瑠花のオーラリーディングの進め方

以前カードリーディングのモニターさんが、お申し込みのキッカケとして:

  なかなかどんなふうにして、リーディングしているのかとか、
  ヒーラーさんのリーディングに関する考え方などは
  知らせている方は少ないと思い興味を持ちました。

と書いてくださったことがあるんです。

  そうですかぁ~??
  公開しない方のほうが多いのかしら?????

私がどのようにしてオーラリーディングしているのか、こうしてブログやHPで公開したくなるのは、私の気持ちの中に:

  オーラリーディングって決して特別なことじゃないことを伝える以前に
  サイキックとは誰もが持っている能力であることを伝えたい

って気持ちがあるからなんです。

これまでセッションを受けてくださった方には機に触れて口頭で、もしくはメールでお伝えしているけれど、

   サイキックって、人間なら誰もが持ってる本能である!

って、私は思ってるから。(だからこそ、自分がサイキックであることを受け入れられるようになりました)

そして、この仕事をスタートした5年前から変わらない私のポリシーは:

  ご縁をいただいた方を怖がらせないスピリチュアルを伝えたい☆彡

ってことだったから。

お申し込みくださったクライアントさんと私のチガイは、ただほんの少し早く私が自分の能力を使いこなす方法に気づいた点だけだから。
クライアントさんもいずれ、その方に最も合った方法で、その方がギフトとして受け取ったサイキックな能力を使いこなす日が来ることを知っているから♪

そんな気持ちから、私は、私自身がどんなふうにオーラリーディングしているのかを、HPやブログで、できるだけお伝えしたいって考えているんです。

  読者の皆さんに、安心していただくためにも!!




さて、ここまでが前ぶり。

今日は、次のような質問をいただいたので、いい機会なので、私がどのようにオーラリーディングしてるのかをお伝えしちゃおう!と思い、この記事を書きました。

ご質問とは:

  「7層リーディングの場合
  リーディング終わった1層毎に結果を頂くことは可能ですか?」

結論から言います。ごめんなさい。原則として、できません。
理由は、私が以下のようにリーディングを進めているからなんです。




まず、7層リーディングでも、スポットリーディングでも、カードリーディングでも、パートナーが不在のタイミングを選びます。

カードリーディングなら、パートナーが1時間ほど外出した隙にサクッとリーディングできてしまう場合が多々あります。スポットリーディングだと、彼と睡眠時間をズラして、まとまった時間が2時間以上とれればトライします。

でも7層リーディングの場合、エネルギーの流れを重視したいので、パートナーが実家に帰ってる日を選びます。かなりまとまった時間、集中力をキープしたいから。

そんなワケで、7層リーディングは、非常にお待たせすることになってしまうんです。
ホラッ、いまも私がこうしてブログを書いてると、パートナーが構って欲しいらしくて、なんだかんだと絡んできます。こんな日は、リーディングはゼッタイにできません!!



スポットリーディングやカードリーディングは、たいてい、パートナー不在の1枠の時間でリーディングが終了します。そしてパートナーがワンルームの2メートルほど離れたデスクで彼のパソコンに向かって仕事やメールしてる時に、乱雑に勢いのまま書きなぐった手書きノートの内容をタイピングしています。

一方、終日パートナーが不在の日は、ひたすらリーディングに専念します。

7層リーディングのお申し込みが入ってる場合は、それが最優先の仕事になります。たいてい午前中にスタートして、途中で何度か集中力が途切れると、散歩に出たり、1人で外食したり、掃除洗濯などで気分転換したり・・・その後、またリーディングに戻り、またまた集中力が途切れると入浴したり昼寝したり・・・そんな感じでダラダラと1日がかりで7層を順次リーディングしていきます。

それでも余力があると・・・せっかく1人になった時間に書き起こしする気分にはなれずに・・・たいてい別の方のリーディングをスタートしてしまうのです。



そんなワケで、時間の配分からみても、リーディング結果を少しずつお届けすることはできないんです。

でもね、そんな外部的な事情だけでなく、エネルギー的にも、分断せずにイッキにリーディングさせていただいたほうが、深い領域からのメッセージを受け取りやすいことが体験的にわかってきました。

そのような理由から、7層リーディングで受け取ったメッセージを、少しずつお届けすることは、原則として行っていません。



とはいえ、すべてのことには特例があります。

たとえば、クライアントさん側の状況として、ある日程にその方にとっての特別なイベントがある場合・・・それは遠方の方が他の癒し手さんから対面セッションや何らかのコースを受講したり、あるいは職場での環境の変化の場合だったりします。

そのような時は7層リーディングの途中で、それ以上メッセージが受け取れなくなるんです。そして一連のリーディングの最後に「そこまで受け取った内容を今すぐクライアントさんにお伝えして、あとのリーディングは時間をおきなさい!」というニュアンスの、私宛てのメッセージを受け取るんです。

その場合は、即行リーディングをストップし、その旨クライアントさんにお伝えした上で、受け取ったところまでリーディング結果をお伝えします。

これまでに2例そういったケースがありました。延べ100件以上リーディングしてると思うので(いまデータベースで人数を検索したら75名を越えてました)その中のわずか2例なので・・・基本的に、メッセージを受け取ってその都度お伝えすることは、クライアントさんにとっても私にとっても、いい結果にならないのではないかと思います。



いただいた質問をキッカケに、私がどのようにリーディングしているのか・・・7層リーディングに時間がかかる言い訳も含めて・・・こうしてお伝えすることができたことに感謝します。



  ☆タイムリーにご質問いただき、ありがとうございました☆彡





   ↑
共感していただけたら、応援クリックお願いします♪






コメント


管理者にだけ表示を許可する