数秘とカラーのエネルギー対比を考える

先日・・・とはいっても、ずいぶん時間が経ってしまったのですが・・・ゴメンね m(_ _)m

数秘対面セッションを受けてくださった方、ご自身も数秘を勉強していらして、私から一方的にリーディング結果をお伝えするのではなく、互いの解釈をシェアし合うという、なかなかエキサイティングなセッションだったのですが・・・

セッション直後に、その方からご質問のメールをいただいていたのです。

その方が学んだ数秘では、数字毎に対応するカラーが決まっていたそうな。
カラーセラピストでもある瑠花は、カラーと数秘の対応をどのように捉えるか?というのが、ご質問メールの内容でした。

その答えは・・・

実はね、私も初期の頃は、

 → 数秘とカラーだけでなく、
 → カラーとアロマオイルとか
 → カラーとフラワーエッセンスとか
 → カラーと天体とか・・・

異なるリーディングツール間で相互に対応するルールを見つけたくて躍起になってた時期があったんです。

でも、チャネリングで解釈方法を高次の方々が教えてくださるようになった頃から、そのような姿勢で対比することを手放してしまいました。

理由は・・・やはり、どれだけエネルギーが似てたとしても、数秘も、カラーも、天体も、アロマも、フラワーエッセンスも・・・それぞれのシステムを構成しているメンバー?・・・なんていったらいいのかな?・・・天体なら、木星とか火星とか・・・その構成メンバーがそれぞれに異なると、ピタッと割り切ったかのように対応させることは不可能と感じるようになったからなんです。

たとえば【1】から(【6】を除く)【7】までの数秘なら、チャクラカラーに対応させることもできる。でも【6】という数字のエネルギーは、第6チャクラのエネルギーとはなにげに異なるんですよね。それとオーラ7層に関しては、チャクラカラーとは全く関連性がなくて、リーディングさせていただく方によって個別の色を持っていらっしゃいます。

数秘とカラーを対応させる方は多いみたいですね。はづき虹映さんも彼の著作の中で、【33】までのマスターナンバーを含む12のナンバーにカラーを当てはめていらっしゃるし。

でも、はづき先生は【11】に「シルバー」を対応させているけれど、私はむしろ【11】は、センセーション カラーセラピーのシステムの「スプリンググリーン」を感じるし・・・まだ意識してリーディングしたことはないのですが、もしかしたらリーディングさせていただく相手様によって【11】の色彩は異なって感じられるかもしれません。

そんなワケで、いただいたご質問メールへの、瑠花の答えは:

  「瑠花は数秘とカラーをピッタリと対比させることは考えていません」

ということになります。

でもね、先日フラワーエッセンスの講座をさせていただいた時に、受講生さんに:

「いずれフラワーエッセンスの上級コースでは、数秘チャートを書いて、チャート上の数字のネガティブや、数字同士のギャップを埋めるサポートをしてくれるエッセンスをリーディングする実習を取り入れて行こうね!」

とお約束したりして、複数のリーディングツールを(ピッタリと対比させるのではなく)複合的に組み合わせてリーディングすることについては、非常に積極的な姿勢で考えています!




   ↑
瑠花は数秘とオーラリーディングとヒプノ以外のメニューも
実は提供しているのですよ〜(笑)




瑠花の数秘セッションについては、まだHPには掲載できていません。
このブログのコチラの記事でご案内しています。

→ 「ご案内:数秘・対面セッション 内容改訂のお知らせ

それ以外の各コースについては瑠花のHPをご覧になってくださいね!



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なるほど

まさに私が感じていた違和感がズバリ。さすが瑠花さんの視点は教科書にはないですね(笑) 全てを当てはめるのは限界でも、繋がりやすい部分は引用したりクライアントさんがどう感じるか、自分がどう感じるかを大切にしてみます。  


まさに私は11ですが濃い緑よりも黄緑が好きで、まさに萌黄色が好きなんです♪チャクラも数秘に数字のまま当てはめようとすると、第6チャクラ以降が対応できず、占星術もですが書籍や流派によって色の扱いが異なります。


書籍も他に欲しい本が出てきそうなので、一緒に購入します。ありがとうございました^^

FUMIKO | URL | 2012年12月18日(Tue)11:46 [EDIT]


FUMIKOさんへ

直接ご連絡しなくてゴメンナサイね。
フォローメールでカンタンに返信できる内容じゃないし・・・
どうするのがベストかしら?と考えていたら
ブログ記事にすることを思いつきました!

せめて「記事にアップしたよ~」とメールするつもりが
その前に見つけてくださって、ありがとうございます!
私にとっても日頃感じてたことをコトバで整理する
いい機会になりました♪

瑠花 | URL | 2012年12月18日(Tue)13:23 [EDIT]