瑠花と、Yokoと、パートナーと、癒しの仕事

Part1からの続きです。

20日の昼過ぎのこと。
ふと、Yokoとして、セラピスト瑠花のセッションを受けてみたくなりました。

相談内容は、仕事の行き詰まり感について。
いま何かの方向転換のために宇宙から調整を受けていることは感じてたけれど、それが何であるのか、日食と、その翌日の誕生日を控え、確認しておきたかったのです。

1人2役のセッションで、セラピスト瑠花が使ったカードのセットは:

  「大天使オラクルカード日本語版説明書付

瑠花がYokoのために引いたのは [ Spread Your Wings ] (翼を広げよう!~大天使アリエル~)でしたが、その前に2枚のカードがジャンピングしました。
1枚目: [ Gentleness ] (優しさ~大天使サンダルフォン~)
2枚目: [ Brilliant Idea! ] (素晴らしいアイデア!~大天使ウリエル~)

そして、瑠花になった私は、石たちにオーラリーディングでつながってメッセージを受け取る時と同じように、3枚のカードに順番に手をかざしてメッセージを受け取りました。
以下はその抜粋です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最初は、1枚目にジャンピングした、大天使サンダルフォン からのメッセージ:

 あなたの大切な人に、優しい気持ちを持って接してください
 あなたが苛立つ時、彼は傷ついているのです
 あなたのジャマをしているのではないかと感じながら
 彼は精一杯、彼ができることをあなたのためにしているのです

 彼があなたの隣にいることに感謝しなさい
 共に生きる時間を大切に
 たとえ明日、どちらかがこの世を去っても後悔しないくらい
 あなたは彼を愛し尽くしなさい

 どんなに素晴らしい未来が開けていたとしても
 それは現在にグランディングできていてこそ手に入るものなのです
 2人の時間にグラウンディングしなさい

 ほら、来た!
 (ここで彼からの電話が・・・)


そういえば、この2週間ほど「もう別れてしまおうか・・・」と思うような瞬間が何度かありました。でもこのメッセージを受け取って、私は思いがけないことに気づきました。

Yokoである時の私は、彼の存在が、かけがえなくて、愛おしくて、たまらないのです。なのに、ひとたび仕事が気になり始めると、つまり私が瑠花になると、彼がいるせいで仕事が進まないことへの苛立ちで気が狂いそうになるんです。そんな時、私は上の空で彼の話を聞き流しながら相槌を打っている。そうすると、彼は敏感にそれを察知して、まるで駄々っ子のように私の仕事のジャマをする。・・・私が誠心誠意、彼と向き合っていないせいで、余計に悪循環が生じているのです。

Yokoは彼を失いたくないんです。
だったら彼と一緒にいる間だけでも瑠花を手放してしまえば、Yokoは穏やかな気持ちで、「いま、ここ」にグラウンディングできるはず!

つまり、これまでの私は、常に私の中に Yokoと瑠花が共存 していたんですね。だから常にどっちつかず。Yokoとして過ごしている時間にも仕事がつい気になってイライラしたり、瑠花として遠隔の仕事に専念すればいいはずの時間にYokoが割り込んできたために気が散って仕事の効率が落ちたり・・・。

だったら、瑠花100%の時間と、Yoko100%の時間と、仕事とプライベートを別個の人格が生きる時間として区切ったら、私の中の2つの人格が、どちらもラクになれるんじゃないかしら!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

続いて、ジャンピング2枚目の、大天使ウリエル からのメッセージ。
これは、仕事に関する相談へのストレートな答えでした。

 最近、思いついたことを、いま一緒に整理してみようね

 まず、瑠花にYokoへのセッションをさせるということ
 とてもいい役割分担だ
 瑠花を、あなたとは別の人格として捉えることで
 客観的なメッセージを受け取ることができる
 これまで瑠花は、自分のリーディングはできないと言っていた
 でも2人に分けることで、瑠花はYokoのリーディングができるようになる

 しばらくカードで練習を積んだ後、7層リーディングにも取り組んでごらん!
 これから先どんなスタンスで、Yokoと瑠花が共存していったらいいか
 きっと答えが見つかるだろう



それでも、今日この記事を書くことへの迷いがありました。

私はこれまで「セラピスト瑠花」として発信し、私を「瑠花」と思って、クライアントさんはセッションを申し込んでくださっていたのです。なのに今さら「私はYokoです」なんて名乗ったら、まるで裏切りのように・・・「瑠花という仮面」を被って欺いていたように感じられてしまうのではないかという恐れがありました。

でも実際は、瑠花は仮面なんかじゃなくて、私の中に確かに棲んでいる「もうひとつの人格」なのです。単なる記号としてのセラピスト名をはるかに超えた存在なのです。

そんな恐れに対して、大天使ウリエルからのメッセージは、こう続きます:

 クライアントを失うことを恐れる必要はない
 瑠花は、Yokoと分離したエネルギー体となることで
 Yokoの肉体をかりて、ますますプロに徹したセッションをするだろう

 そして、ひとたびYokoに戻ったら、もう仕事を忘れなさい
 時間を区切る・・・これまで空間を区切ることに固執していたね?
 あなたが新月のたびに願っていたことへの答えが、これだ!
 パートナーが起きている時はYokoになって
 瑠花を、Yokoの肉体から追い出す
 そのかわり、パートナー不在の日と、彼が眠っている間は、
 Yokoの肉体を、完全に瑠花に開け渡す

 仕事の効率がアップするし、
 Yokoも心穏やかに生きられるし
 瑠花も仕事を離れた時は完全に休息することができる
 いいことづくめだ



実はひそかに、もうひとつ、もっと大きな恐れも抱えていたのです。もしも・・・瑠花をYokoの肉体から分離した「エネルギー体」だなんて書いたりしたら、瑠花が持っているサイキック&スピリチュアルな質までも私から離れていってしまって、この仕事を続けることができなくなってしまうのではないか・・・と。

でも、大天使ウリエルのメッセージを受け取って、そんな恐れも吹き飛びました!
瑠花とYokoが時間を区切って棲み分けることで、きっと瑠花は、これまでよりも波動の高いセッションを提供できるようになることでしょう。

さらに、大天使ウリエルからも、大天使サンダルフォンと同じメッセージをいただきました:

 パートナーをもっと大事にしなさい
 彼は、YokoがYokoとして生きることをサポートする存在だ
 もしパートナーがいなかったら、
 あなたは自分がYokoであることを忘れていただろう

 パートナーの仕事が決まらないのは、
 あなたをYokoに引き戻すためでもあった
 あなたがYokoとして生きることを思い出せば
 彼は四六時中あなたの隣に留まる役割を終え
 彼は彼の仕事へと飛び立つことができるのだ

 その結果生まれるのは、適度な距離
 瑠花と、瑠花の影に隠れていたYokoが、最も求めていたものだ

 意外かもしれないが、彼をいま大切にすればするほど
 彼と共に過ごす時間と空間に愛を注げば注ぐほど
 あなたが彼との適度な距離を取り戻す日が近づくのだ


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最後に、意図して引いた1枚のカードは、大天使アリエル からのメッセージ:

 あなたは誕生日を迎え、
 新しいチャンスに向かって羽ばたいていることを感じていることでしょう
 望むすべてが手に入ります
 視点を変えることで、
 あなたはすでに、全てを手に入れつつあることに気づくでしょう

 視点を変えてごらん!
 あなたの目の前には、すべての願いに通じる道が何本も伸びている
 あなたはその中の1本を選ぶ必要はない
 あなたは分身すればいい
 時間を区切る 時間で区切る
 区切った時間毎の自分に200%も300%もパワーを注ぎなさい
 そうすることで、あなたは全てを手に入れるのです


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



そして22日。日食も終わり、新月を迎え・・・

アファメーションを書き終えた後、すべてが吹っ切れて、私の願いは驚くほどシンプルになっていることに気づきました。

あれほど切実だった、生活空間の外にセッション・ルームを持つことへの願いも、今回はもうアファメーションする必要がありませんでした。
視点を変えたら、瑠花とYokoが棲み分けることにより、カタチを変えて既に叶ってしまったことに気づいたからです。

春分の頃から引きずっていた停滞感が、スカッと霧が晴れたかのように・・・
センセーション・トリコロールで浮き彫りになった課題への答えを、4カ月後に、やっと受け取ることができました。


今日は7月23日。
生まれ変わった私・・・というよりは・・・再び生まれ直した私に!

  ☆ Happy Birthday ☆




ところで、まるでこの記事の伏線のように、前回の新月の頃から、このブログとは別に、新たなブログをコッソリと開設していたのです。

そのお知らせを、Part3としてお届けします!



コメント


管理者にだけ表示を許可する