に行き着き、私が SYMBOL BOOK と呼ぶテキストの裏表紙には、このように書いている:

  シンボル(Symbol)は
  特定の周波数をもつ形のことで
   (中略)
  マントラ(Mantra)は、
  不思議な霊戒を秘めた言葉のことで
   (中略)
  シンボルとマントラにより引き出された
  磁場エネルギーの力をかりて
  時に超能力者に匹敵するようなことも、
  レイキでは可能になるのです。

さらに、講習では、こうお話ししている:

  シンボルとは、たとえばピラミッドはどんな素材で作られていようと、
  誰が作ろうと、その中にいれた物の鮮度が保たれる等、不思議なパワーを発揮する。
  その理由は、最初にピラミッドというカタチを作った人が、
  このカタチにはそのチカラを宿らせると、宇宙と約束したから。
  レイキのシンボルも同じことで、臼井先生が宇宙と約束したから、
  4つのシンボルに、それぞれ4つのチカラが宿っている。

そして、セカンドディグリーを受講したその日から、セルフヒーリングの時間が半分になったり、遠隔ヒーリングができるようになってしまうのは、すでに臼井先生がシンボル(とマントラ)が特定のエネルギーを増幅することを約束しているから、シンボル(とマントラ)を使えば、誰もが約束されたエネルギーを引き寄せることができる!・・・そのように説明している。



そもそも臼井先生の時代には、シンボルもマントラも紙に書いたものを手渡されることなどなく、一切、門外不出だったという。伝授を受けた生徒は、その場であの複雑なシンボルを、メモをとることさえ許されず、ひたすら覚えたという。七実さん からは、そのように習った。だからこそ、私たちは臼井先生の心を引き継ぎ、レイキを修得していない人の前ではシンボル(とマントラ)を公表してはいけないと、かなり厳しいルールとして習ったし、私も講習ではそう伝えている。

それなのに・・・ (ここから、ちょっと余談)

4年ほど前、某サロンの某ヒーラーさんが、レイキのシンボルを公開するレイキ本を出版して、当時「シンボル暴露本」として話題になった。その是非が議論されるまでもなく・・・もう出版されちゃってたワケだし・・・ティーチャーによっては、シンボルだけ見てもアチューンメントを受け使い方を習わないヒトには使えるワケないんだから、あんな本は意味がない!と言い切る方もいらしたのだが・・・。

レイキは、エネルギー伝授ではなく、臼井先生の心までも伝えたいと考えていた私たちにとっては、なんだか裏切られたような気持ちだった。

実はそのサロン、瑠花のセッション・ルーム から徒歩5分圏内なのだ。・・・で、実は私、そのサロンで、レイキではないエネルギーワークの1日ワークショップを受けたことがあるのだ。

各自のニーズに合わせて完全個人レッスンでオーダーメイドされたワークショップでの体験は、私にとって非常に大きな学びだった。当時の私の悩みは、第7チャクラから第1チャクラまでタテのエネルギーラインが通っていないことだったので、その解消について相談したら、いくつかのワークを指導していただくことができた。そのうちのひとつである、グラウンディング~センタリングのワークは、レイキ講習の課外版として、あるいはコンビネゾン・セラピー・セッションの一部として体験していただき、大好評をいただいている。

そのサロン、素晴らしいヒーリングサロンなのだ。だからこそ、レイキの伝統をわざわざ否定した本が、そのサロンから出版されたことが、とても残念だった。

さて、余談は、ここまで。



ところで、シンボル(とマントラ)について、この「瑠花とスピリチュアル:レイキ編」を始めるキッカケとなった、レイキ歴17年の受講生さんによると、当時 三井 美重子 先生 から受講した時は、シンボルが書かれた紙など配付されなかったどころか、シンボルが板書されることもなかったという。私がアチューンメントの後にお見せした紙面をご覧になって「わぁ~~、こんなカタチだったんだ~!」との一声。17年前の講座では「タテ、ヨコ、ナナメ」の順番を、ひたすら最後の1人が暗記できるまで繰り返したのだそうだ!! ・・・すでにこの時点で、シンボルの秘匿性は、ずいぶんと甘くなってるのだ・・・

そして、さらにビックリ情報を聞いた!!

  17年前のレイキ講習の時点では、
  シンボルのみで、マントラは存在しなかった!

ちなみに受講生さんは記憶ちがいかも?と思って、帰宅後に、老舗的存在である某大手サロンで10年ほど前にレイキ受講したパートナーさんに聞いてみたところ、彼の受講時にはマントラは存在していたけれど、講習の中で「日本にレイキが逆輸入された当初はマントラは存在しなかった」と、確かに説明を受けた!とのこと。

うわぁ~~・・・

レイキも、日々、進化しているのだ。

シンボル公開も、サードまでの一括伝授も、遠隔伝授も・・・時代と共にレイキが変化したものとして受け入れていくべきという考え方もあるだろう。

でも、私はあえて、せめて私が習ったレイキを、これからも伝えていきたいと思う。



実は3カ月ほど前、レイキのテキストを改編しようかと思って見直したことがあった。

  でも、やめちゃった・・・。

決して、面倒になったからではない。いま改編したら、その後いろいろと学んだスピリチュアルに関する普遍的な情報を、思わず盛り込みたくなってしまうことに気づいたからだ。

レイキは、あくまで、私が習った直後の、私にとって原型とも言えるレイキ を、これからも伝えていきたいから!

その後に学んだことは、口頭で付け加えることにして、私はいまも、2004年に編集したテキストを、あえて使い続けている。




コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

シンボル バクロ本は

私がアチュを受ける前に、既に出ていたので、本をみて「あれ?秘密では!?」と思った記憶があります~(^^;)

そうそう、何人かのティチャーの方が言われてたのですが、慣れるとシンボルがいらなくなるってことらしいんですが…どういうことだろう??と思いました(^^;)瑠花さん、聞かれたことありますが?

るん | URL | 2008年10月07日(Tue)19:10 [EDIT]


タイトル変えちゃいました!

きのうこの記事をアップした時は、タイトルは「シンボルの神秘」でした。
でも、言いたいことって、ちがってたんだよね~。
今日になって適切なタイトルを思いついたので変更しちゃいましたッ!

瑠花 | URL | 2008年10月07日(Tue)22:03 [EDIT]


るんさんへ

あ~~~~ッ、そのこと、書こうと思いつつ、テーマがボケるので
書くのやめちゃった~(爆)
たぶん次回の記事に書くことになると思います。
お待ちくださいマセ。m(_ _)m

瑠花 | URL | 2008年10月07日(Tue)22:06 [EDIT]


伝わる愛

このシリーズからは瑠花さんのレイキに対する熱い思いと
愛がたくさん伝わってきます。

いろんな方がレイキ伝授されているけど
やっぱり伝授してもらうなら瑠花さんしかいないと思いました☆

Ya-Yo-Yi | URL | 2008年10月08日(Wed)01:37 [EDIT]


Ya-Yo-Yiさんへ

なんて嬉しいコメント♪・・・幸せです☆彡

ベストなタイミングで、またお会いできますように!!
(その時、センセーション トリコロールのセッション
 受けれたりしたら、ますます幸せです!?)

・・・って、いったい何を考えているのやら・・・

瑠花 | URL | 2008年10月09日(Thu)06:24 [EDIT]


西洋に伝わる前の霊気

時代背景や文化の違い、日本人としてアメリカの土地に住むということもあって、高田ハワヨ先生が伝えた西洋式霊気は、西洋に伝わる前の霊気と違う点や、後から付いてきたものがたくさんあるようですね。

私は西洋式を最初に学んだので、西洋に渡る前のレイキを学んだ時に衝撃的かつ霊気の心に触れ感動しました。レイキは霊気。分け隔てられることなく伝えられる日が来ることを夢見ています。

まりこ | URL | 2008年10月09日(Thu)07:42 [EDIT]


まりこさんへ

西洋に伝わる前のレイキ・・・まりこさん、学ばれたんですねッ!!
私も原点を知りたい気持ちがあります。でも、おそらく私のお役目は他にあるのでしょう。レイキについて深く追求するための時間も受講料も、いまのところ私には、宇宙から降ってきません(笑)

このシリーズを完結するためにも、まりこさんに直メールで、いろいろご相談したいのですが、なかなか落ち着いて考えをまとめる時間がとれずにします。でも必ず完結編を書きたいので、どうかお力をかしてくださいね♪

瑠花 | URL | 2008年10月16日(Thu)00:47 [EDIT]