アファメーション:新月から48時間のタイムリミットをどう捉えたらいいの?

昨日、新月の時間情報の記事をアップしようとして最後の校正をしていた時、ふと、高次の存在のどなたかに質問することのリストを作っておかなくては!と思い立っていつもの(メッセージを受け取るための)ノートにメモし始めたら・・・

答えがそのまま届き始め、それを届くままに書き取ったら、記事1本分のボリュームになってしまいました~(笑)

その質問とは:

●新月の願望成就アファメーションを48時間以内に行う意味は?
●48時間以内にできない時、そのことに意味はあるのか?

その2点だったんです。

1年ほど前、48時間以内に間に合わない場合はどうしたらいいのか質問した時は、ガネーシャさまから答えのメッセージをいただいたのですが、今回私が知りたかったのは、「どうしたらいいか?」ではなく、むしろ、「なぜ48時間以内にアファメーションできないような現実を引き寄せるのか」 という理由のほうでした。

というのは、もう何カ月も前から、48時間以内のホントのギリギリ・・・タイムリミットの1時間とか2時間前にアファメーションすることが続き、先月の「1年の計アファメーション」に至っては、なんと48時間以内にアファメーションできなかったのです!!

時間がなかったのではなくて・・・
どうしても、アファメーションする気分になれなくて・・・

そうしたら、メッセージの送り手が高次のどなたか確認する間もなく届くままに書き取った答えは、下記のようなものでした:

オーラ上層で動いたエネルギーを現実レベルに定着できるまでに
それ相当の時間がかかったと考えればいい

それだけ大きなエネルギーが動いたから、タイムラグも大きくなって
集合的無意識パワーが働く48時間以内に間に合わなかっただけのことだ

むしろ自分自身のタイミングを優先すればいい
どうしても時間がとれない場合や
うっかり新月を忘れ48時間が過ぎた後に気づいた場合も
同じエネルギーが働いたと思えばいいのだ

そもそも8時間とか48時間とかいうのは、地上的な時間の目安にすぎないのだ

誰にとっても平等に、新月のリセットで、エネルギーチェンジは起きている
だが、それを「アファメーション」という言葉のエネルギーを使って
現実レベルに定着させるのに要する時間に関しては、個人差がある

おそらく新月のアファメーションを知らない者は、
無意識のうちに自分のタイミングで
紙に書き出すことはなくても、誰か親しい友に宣言するなどして
アファメーションしているのだ

あなたたちは、たまたまジャン・スピラーの呼びかけをキャッチし、
それを毎月の習慣にしたから
新月を強く意識しているだけなのだ

この「月のサイクル」に慣れてきたら
むしろ8時間とか48時間とかいった地上的時間制限を忘れ
ただ、新月の時には何らかのエネルギーが動いたことのみに意識を向けて!

そしてアファメーションは、あなたのタイミングで行うのがいいだろう
(1月30日 11:45am~11:53)



メッセージの最後のほうで、このメッセージがマーリンさまからのものであったことに気づきました~(笑)
(最近、なぜか「誰が」メッセージを送信しているのかはあまり重要ではない!と言われた気がすることが増えています。いずれ機会を見て、その理由についても聞いてみたいと思います)

ただし、このメッセージは、
新月の願望成就アファメーション上級編だと、私は思っています。
ご自身にとっての「月のリズム」が、なんとなく感じられる方向きのアドバイス!


これまで何年もアファメーションを続けてきた方でしたら、このメッセージにあるように、なんとなくアファメーションする気分になれない月は、まるで潮が満ちてくるかのようにご自身のタイミングが来るのを待つのもいいんじゃないかと思います。
(私も今回からは、焦りを感じたり、罪の意識にとらわれることなく、そうしようと思います!)

そして私は・・・たとえ自分自身が48時間以内にアファメーションしなくても・・・新月に関する情報をこのブログでお伝えするのが役目なのだから、これからも今までどおりにこのシリーズを続けていくつもりです。(^o^)



さて、今回はまだ「水瓶座の新月」に関するメッセージは受け取っていません。

どんな星読みメッセージが届き、どんなアファメーションへのアドバイスを受け取ることができるのか、とても楽しみです!




   
次は高次からの星読みメッセージ編でお会いしましょうね・・・たぶん(笑)



コメント


管理者にだけ表示を許可する