長すぎるボイドタイムと、どう折り合えばいいの? ~牡牛座の新月に向けて~

昨日アップした記事内で、ボイドタイムの長さの意味と、アファメーションをする上での対応方法について「質問事項」としてリストアップしようとしたら、いきなり返事のようなメッセージが届いたと書いたけれど、今日お届するメッセージが、その内容です。

ちなみに最近は、マーリンさまともメルキゼデクさまともつかない内容&語り口なんです。
もしかしたらお2人は非常に強いチームワークで結ばれて・・・???

あ、いま答えが届きました!
お2人のうちのどなたが発信人か・・・なんて考えずに、新月プロジェクト からのメッセージとして受け取って欲しいそうです。(笑)

それではメッセージをお届けしますね!


ボイドタイムを味方につけてアファメーションしてごらん!

ボイドタイムから生まれる混乱が
あなたの生活に思いがけない動きをもたらし
そこから、とんでもない展開が生まれる

いっそ1か月まるごと
ボイドタイムにアファメーションした事柄に振り回されることを楽しめばいいんだ
その結果もたらされた展開を、満月のときに収穫し
つぎの新月へ向けてムダをそぎ落とし・・・

そして次の新月で、全く新たなアファメーションでリセットすればいい

今回、新月から48時間以内は、まるごとボイドタイムに感じられるかもしれない
最後の12時間ほどだけが、ボイドタイムから外れている
それは、月が双子座に移動した後だ

今回はアファメーションを2段階で行うのも面白いだろう

これから新たに始めたいことや
思い切って変えたいことについては
あえてボイドタイム中にアファメーションする

何か月も前から続けているアファメーションで突破口が見つからない願いについても
思い切ってボイドタイムにアファメーションしてしまう

そして、変わらないことへの願い・・・
たとえば家族や仲間の平穏無事を願うアファメーションなどは
ボイドタイムが明けてから行うのもいいだろう

とはいえ、そんな「変わらないこと」への願いも、
各自が変わりつづけるからこそ互いの距離感が変わらずにいれることを
どうか忘れずにいて欲しい

全ては変化するから、そこから新たなエネルギーが生まれる

牡牛座は、定着サイン しかも土のエレメントに属す
地固めに適したエネルギーを持つサインだ

だが、宇宙は、せっかくゆすぶりをかけられ
変化のタネを蒔かれたばかりの人間たちに
いま小さくまとまってしまうことを求めていないのだ

人間ひとりひとりの心が安定し軸を取り戻せば、余震も収束するだろう
だが、いまの中途半端なまま軸が固まってしまえば
地球という魂は大きな成長をすることができず
やがて次の大惨事を引き起こすことになりかねない

宇宙は、そうなる前に
人間各自の軸についても、小さな余震を繰り返しながら
規道修正していけることを望んでいるのだ

そのためのボイドタイムだ
そのための、ボイドタイムをまるごと抱えた新月だ

今回は、そんな大きな宇宙の流れを知ったうえで
あえてボイドタイムに、思いつくままにアファメーションしてごらん!

やがてシーソーが止まる時が来るように
あなたの軸も、ブレない着地点を見つけることができるだろう
(4月30日 09:27am~09:43am)


ちょっと補足しますね! メッセージ内にある:

> とはいえ、そんな「変わらないこと」への願いも、
> 各自が変わりつづけるからこそ互いの距離感が変わらずにいれることを
> どうか忘れずにいて欲しい

これは、私が行っている センセーション カラーセラピー で、スプリンググリーンが持つキーワードのひとつである「永遠の愛」が意味することと同じであることを補足しろ!と、上から言われたので(笑)
(他のシステムの場合はターコイズのキーワードに含まれることが多いようです)

川の流れって、いつ見ても変わらないように見えるかもしれないけれど、でもそこを流れている水は常に流動していて、決して留まることはありませんよね? もしも水が流動することを拒んだら、川は、もはや川ではなくなってしまいます。

人間同士の場合も、変わらない愛を貫くために、2人共が変化を拒んでしまったら、そこでエネルギーは停滞して・・・2人は変わっていないつもりでも2人の間のエネルギーレベルは下がり、それは、川が川でなくなるのと同じように、もはや愛ではなくなってしまいます。

一方、2人がそれぞれ成長(=変化)しても、もし2人が同じ方向をめざし同じペースで変化を続けていれば、2人の距離と関係は永遠に変わることはありません。

スプリンググリーン(またはターコイズ)が象徴するのは、だからこそ「永遠に変わることなく続く愛の関係」なのです。

そのような意味から、たとえ「変わらないことへの願い」をアファメーションする場合も、それでも変化を柔軟に受け入れる姿勢は忘れないで欲しいということを、新月プロジェクトのお2人は補足して欲しいとのことでした。



ところで、何か月か前までは、新月後48時間以内にボイドタイムが含まれることが非常に少なかったのに、なぜ突然こんなにもボイドタイムだらけになったのか?・・・その理由を占星術の理論的に解説したとてもわかりやすい説明を、石井ゆかりさんのサイトで見つけました:

水瓶座の最終度数でがんばってくれていた海王星が移動することで、
月のボイドタイムが長くなります。
他の星の度数が若いので、
すぐにアスペクトを脱しちゃうんですね。
「2011/4/4-4/10 全体の空模様。」 石井ゆかりさんの「筋トレ」より)


前出、人間関係だけでなく、ボイドタイムも天体同士の関係性(アスペクト)により発生するものなのです。
そして、いま1人1人に起きていることも、すべては宇宙の壮大な流れの中で、どれひとつとっても欠かすことのできない重要なパーツとして綿密に計画されているのでしょうね・・・。




   
次にお届けするのは新月プロジエクトチームによる星読みメッセージです!


コメント


管理者にだけ表示を許可する