聖母マリアさまから、白い百合に愛を託して・・・

最近なんか、ほぼ連日で記事更新できてますよね~ v(^o^)v

ってのは、既に書き上がっていて、クライアントさんからの掲載許可を待っていた原稿がたまっていたからなんです。

この記事も、5月21日の深夜に書き上げ原案をメールしてあって、掲載OKのご連絡をいただいたので、晴れてシェアさせていただけることになりました☆彡

とっても、とっても、ステキなメッセージです。
白い百合の花を通して、聖母マリアさまがくださったメッセージです。
大きな愛のメッセージです。

それでは、どうぞ!!



白い百合の花



私の部屋には時々、私自身はもちろんのこと、その時にご縁をいただいているクライアントさん全てにメッセージを届けるために、花が来てくれることがあります。

3月22日に私の部屋に来てくれた、4つのつぼみをつけた白い百合の花たちも、たくさんのメッセージを伴って次々とつぼみを開き、2週間ほど私の部屋に滞在してくれました。(この花たち、花屋さんではなくて・・・この時はお彼岸で洋花がいつもの花屋さんになくて仕方なくスーパーで買ったのですが・・・)

そして今日お届けするのは、3月26日、牡羊座の新月の前日にオーラリーディングさせていただいたクライアントさんのために届いたメッセージと、その後ふと気になって百合の花たちを通して聖母マリアさまにチャネリングした時のメッセージです。

そのクライアントさんに了解をいただいたので、このブログで皆さんにシェアさせていただくことができました。



まず、最初に、クライアントさんのオーラリーディングの時に届いたメッセージから、関連のあるところだけ抜粋でお届けしますね:


 聖母マリアより

 百合が花開きましたね
 あなたたち(注:クライアントさんと瑠花)の愛は、4つのつぼみだった
 2つがすでに花開いています
 そして、もうひとつ間もなく開こうと、つぼみがほころんでいます

 あなたたちの愛は、もう半ばまで来ているのです
 4つの花が開き切ったら終わりというわけではありません
 今の状態を伝えるために、
 このタイミングで花開くように、瑠花に準備させました

 あなたと瑠花の状況は、似ています
 2人の状態を伝えるために、
 私(注:マリアさま)は百合の花と共にやってきました





そして同じ日の夜、新月の数時間前、ふと気になったので、なぜ4つのつぼみだったのか聞いてみました:


 4は安定した数字だからです


最初に咲いた花(買った時に開きかけだった花)に聞いてみました:


 私は恋 熱い思いです
 エゴイスティックで、相手のすべてが欲しくなる
 人間の本能のような愛です
 私が全てではいけません
 でも、人間として地上に生きるなら
 私の存在は忘れないで欲しいのです



2番目に咲いた花(新月の前日に開いた花)に聞いてみました:


 私は情 相手を想う気持ちです
 無私の愛です

 いま、あなたたちは相手の喜ぶ顔を見るのが幸せで
 たとえば美味しいお菓子があったら、自分は食べなくても
 相手に味わわせたいと思うでしょ?
 子供を想う母の愛 それが私です



そして3番目の、ほころびかけたつぼみに聞こうとしたら、4番目のつぼみも一緒になって、百合の花全体が語りかけてきました:


 これから花開こうとしているのは、自分自身への愛です
 エゴイスティックな愛も、自己犠牲の愛も
 実は、真に自分を愛するに至っていないのです

 他者を愛すれば愛するほど、
 他者をもっと深く愛せるようになるためには
 自分自身を愛せていることが必要であることに気づきます

 この愛は、自己愛に見えるかもしれない
 でも、エゴイスティックな恋とは異なるものです
 もっと穏やかで成熟し、
 他者に奉仕するためにも自分を大切にし、自分を高めたいと願う愛です
 アートを通して、音楽を通して、言葉を通して
 宇宙の愛を地上におろす人の愛です

 そして4つ目の愛は、光と一体になる愛です
 亡くなる直前の人の透明感は、この愛に包まれているからです

 どうか、この愛を急がないでください
 あなたたちは、これから3つ目の愛のステージで
 この地球に貢献して欲しいことが山ほどあるからです

 恋して、愛した人を、3つ目の愛で包んであげていいのですよ
 そうすることにより、2人の関係は風通しよくなり
 2人が互いを高め合う、聖なる関係へと昇華していくことでしょう

 相手を愛するなら、まず自分を愛し、自分の波動を高めてください
 高い波動のあなたに包まれて
 恋人も、仕事仲間も、お客さまも、みなが深く癒されるのですから



このタイミングに、クライアントさんからリーディングのお申込みをいただいたことに、心から感謝したくなるようなメッセージを、私も一緒に受け取らせていただきました♪

写真は、新月の翌・3月27日の昼頃に撮影した百合たちです。

そしてこの記事を書いている今も!
新たに私の部屋に来てくれた白い百合の花たちが、私の背中から、いまご縁をいただいている全てのクライアントさんと、私自身と、滞在中のパートナーを見守ってくれています。




コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごい偶然!うちにも今、白い百合が飾ってあります。しかも、4つのお花が咲いています。

この百合は、イベントででただで頂いたものなんです。

めったに百合は飾らないので(いつも、薔薇かガーベラ)偶然にびっくりしました。

りんか | URL | 2009年05月27日(Wed)21:22 [EDIT]


りんかさんへ

キャァ~~~!!! ビックリ!!!!!

いま、りんかさんに直メールのレスしようとしたところなんです。
なにげにメールチェックしたら、このコメントが飛び込んできました♪

やっぱり、つながってる~ v(^o^)v

いま私の部屋は、先週来てくれた白い百合の、最後のひとつが咲いてます。

さて、今から、この前の返信しますね~☆彡

瑠花 | URL | 2009年05月27日(Wed)21:25 [EDIT]


3月30日に・・・

お久しぶりです(^^)
お伺いした時の百合の花ですね~。
あの時、すごく『助けられているなぁ』と感じていました。
4つ咲いていましたが、どんなメッセージだったのでしょうか~。

リーディングも何度も読み返していますよ。
読むたびに、新しいインスピレーションを得ています。

さかいともこ | URL | 2009年05月28日(Thu)22:37 [EDIT]


ともこさんへ

わぁ♪ ともこさん、初コメントありがとうございます☆彡

あれからもう2カ月になるんですね・・・。
思えば、ともこさんが来てくださった日が、4つすべての百合が咲いていた最後の日でした。
そのことに、とても意味があるように感じます。

いま私の部屋には、もうすぐお役目を終えようとしている百合が1輪、咲いています。
その百合にいま聞いてみたら:

 愛に終わりはありません
 たとえ我が身が朽ち果てても・・・

あの後、1輪、また1輪と、花たちは去ってしまったけれど。
4つ目の花が咲き終えて、そのすべてが枯れてしまっても、愛の学びは終わることなく永遠に続くものであると。

あの時の百合たちは、お会いした1人1人の方に異なったメッセージを届けてくれました。
そして、ともこさんのタイミングは、牡羊座の新月の影響下を離れ、牡牛座の太陽の影響を強く受けていた気がします。

天使として4つ目の愛をすでに体験してきた方が、いま大勢、地上に来てくださっています。
そして、そのような方たちには、肉体を持って生きることを愛し、肉体を使って相手を愛する、肉体を持って生きる三次元の存在だけに許される生活を満喫して欲しいと、百合の花たちは伝えたいみたいです。

・・・あれっ、この文章、いま私に書かせたの、どなたですか???

瑠花 | URL | 2009年05月29日(Fri)00:55 [EDIT]