彼と、私と、ペンデュラム  (クリスタルヒーリング受講記-#3)


★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★


   バックナンバーのご案内:

   瑠花とスピリチュアル:クリスタルヒーリング受講体験編
   略称:(クリスタルヒーリング受講記)

   #1 プロローグ ~出会い~
   #2 ペンデュラムでヒーリング!

★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★



帰宅すると、飲みに行く約束を楽しみにパートナーが待ち構えていました。
なので受講当日は全くヒーリング練習できず。

そして翌日から、パートナーを練習台に他者ヒーリングの練習が始まりました。

受講の1カ月ほど前から、夜寝る前(いや、パートナーが夜の飲酒タイムに突入する前か・・・笑)に、マッサージかレイキするのが習慣になっていたのです。私はマッサージは習ったことがないのですが、長年エステや保険の効く整骨院系マッサージに通い続けていたせいか、なんとな~くコツをつかんでしまったらしく、パートナーにはなかなか好評なのです。

その延長で「マッサージの代わりに、習いたてのクリスタルヒーリングの練習してもいい?」と聞いたら、即行OK。

翌日からは、彼のほうから「マッサージよりクリスタルヒーリングのほうがいい!」とリクエストするほど気に入ってくれて、私の部屋に宿泊してる日は、ほぼ連日クリスタルヒーリング!



そして数日目、私自身も慣れてきた頃のこと・・・。

いつものようにうつ伏せ姿勢で(彼のこだわりで、仰向けよりうつ伏せのほうが効くように感じるというので)ペンデュラムでヒーリングしていたところ、彼が「人間のカタチをした黒いものがたくさん見える」と言い出すのです。

彼は視覚タイプ。ビジョンを見るのは初めてではありません。
そして私は視覚タイプではないので、彼に見えているものが、私には見えません。

その黒いものが彼の内から外に出てるのなら、浄化だから問題ない。
でも彼に確認したら、大部分は外へと出ていくけれど、戻ってこようとしてるヤツもいるというからタイヘンです。

そして、もうひとつ、深刻な問題が・・・
その日に限って、私は、グラウンディングストーンを配置してなかったのです!

正直、動揺しました。
でも、この仕事を5年以上も続けていると、ドキッとする出来事は初めてのことではありません。

彼に「自分にとって不要なエネルギーは光に帰っていただきありがとうございます」というアファメーションを繰り返すように指示して、大急ぎでグラウンディングストーンをレイアウトし、フラワーエッセンスで結界を張って、私自身もプロテクトのフラワーエッセンスを飲んで、彼と一緒にアファメーションを繰り返しながらペンデュラムによるヒーリングを続けました。

そのうち彼が「もう黒いものは見えなくなった。出し切った気がする」と言った頃、同時にペンデュラムもヒーリングの終了を示したので、感謝してセッションを終了し、電気をつけて、寝室からリビング(いつもセッションルームに使ってる部屋)に移動しました。

彼の感想は「悪いものが出し切れてスッキリした気がする」ということだったけれど、彼にグラウンディングワーク(レイキ・ファーストでご紹介してるアレです!)を誘導し、それから呼吸法でオーラ内に残っている古いエネルギーを吐き出すワークをしてもらいました。

  あのね、フツーなら吐き出す息はドス黒いでしょ?
  彼のイメージの中では、茶褐色だったんだって。
  ・・・ってタバコのタールの色だろが~(爆)

それから彼に浄化とプロテクトのフラワーエッセンスを飲んでもらい、私も同じエッセンスを飲み、彼には水晶のポイントを持たせ、枕元と足元に水晶を置き、さらに水晶のブレスレットを付けさせて・・・もう何でもいいから片っぱしからプロテクトです(笑)

ホッと一息ついた頃には、朝の6時。空もすっかり明るくなってました。
2人共フリーランスでホントにヨカッタ~ (*^o^*)



パートナーは、昨年の春、実家で階段から落ちてから腰痛が続き、昨年の秋頃からしつこい腰痛と足のむくみに悩まされ続けていたんです。なのに、病院はおろか、私が通ってるマッサージに一緒に行こうと何度も誘ったけれど、全く聞き入れてくれず・・・

でも、この日の1カ月ほど前に「私が自宅でマッサージするならOK!」と受け入れてくれるようになって、全身の血行が改善されると共に少しずつ健康状態も回復してきたけれど・・・

翌日、いつになくカラダが軽くて清々しい気持だという感想を受け取った時、私がクリスタルヒーリングを学んだのは、もしかしてパートナーのためだったのか?とさえ思ってしまいました。

そして驚いたことに、この日のショッキングな浄化を境に、ものすごい勢いで健康を取り戻したんです!!



この経験は私にとって、大きな学びとなりました。

慣れてきたからといって手順を省かず、常に謙虚にヒーリングを行わなければならないということ。
グラウンディングがいかに大切かということ。
そして、直感の声に導かれていれば、イザという時もなんとか乗り切ることができるということ☆彡



一方・・・

がんばってくれたペンデュラムの表面を翌日よく見たら、私の元に来てくれた時にはなかったはずの、えぐられたような傷が・・・

そういえば初級のカリキュラムの中に、それぞれの石の波動をキャッチする実習があったのですが、その時このコからは「ヒーリング」というキーワードを受け取っていたのです。もしかしたらこのコは、パートナーを癒すために、私のところに来てくれたのかしら・・・。

ペンデュラムに、これからどうしたいのか聞いたら「いまはヒーリングの仕事はしたくない!」って。
(このコのその後については、中級の受講レポートの時にお知らせしますね♪)



そして・・・ペンデュラムとパートナーと私にとってこんな大事件が起きていた頃、同時進行で、磯貝先生との間で中級受講への話が進んでいたのですが・・・それは、またまた続編で!





   ↑
今回のエピソード、彼はケロッとしてたけど、私はチョッピリ怖かった・・・




コメント


管理者にだけ表示を許可する