高次からの情報のインプットとアウトプット(瑠花とスピリチュアル:単編)

新月前で忙しいのですが・・・(笑)

どうやら、このテーマ、そろそろ記事にまとめなくてはいけないようです。

大先輩から届いたメルマガを読んで、とても重要なことを緊急にお伝えしなければ!と感じたのですが、その前フリとして、この記事を先に書く必要を感じたので。

今日の記事、思い切り理屈っぽいです~(爆)
特にパソコンが苦手な方だとアタマが痛くなっちゃうかもしれませんが、サクッと読んでピンとこない方は、私とは異なる回路で既に感覚的にこの内容を理解していらっしゃる方なんです。

なので、眠くなっちゃったら、この記事はスルーしてくださいね~。(^_^;;)


☆。・。*・゜★・∴。☆。・。*・゜★・∴。☆。・。*・゜★・∴。☆。・。*・゜★


ドリーン・バーチューさんの書籍「エンジェル・ガイダンス―真のスピリチュアル・メッセージを受け取る方法」に、4つのクレアとして説明されている超感覚とは:

(A)クレヤボイアンス(Clairvoyance)透視=導きを映像で受け取る
(B)クレアオーディエンス(Clairaudience)透聴=導きの声を聴く(内なる声/他者の会話など)
(C)クレアセンシェンス(Clairsentience)直感・体感・虫のシラセなどで受け取る
(D)クレアコグニザンス(Claircognizance)ひらめきのように概念を受け取る

ここで説明されている超感覚って、高次の情報のインプット回路 のように感じませんか??

・・・私もずっと、そう思ってました。受け取り方の個性として、視覚型とか聴覚型とかあるって。そして受け取り方だから インプット だと思い込んでいました。

でも、コレってひょっとして アウトプット のことなのかしら???ということに気づいたのは、ローズ・ローズトゥリーさんの「エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう」を読んでのこと。

この本の145ページに下記のように書かれていることの意味が全く理解できず、考え込んでいるうちに、ふと上記を アウトプット と解釈したらどうかしら?と思いつき、そうしてみたら、なんだかストンと臓に落ちたんです。

ローズさんの本から、私が理解に苦しんだ箇所を引用すると:

エンパシー能力とエンパシー言語の違いを明確にするとよくわかります。エンパシー能力とは、意識を使って精妙体の一つ以上のレベルにアクセスする能力のことです。身体、マインド、知性、感情、スピリットなど、好きなところにつながれます。エンパスは、それぞれ好みの場所をもっているようです。
一方、エンパシー言語とは、自分の内面を表現する手段です。ですから、身体ワンネスを通して情報を受け取り、それを超感覚や透聴能力・・・・・・などを使って表現するのです。
エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう 」より引用


ヘッ??? ←コレ、最初に読んだ時の私の反応

実はこのテーマ、1年以上前に某クライアントさんとメールセッションしてた時に上手く説明できなくて「そのうち整理してブログにアップするからね~」と約束したまま・・・それっきりになってたテーマなのです。

決して約束を忘れてたワケじゃなくて、何度も説明しようと何時間もかけて努力してはみたのですが・・・途中で自分でもワケわかんなくなってメゲることを繰り返してました。感覚的にはわかってるつもりなんだけれど、コトバで説明するって、ホントに難しい・・・。

でも、今度こそ説明できそうです。v(^o^)v

この本は、ローズさんによって、エンパシー という能力に特化して書かれているので、ここでは「エンパシー能力」「エンパシー言語」と言われていますが、人によっては「サイキック能力」「サイキック言語」と言い換えたほうがわかりやすいかもしれませんね。
(エンパシーについては、ここでは説明を省略しますので、過去記事を読んでくださいね!

上記、引用文にある:

> エンパシー能力とは、意識を使って精妙体の一つ以上のレベルに
> アクセスする能力のことです。


で言うところの「精妙体」とは、要は、オーラのことです。
ローズさんは、オーラを、6つの層が重なり合ったものとしてキャッチしていらっしゃいます。

> 身体、マインド、知性、感情、スピリットなど・・・

これが、ローズさんが捉えたところの、オーラ各層なのです。

ちなみに私は、ローズさんと出会う前に、バーバラ・ブレナンさん が霊視する オーラは7層である という概念を学んでしまったので、私が感じるオーラは、どうしても7層になってしまうのです。ローズ・メソッドによるオーラリーディングを学んだ当初、2~3ケースはローズさんの オーラ6層スタイル に従ってリーディングを試みたけれど、どうしてもピンとこなくて・・・結局、最初に学んだ、バーバラ・ブレナンさん式の7層を順番にリーディングしていくスタイルに落ち着きました。
(オーラ7層については、コチラのページをご覧くださいね!

そして、主なエンパシーのタイプとして、ローズさんの書籍には:

(1)身体合一型(Phisical Oneness)
(2)身体直感型(Phisical Intuition)
(3)感情合一型(Emotional Oneness)
(4)感情直感型(Emotional Intuition)
(5)知的変容型(Intellectual Shape Shifting)
(6)霊的合一型(Spiritual Oneness)

が紹介されていますが、これがエンパシー能力を表わしているとのこと。つまり インプット回路 に当たるようです。つまり:

(1)と(2)のタイプは、オーラ1層(身体感覚)に周波数を合わせるのが得意。
(3)と(4)のタイプは、オーラ2層&4層(感情)に合わせるのが得意。
(5)のタイプは、オーラ3層(マインド=考え方のパターン)に合わせるのが得意
(6)のタイプは、オーラ5~7層に周波数を合わせるのが得意なのでしょう。

  合一型とは ワンネス とも呼ばれ、いわゆるウケやすいタイプ、
  直感型とは センサー とも呼ばれ、ウケることなくキャッチできるタイプです。
  ひょっとしたらこの2つの分類は、すでにアウトプットに該当するのかもしれません。


※私の場合は・・・自分がしていることがよくわかっていないのですが・・・どうやら(2)(4)(5)(6)を持っているらしいのですが・・・最近リーディングする時は、エンパスではなくサイキックのほうを使っているのかもしれないって気がしています。


そして、ここから先、高次の情報のインプットからアウトプットまで を、パソコンに例えてみたいと思います。

まず、エンパシー能力を使って情報を受け取る作業により、私たちは 高次エネルギー というデータファイルを、潜在意識というパソコンに取り込んでいるのではないかと思うんです。そこにアプリケーションソフトがなければ、届いたデータファイルを開いて確認することはできません。でも、インターネット回線というチャネルを通して、もしくはCDとかメモリスティックとかいうメディアを通して、ファイルが確かにパソコンに取り込まれるのと同様、高次からの情報も エネルギー という開いていないファイルのまま、私たちの潜在意識に取り込まれているのです。

そしてアプリケーションソフトには、ワープロソフトやら、画像処理ソフトやら、表計算ソフトやらがあって、届いたデータファイルを適切なアプリケーションソフトで開くことによって、データはモニターに表示出力されます。さらにそれをプリントアウトすることもできます。

同じように、高次のエネルギーというデータファイルを潜在意識というパソコンに取り込んだ私たちは、ここにエンパシー言語というアプリケーションソフトを使ってファイルを開くことによって初めて、高次のエネルギーというデータファイルを顕在意識で理解できるようにアウトプットすることができるワケなのです。そしてエネルギーとして受け取った高次からの情報を開くアプリケーションソフトが、ドリーン・バーチューさんが言うところの 4つのクレア・・・上記(A)~(D)・・・であると解釈したら・・・ふと、ローズさんの145ページの意味が理解できたような気がしました。

※私の場合は、視覚化するアプリケーションソフト(クレアボイアンス)は持ち合わせていない代わりに、キャッチしたエネルギーをポエムのようなコトバに置き換えて自動書記する翻訳ソフト(クレアオーディエンスなのかクレアコグニザンスなのか自分でもわからないのですが)を潜在意識のパソコンに持っているので、オーラから受け取った情報をコトバを使ってクライアントさんにお届けすることができているようです。


☆。・。*・゜★・∴。☆。・。*・゜★・∴。☆。・。*・゜★・∴。☆。・。*・゜★


ふぅ~~~ッ・・・

ローズさん書籍の145ページから引用した数行を、潜在意識へのインプットと顕在意識へのアウトプット という概念で整理することにより、1年ほど前にはなんとなくわかったかな?って感じだったことが、今日こうして文章化したことによって、やっと私の中で全てクリアになりました。

例としてパソコンを上げてしまったので、余計にわかりにくくなってしまった方もいらしたかもしれませんね。・・・ゴメンナサイ・・・

そのような方は、おそらくローズさんの書籍をマインドで理解する必要がないくらい、感覚でとらえられる方なんだと思います。

今日の記事は、私と同様(5)のエンパスを強く持っている若干理屈っぽい方々が、もし私と同じように上記引用部分の理解に苦労していらしたら、少しでもお役に立てたら・・・と思います。

※そして、このような記事を書いている時の私は、おそらくドリーンさんの言うところの(D)クレアコグニザンス を、アウトプットの回路として使っているのでしょうね(笑)



さて、この記事の続編ですが、私が「オーラリーディング」あるいは「カードリーディング」として行っていることは果たして何なんだろうか???ということに関するテーマです。

私に、この記事を書く必要を感じさせてくださった、そのメルマガの発行者の方に、これから引用の許可をいただいた上で続編を書きたいと思っています。

なので、掲載まで、いましばらくお待ちくださいね。




   ↑
1日1回、あなたからの応援エネルギーをお待ちしています♪





コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

分かるような・・・

こんばんはデス☆

アウトプットなんか分かるような気がします!!
難しいことが苦手なんですよね~私。

う~ん(汗)
かっこいいコメントもムリ~v-356

杏樹 | URL | 2009年09月16日(Wed)01:01 [EDIT]


杏樹さんへ

いつもコメントありがとうございます。v(^o^)v

杏樹さんはね、まさに直感でわかっちゃうほうのタイプだと思うんです。
こんな理屈なんかイラナイほうのタイプ。
たぶん私と異なるアウトプット回路を持ってる方なんだと思います。

ある意味、羨ましいくらい、カッコいいですッ☆彡

それでも、私の理屈っぽい記事を、なんとなく・・・でもわかってくださって、なんだか嬉しいです。

このテの記事、そんな年中は書かないので(だって時間かかるんだもの・・・)どうか退かずに今後もコメントしに来てくださいね~♪

瑠花 | URL | 2009年09月16日(Wed)19:07 [EDIT]


スッキリです!

わかりやすい説明ありがとうございました。

何か、メッセージやエネルギーが入ってくる感覚はあるんです。でもそれが何かを理解できずにいたんです。

データは受け取っているけど、表示するアプリケーションを持っていないか、処理能力が低いっていうの、
ああ、なるほど、そうだったのか!という感じです。

そして私は(4)と(5)を持っていて、特に(5)が強いタイプなのだとも思いました。

スッキリしました。
ありがとうございました。

イブ | URL | 2009年09月16日(Wed)21:22 [EDIT]


イブさんへ

ごぶさたしてます。お元気でしたか!!
イブさんも私と同じような回路の方だったんですね。
お役に立てて嬉しいです~ v(^o^)v

実はこの記事を書いた時、こんなことゴチャゴチャ書いって
誰にも届かずひとりよがりになってしまうのかな~という、
一抹の不安がありました。

この記事が、こうして1人でも、私と同じ回路の方が状況を整理するための
お役に立てたことを知ることができて、ホッとしています♪

でもね、繰り返しますけれど、こうして理屈っぽく理解できることだけが
優れているとかって意味じゃないんです。
この記事がピンとくるってのは、
オーラが見えるとか、チャネリングできるとかと全く同列の、
それぞれの個人に与えられた、宇宙エネルギーを受け取るための
回路のギフトなんです。

言い換えれば、オーラが見えなくても、チャネリングできなくても
もしもこの記事を読んでストンと臓に落ちるって方は、
それはひとつのサイキックな受信能力なんだと思ってくださいね☆彡

瑠花 | URL | 2009年09月16日(Wed)23:20 [EDIT]


すごくよく分かりました!

瑠花さん、はじめましてv-254
いつもブログを拝見しておりましたが
書き込みは初めてさせていただきます。

上記の内容、すごくわかりやすかったです!
パソコンを例にした説明、ストンと腑に落ちました。
私は、「これ」といったアプリケーションソフトをまだ知覚出来ていないのですが
これから持つことができるかしら…楽しみです。

さて、これから新月のアファメーションさせていただきます!
いつも参考にさせていただいています。
ありがとうございます!

cayoco | URL | 2009年09月19日(Sat)08:30 [EDIT]


cayocoさんへ

はじめまして! コメントありがとうございます♪

この記事、すごくわかりやすい方と、余計に混乱しちゃう方と
きっと両極端に分かれるだろうな~って思ってました。
こうして「臓に落ちた!」って言ってくださる方からコメントいただき、
記事にしてヨカッタな~と、とても満たされた幸せな気分です。

(4)のタイプって、ドリーン・バーチューさんの本の中でも
比較的地味なアプリケーションソフト(笑)だって言われてます。
でも、すでにcayocoさんは、このソフトは持っていらっしゃるワケだから!
いま振り返ると、私も長年、このソフトだけで生きてきたけど
何かを学びたいとき「持っててヨカッタ!」と思えたソフトでした。
ぜひcayocoさんも、このソフトを楽しんでくださいね!

そして、いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。
新月のパワーをかりて、欲しい未来を引き寄せてくださいね v(^o^)v

瑠花 | URL | 2009年09月19日(Sat)13:18 [EDIT]