ティーチャーとして伝えること(瑠花とスピリチュアル:レイキ編-#8)

なんか、このタイトルで書いちゃうと、最終回ひとつ前みたいな感じがするんだけれど・・・まだ何か伝え忘れてることがあるような・・・けど、ま、いっか(爆)

前回までのインデックスは、下記のとおり:

  瑠花とスピリチュアル:レイキ編
  プロローグ 「西洋式レイキの原点と出会った日」(08.09.06)
  シリーズ#1「遠隔ヒーリングを考える」(08.09.07)
  シリーズ#2「なぜ、誰の了解を得ればいいの?」(08.09.08)
  シリーズ#3「遠隔アチューンメントを考える」(08.09.09)
  シリーズ#4「レイキ一括伝授を考える」(08.09.13)
  シリーズ#5「太陽とアチューンメント」(08.09.14)
  シリーズ#6「レイキ転校生」(08.09.15)
  シリーズ#7「シンボルへの敬意」(08.10.06)


・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・★・☆・


楽天でブログを書いてた時代に、片思い的に尊敬してたレイキマスターさんがいる。

いま交流もないのに、いきなりリンク飛ばしちゃったらメイワクかなぁ・・・とりあえず遠慮しておいたほうがいいのかなぁ・・・

まだFC2に引っ越してくる前だから、2年以上前のことになるんだけれど、その方が記事の中で「レイキという名の元で天使やら何やらを伝えることは、レイキへの誤解を招くことになる」と指摘していらしたことがあった。そのマスターさん、もう過去記事を再構築してしまったので、その日に私が目にした記事を見つけ出すことはできないんだけど・・・それを見た時、ガツンっ!! とストレートパンチが飛んできたような気がした。

当時の私、まだヒプノセラピーオーラリーディングのセッションをしていなかったとはいえ、すでにフラワーエッセンスの講座の一環としてオーラとチャクラについてコースを持っていたから、つい講習の中でプラスαの解説を伝えたくなってしまっていた。それに気が向くと、クライアントさんがその日に惹かれるアロマを選んでいただき、それを焚きながらアチューンメントし、あとで選ばれたアロマのスピリチュアルな意味をリーディングすることもあった。

  コレって、たしかにレイキじゃない。
  レイキの中に、オーラやチャクラやアロマが含まれてるって
  誤解されちゃ・・・確かに困る・・・

でもね、レイキ講習の中で、厳密に言えばレイキじゃないけれど、レイキの各ディグリーの理解をサポートする情報は伝えていけたらいいな!と私が考えるようになった原点は、ティーチャー取得後にソワンさんから再受講した、レイキ・セカンドの講習だったのだ。

ソワンさん、いまは多忙のためかレイキ講座を開催していらっしゃらないけれど、私が受講した当時、レイキのファーストからサードまでの全講座にサトルアロマ(スピリチュアルアロマ)のリーディングが含まれ、さらにセカンドディグリーには催眠を使ったインナーチャイルド・ヒーリングが組み込まれていたからなのだ。

この講習の流れは、私の憧れのスタイルだった。でも・・・確かに、レイキじゃないよね。

でも、確かにソワンさんは、アロマもインナーチャイルドも、レイキであると誤解させるような説明は、一言もなかった。レイキと別ものであることはハッキリと理解できた。嬉しいプラスαのプレゼントでありながら、その講座の内容をより浸透しやすくするものだった。

  私も、プラスαのあるレイキを伝えたい!

  でも、私はレイキティーチャーなのだ。
  ティーチャーから習ったレイキを、なるだけ忠実に伝えていく役目がある。

結局、私は「これはレイキじゃないんだけど・・・」と口頭で断わった上で、関連あるプラスαのスピリチュアルを受講生さんに伝えることにした。レイキの一部であると誤解されないように細心の注意を払いながら。あるいは明かにレイキではないけれどレイキの大御所ティーチャーの書籍に掲載されていた情報については「大御所○○氏の本に掲載されてたことだけれど」と付け加えることにした。

そして、プラスαの情報についてはテキストに掲載しないことにした。このことは前回のブログにも書いたように、私が2004年以来テキストを改訂していない理由にも通じている。



この時に達した結論が、その後の レイキティーチャーとしての私にとっての指針 となっている。

だから、スピリチュアル全般で考えた場合にはOKになることも、時に、レイキとして伝える場合にのみNGになったりするのである。

  レイキは、愛だ!

もちろん、これこそが大前提である。でも同時に、先輩たちが伝えてきたレイキの伝統を、なるべくアレンジせずに次の方へとバトンタッチしていくことも、ティーチャーに求められる大切な役目なのではないか!と私は感じている。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年10月07日(Tue)23:00 [EDIT]


非公開コメントさんへ

メッセージありがとうございます。
自分自身のために、私にとってのレイキを見つめ直すために
スタートしたこのシリーズが、
少しでもお役に立てたなら、とても嬉しいです♪

これからも、どうぞ、よろしく!!

瑠花 | URL | 2008年10月09日(Thu)06:42 [EDIT]


同感です。

レイキの伝統をアレンジせずに繋いで行く。これはティーチャーとして大切なことだと思います。
私も伝授の際は、西洋式レイキとして伝えられていることと、プラスαの部分、そして私個人の意見などが混ざらないように注意をしています。

そして、「霊気をアレンジせずに伝える」という点で、最近の私は、西洋に伝わる前の霊気に対する想いが熱くなっています♪

まりこ | URL | 2008年10月09日(Thu)07:47 [EDIT]


まりこさんへ

別記事のコメント欄に書いたこととカブるけど・・・

> 西洋に伝わる前の霊気に対する想いが熱くなっています♪

きっと、まりこさんのお役目の中で、靈氣はとても大きなパートを占めているんでしょうね。

役割分担・・・まりこさんのような方と分担しながら、同じ時代に光の仕事をさせていただいていることを嬉しく思います。語り合う企画、なんとか実現します! もう少し待っててくださいね。m(_ _)m

瑠花 | URL | 2008年10月16日(Thu)00:58 [EDIT]


レイキ歴17年さんからコメントいただきました♪

このシリーズのキッカケをくださった彼女から、こちらの記事に、charingさんという名前で、コメントをいただきました。
http://rukaring.blog72.fc2.com/blog-entry-242.html

幸せな気持ちになれるコメントです。ぜひ読みに行ってくださいね!!

瑠花 | URL | 2008年10月16日(Thu)01:06 [EDIT]