マーリンから春分の日のメッセージ ~牡羊座の新月を控えて~

今日3月20日は春分の日。
14時14分25秒に太陽が牡羊座に入り、占星術の新しい1年が始まりました。
(時間情報のソースは、いつも新月記事でお世話になっている、ホロスコープの無料ソフト アストロロギア

今日は春分の日のメッセージをマーリンさまから受け取れそうな気がして仕事部屋に来ているのですが、昼過ぎにアクセスしようとしたら「太陽が牡羊座に移動して新年が始まるまで待て!」とストップをかけられた気がしたので、今まで遊んでいました(笑)

さて、もう占星術の新年になってから1時間ほど過ぎたので、そろそろマーリンさまにアクセスするのにいい時間じゃないかな?と思います:

Happy New Year!
牡羊座はスタートのサイン
太陽暦、旧暦に続き、
今年3つ目の新年である占星術のニューイヤーがやってきた

新年の抱負は明後日の新月に譲ることにして
新月を迎える前に、今日春分の日にぜひとも済ませておいて欲しいことがある

それは、片付いてなくて心にひっかかっていることを
ひとつでもいいから新月前に片付けること!

いま新年を迎え、昨年からひきずっている想い(重い)を
ひとつでもクリアしておくことで
新しい風が気持ちよく流れ込んでくるのだ

それは心の大掃除の「とっかかり」に過ぎないかもしれない
だが新月を迎える前にそれを終えておくことで
新しい1年、物事を溜め込まずに次々と手放していくことに対して
いい「クセ」をつけることができる

この春分は「所有する」ことと関係がある
こんなことを春分図(チャート)から瑠花が読み取れるワケはない(笑)
だから瑠花に後述するURLにある対談ページを読ませることで
そのことをインプットした

「所有」という概念
地上的に考えれば、物を溜め込むことに思われるかもしれない
だが我々にしてみれば、
いま届けたいメッセージである「所有」とは「手放す」こと
なぜなら、手放して空間をつくるたびに新しい風が流れ込んでいくからだ
そうすることで、目に見えないエネルギーの所有量は格段に大きくなる

我々が言うところの「所有」とはエネルギーのキャパを広げること
そのためには三次元である地上で所有している「物質」を
手放していく必要があるのだ

ひとつ仕事を片付ければ、そのための資料を捨てることができる
ひとつクローゼットを整理すれば、文字どおりそこに空間ができる
ひとつ粗大ゴミを捨てれば、そこに光のシャワーが流れこむ

新しい占星術の1年を迎えるにあたり
手放し上手になるための「はずみ」を、ぜひとも新月前につけて欲しいのだ
そうすることで明後日の新月に
あなたの心には本当に欲しい「何か」がすんなりと浮かぶことだろう
そうしたら、それを手に入れるために不要なものを手放す
新月を迎える前に、その「手放す」行為に「はずみ」をつけて欲しいのだ

どんな些細なことでもいい
大切なのは、その「手放す」行為を完了させることだ

さぁ、プチ掃除にとりかかろう!
終わらない大掃除ではない
テーマを絞り込んで完結させるプチ掃除を完了させて
リセットされた気持ちで新月を迎えて欲しい
(3月20日 春分の日 15:21~15:34)



マーリンさまからのメッセージにあるURLとは、
春分に関する、石井ゆかりさんと鏡リュウジの対談記事です:

→ 「1年の始まりは春分の日から!春分図から紐解く今年の流れ」(MYLOHAS編)
→ 「春分の日から始まる西洋占星術の新年! 今年の日本はどうなる?」(マイスピ編)

こうしてマーリンさまからのメッセージを受け取ってみると、私も昨年から片付いていない「心掛かり」がパッといくつも浮かびます。
でも、それに片っ端から手を付けて全てを中途半端で終わらせないことが大切なんですね!

この記事をアップしたら、確実に新月前にクリアできる事から手を付けていこうと思います!!





   ↑
新月にアファメーションしたいことへのアドバイスは
この記事をアップした後で届きそうな気がします(笑)




コメント


管理者にだけ表示を許可する