レイキと気付きと思い出した初心

今日の昼頃だったかしら?
パートナーが連日のように膝や腰の痛みを訴えるので、横になったまま膝に手を当てていたらス〜ス〜と寝息を立て・・・そして、なんとなく彼の潜在意識との会話が始まったのです:

     :パートナーの潜在意識  :瑠花の心の声


: 悪いのは膝じゃないんだ・・・

  (その声を聞いて足首に移動)

: なぜ、あなたの脚は、あなたを支えられないの?

: 現実が重すぎるから

: なぜ現実が重いかわかる? あなたがきちんと見ようとしないからよ
  冷静になって分析してみれば、決して重すぎる現実ではないはず!
  なにか道を切り拓く方法だって見つかるはずよ!

: 恐いんだ

: なぜ地に足をつけようとしないの?
  グラウンディングできてないから足腰が弱いんだよ

: なぜって、地に足をつけたことがないから
  すべてが上手くいってた時だって、僕は地に足のつかない世界に住んでいた

  (註:業界内でピラミッドの頂点にあたる仕事をしていました)

: どうしたら、あなたは地に足をつけて歩けるようになるの?

: あなた(瑠花)が一緒に歩いてくれたら
  あなたは速すぎる 僕には、ついていけない

         (以上は、思い出しながら7月10日の18:15頃に書き起したものです。)



ここまで会話を続けて、私は、セラピストという仕事に就いた最初の頃に考えていたことを思い出してドキッとしました。

彼の潜在意識との会話は、現実レベルで私が全てをセカセカと忙しく生きていることを言っているかに聞こえます。

でも、もっと深いレベルで、私は初心を忘れていたことに気付いたのです。

今でこそ、このブログでも、新月毎の高次とのチャネリングが恒例になりましたが、私がセラピストという仕事を始めた当初は、むしろ私自身もサイキックコンプレックスで、同時にサイキックアレルギーでした。

そして私は、「スピリチュアルは恐い」「選ばれた特別な人たちだけのもの」 と思って足を踏み出せない方たちに向かって:

  スピリチュアルとは、言い換えれば「本能」なんだよ!
  誰でも持ってる潜在能力を最大限に活かして自然に生きることなんだよ!

ってことを伝え、「スピリチュアルは恐くない!」 をコンセプトに活動できるセラピストになりたいと考えていたものでした。

もしかして最近の私、スピリチュアルな道をゆっくり歩いていきたい人たちのことを置き去りにして、リアルライフそのままの早足で生きているのかも??


パートナーのことは、以前から私にとっての「錨」=地に足をつけさせるために存在するというメッセージを受け取っていて、そんな彼の存在に感謝していたはずなのに・・・

最近の私は、彼の「ゆっくり」ペースに常に苛立っています。

もしかして、そんな私の最近の生き方って、私の仕事にも表れているのかしら??


ちなみにパートナーは「マスターナンバーのある男」です。
そして、ずいぶん前から「マスターナンバーのある男を、夫や恋人に持つ女性たちへ」というテーマで受け取るべきメッセージがあると高次から言われていたのですが・・・
(ってか、この「言い方」自体が、「スピリチュアルは恐くない」というコンセプトから外れてる気もしますが・・・ (>_<) )

なぜか、このような気付きを彼の潜在意識との会話で受け取った今日なら、「マスターナンバーの男」のメッセージを受け取れそうな気がして、セッション・ルームに移動してきた次第です。


で、受け取ったメッセージを「瑠花チャネル」にアップしました。
とはいえ、今日の彼の潜在意識との対話と関係あるような、ないような・・・

でも、きっと今こそお伝えするタイミングなのでしょうね:

→ 「マスターナンバーのある男を、夫や恋人に持つ女性たちへ

ここ何カ月か、ご主人や恋人のことで悩んでいらっしゃるクライアントさまの数秘をリーディングさせていただく機会が重なり、その男性たちは決まってマスターナンバーをチャートに持っていらっしゃって、「そんな相手とどう関わっていけばいいの?」というご質問をフォローメールでいただいていたのですが、上記URLにアップしたメッセージが、おそらくその答えになっていると思います。

なお、ここでは「マスターナンバーのある男」としてメッセージが届いていますが、おそらく、パートナーの男性のことで苦労していらっしゃる全ての女性に通じるメッセージになっているかと思いますので、気になる方は、ぜひ読んでくださいね!





   ↑
よろしかったらクリックお願いします♪






瑠花の数秘セッションについては、まだHPには掲載できていません。
コチラの記事をご覧の上、お申し込みくださいね!

→ 「告知:数秘の対面セッションを正規メニューとしてスタートします!





※瑠花からのお願い※
ここから下に広告(スポンサーサイト)が表示されている場合は
無料ブログのスペースをお借りして利用させていただくためのものです。
瑠花からの情報発信とは関係ありませんのでご了承ください。
   ↓

コメント


管理者にだけ表示を許可する