願いを実現させるアファメーション

間もなく天秤座の新月ですね♪

なんとタイムリーに、レイキの受講生さんからアファメーションのしかたについてご質問をいただいたんです。

すぐ返信しようかと思ったのですが・・・いいチャンスだから、このブログを読んでくださっている皆さんにもシェアしようかな♪と思って。



まず、アファメーションは複数してもいいのか?という質問に対して。

もちろん、複数して構いません。それは、レイキの場合も新月の場合も同じです。
(ただし新月のエネルギーをかりて願望成就する場合は、ジャン・スピラーさんのアドバイスに従って、2つ以上10以下にしてくださいね)

複数のアファメーションをするというのには、2つの意味があります。

まずは文字どおり、2つ以上の願いを叶えたくてアファメーションする場合。

新月の場合も、レイキの場合も、もちろんOKです。ってゆーか、2つ以上のほうがいいのです。ジャン・スピラーさんが2つ以上10以下と提唱しているのは、ひとつの願いだけに執着することを避けるためなんだと、彼女の書籍「新月のソウルメイキング」には書かれていたかと思います。



もうひとつの意味は・・・私は超オススメなのですが:

  ひとつの願いを叶えるために、複数の角度やステップからアファメーションする

ってことです。

たとえば、天秤座といえば「結婚」をキーワードに持つサインだから、カップルの結婚に関する願いを例にあげると:

片思いしてる女のコが、相手の男のコと結婚したいと思っている場合、いきなり

「彼と結婚することができました。ありがとうございます♪」

なんてアファメーションしても、あまりに遠い夢物語です。

そんな場合は、最終的な願いとして上記のアファメーションをした上で、その最終目的に至るための小さな願いを、ステップを追ってアファメーションしていくんです。

分解して見ていきますね。

まずは「彼」という存在に執着せず、自分が結婚することを願うアファメーションとして:

「私が生涯、愛し合い尊敬し合い共に生きることのできる男性を見極めることができ、ありがとうございます」

こうすることで、片思い中の彼があなたにふさわしい人であるかどうか見極めると同時に、もしもチガウのなら、もっとふさわしい男性と出会うことを願うことができます。

そうしたら次は片思い中の彼との距離を縮める願い事を!

「○○さん(彼の名前)と、なごやかな会話を楽しむチャンスを自然なカタチで引き寄せられる私になることができ、ありがとうございます」
   ↓
「永遠のパートナーとなるべき人の前で、ありのままにふるまい、ありのまま愛される私になることができ、ありがとうございます」
   ↓
「○○さんと、2人にとってベストなカタチで生涯を共に生きることができ、ありがとうございます」

このように、「結婚というカタチ」と「片思い中の彼」の両方に同時に執着することなく、あなたにとってベストな結果を引き寄せることを願うアファメーションを複数行います。そして結果的に、もしも彼がベストなパートナーだったら自然と彼と結ばれるよう導かれることを願い、そうでない場合にはあなたにとってベストな相手と結ばれることを願うのが、上手なアファメーションなんじゃないかと私は思うのです。


上記は、天秤座にちなんで、結婚を例にして組み立ててみましたが、たとえば天職に導かれたいと思っているのに自分にとっての方向性が見えずに悩んでいるのなら、以下のような組立てになると思います。

まず大前提として:

「私の天命を知り、天職に携わることで今生の目的を果たすことができ、ありがとうございます」

こんな感じで人生の最終目標をアファメーションした上で:

「私が進むべき方向を見つけることをサポートしてくれる出会い(人でも学びでも)を引き寄せることができ、ありがとうございます」
   ↓
「私が天職に導かれるために必要な学びを得られる職場を見つけ、転職することができ、ありがとうございます」
   ↓
「仕事において、ベストなタイミングに次のステップに進めるよう、宇宙からのサインをキャッチできる私になることができ、ありがとうございます」

サクッと考えたら、たとえば、こんな感じ・・・かなぁ。



これまで5年ほど新月の願望成就アファメーションのシリーズをブログで続けてきたと同時に、それよりもう少し前から私自身のためのアファメーションを新月のたびに行ってきた経験から、いま私が感じているのは・・・

アファメーションによって欲しい未来を引き寄せるためには:

●自分が求めている物や人や事象に執着し過ぎないこと
●欲しい未来を手に入れるための手段は自分で限定せず宇宙に委ねること
●欲しい未来に迷いがある場合は、自分にとってベストな道に導かれることを願うこと

この3点じゃないかな?って気がしています。

いつからだったかアファメーションした紙をレイキ遠隔ヒーリングの方法で浄化して破り捨てる前に、データベースに転記して記録してあるんだけれど、過去の願いを振り返ってみると、自分では思ってもみなかった方法により願いが現実化していることにビックリすることが多々あります。

レイキの願望成就では

  ひとたび願ったら、手放しなさい!

と言われているけれど、この「手放す」って意味、非常に抽象的でわかりにくいですよね?

目に見えない世界に、たった1つの「正解」ってものは存在しないけれど、少なくとも私自身にとって「手放す」とは

  ベストな結果に導かれるよう、細部については宇宙にあずけること

だと感じる今日この頃です。





   ↑
うっそぉ~ 前回の新月から1度も記事アップしてないじゃん・・・(汗)




コメント


管理者にだけ表示を許可する