メルキゼデクの星読みメッセージ 〜蟹座の新月に向けて〜

新月は明日だというのに、今回もメッセージを受け取るのがギリギリのタイミングとなってしまってゴメンナサイ。m(_ _)m

どうやら私の新セッション・ルームが、メッセージを受け取る準備が整うのを待たれていたようなのです。

・・・昨日、新セッション・ルームで初めての対面セッションしました!・・・

きっと私にとって遠隔セッションのために新ルームを使っているだけでは、セッション・ルームのエネルギーが未完成だったのでしょうね。このあたりのことは、もしかしたら別記事にするかもしれませんが(笑)

でも、そのことに気づくことができたのは、これからお届けするメルキゼデクさまの星読みメッセージを受け取ってのことだったのです!
(今回も続けてマーリンさまからメッセージが届いたのですが、その切り替わりはハッキリとわかりました!)

それではお届けしますね:


キミはアセンダント上に
ドラゴンヘッドがあることばかりに気を取られていたが
やっと気づいたね!

今回はグランドクロスなのだ

カーディナルクライマックスとちがって、
言霊のエネルギーをかりて話題になったりしていないが
その一画を新月がつくっていることは、
ある意味ではカーディナルクライマックスよりも瞬発力があるのだ

ここでカーディナルクライマックスの説明をはさむといいよ!
(6月30日 10:18am〜10:20am)


今回は面白いパターンなのですが、こうして途中でリンクやら説明やらをはさむよう、メッセージを受け取っている真最中に指示が降りてくるのです(笑)

カーディナルクライマックスとは、カーディナルサイン(活動宮:牡羊座/蟹座/天秤座/山羊座)のうちの3つに、土星より遠方の天体(動きが遅くジワジワと影響を与える星たち)が入ってTスクエアを作っている配置を言うらしいのですが、明確な定義がなく、木星も含める占星術師もあるとのこと。

この新月のチャートを見ると・・・厳密に言えばTスクエアではありません。オーブ=誤差が、ほんの少しだけ広すぎるのですね。
(とはいえ、前後にはピタッとTスクエアになる瞬間があるはずなのに、なぜか昨年と比べて「カーディナルクライマックス」というキーワードでネット上でヒットする今年の記事が極端に少ないのです・・・なぜなのでしょうね?)

ただ、「グランドクロス」と言い切るにあたってもオーブの問題はあるような気がするのですが・・・何か定義があったよなぁ・・・とりあえず石井ゆかりさんも「グランドクロス」と呼んでるし・・・占星術は専門ではないので、こんなイイカゲンな説明で申し訳ありません~ m(_ _)m

昨年の夏「カーディナルクライマックス」と呼ばれていた配置と、今回のグランドクロスとの最大のチガイは、言霊のエネルギーをかりてエネルギーが増幅されていたか否か・・・みたいな気がします。

カーディナルクライマックスについては過去記事もご覧くださいね:

  → 「マーリンから、カーディナルクライマックスに寄せるメッセージ
  → 「獅子座の新月へ向けて、マーリンさまからちょっと一言!


さて、メッセージに戻ります!

しかもこの新月は、先月同様、日食新月だ
観測される地点が限られているためニュースになっていないとしても
占星術的に言えば、日食のエネルギーであることに変わりはない

今回の新月は第7ハウスで起きている
第7ハウスは結婚の室 そして蟹座は家庭を司るサイン
女性性・・・単なる見かけ上の美しさやセクシーさではなく
内面の真の女性性と向き合う好機と言えるだろう

さて新月時のアセンダント上のドラゴンヘッドは過去にもあったことを
キミは覚えていたね
今朝それが昨年の同時期であったことを過去のブログで調べてきたね

それにリンクするなり、引用しておくといい
(10:20am〜10:25am)


それは、去年の6月12日の新月に向けて、メルキゼデクさまから届いたメッセージのことのようです:

  → 「メルキゼデクから、星読みメッセージ ~双子座の新月に寄せて~

そして引用して欲しいのは下記のフレーズのようです:

  > アセンダントに位置するドラゴンヘッドが交流を招く
  > 過去世からの縁を引き寄せる
  > 出会い、触れ合い、対立し、バランスのとれた着地点を見つける
  >
  >    (中略)
  >
  > ドラゴンヘッドは過去世の扉を開く
  > ソウルメイトとの出会いは、その扉を超えてもたらされる
  >
  > ドラゴンヘッドは異次元との交信の扉も開く
  > 過去世だけでなく、高次であなたをサポートすることを待っている存在たちと
  > つながることを意図するのも、この新月にふさわしい願いだ


さぁ、先を急ぎましょう(笑):

昨年、カーディナルクライマックスの直前のタイミングで
アセンダント上にドラゴンヘッドを持つ新月を見た

意味は同じだ
だがキミの大好きな螺旋階段を思い出すといい
昨年ドラゴンヘッドに導かれ
あなたたちは今生の目的に向かって歩きだすための気づきを得た
それはカーディナルクライマックスにタネとして蒔かれ・・・
自分軸のテーマを探索する日々を経て・・・
大震災により、あなたたちのエネルギーレベルは大きくシフトした

そんなあなたたちが1年を経て再び
アセンダント上のドラゴンヘッドと出会う

今度のドラゴンは、
昨年芽生えたことを現実レベルに定着させるサポートをするだろう
昨年は漠然と願っていたスケールの大きなことが
今年に入って現実レベルで動きだしているのを感じている人も
多いのではないか?

ドラゴンヘッドは
過去世のアンチテーゼとしての今生の目的を達成することにシンクロする

今回はアセンダントとコンジャンクションしているとはいえ
新月の瞬間、第12ハウス=目に見えない世界を司るハウス側に位置する

潜在意識の深いところにうずくまっていた
今生あなたが生まれてきた真の理由と直面することを願うといい
今なら、日食新月にチャージされたエネルギーのサポートも得て
かなり深い潜在意識へと光を当てることができる

そして同時に、
カーディナルサイン(活動サイン)をつなぐグランドクロスがもたらす緊張感は、
昨年のカーディナルクライマックスで
もしかしたら無意識に蒔いていたかもしれないタネを
現実化へ向けて大きく動き出させてくれるだろう

しかも本人を表す第1ハウスには、変革の星:冥王星が位置している

この新月は変革のエネルギーをダイナミックなまでに秘めている
それは、ずっと深いところでくすぶっていた漠然とした願望を
いよいよ表出させるエネルギーなのだ

ただし、変化は着実に一歩一歩進むだろう
天頂で、順行に戻った土星がグランドクロスを統治しているからだ

この変化は勢いで動いてはいけない
1人1人の変化が、周囲の人に、社会に、そして宇宙に
影響を与えやすい時だからだ
波動の法則がストレートに働きやすい時なのだ

幸運の星:木星は、第4ハウス=家庭の室で
天頂の土星とトライン(120度の幸運アスペクト)を作っている
土星のパワーを明るくポジティブなカタチで発揮できるようサポートしている

第4ハウスは蟹座の定位置
木星は新月とも、ごく弱いセクスタイル(60度の調和アスペクト)を作り
調和のエネルギーを送っている

ドラゴンヘッドも、木星同様
ラッキーな占星点と呼ばれていることも思い出して欲しい

この新月は緊張感が強いが、それがラッキーなカタチで働けるよう
天体はバランスをとっているのだ
(10:25am〜10:45am)



メルキゼデクさまのメッセージはここまで!

このあと引き続きマーリンさまのメッセージが続くのですが、そこまでイッキに書き起こすとアップするのが夜になってしまいそうなので、とりあえずメルキゼデクさまからのメッセージだけアップしておくことにします。





   
新ルーム、まだネット環境が整っていなくて不便です
でも寄り道やゲームしないから仕事がサクサク進むのです (^_-)





コメント


管理者にだけ表示を許可する