水瓶座の新月へ向けて 高次からのメッセージ

ワケあって(苦笑)時間がないので、高次からのメッセージだけ書き起してお届けしますね!:


待たせたね(笑)

瑠花は なかなかこのメッセージを受け取る時間をとれなかった
それは瑠花のプライベートの言い訳ではない
宇宙的な視野に立って見下ろせば
メッセージを届ける機が熟していなかったことを意味する

今回の新月は 実はドラゴンヘッド&テイルと関係がある

ドラゴンヘッド&テイルというと
日食や月食が思い出されることだろう
だが今回は
ドラゴンヘッドとテイルを結ぶオポジション(180度=対極)に対して
新月がぴったりTスクエア(90度の位置関係)を作っているのだ

Tスクエアとは 緊張感
バランスが崩れるのを待ち構えて エネルギーが大きく動きだす

日食や月食のように コンジャンクション(0度=重なること)することで
派手な天体ショーを繰り広げる時と異なり
Tスクエアは気付かれないところ — 非常に深い潜在意識において
今まさにエネルギーが動き出そうとしていることを表している

それは自分でも気付かない変化かもしれない
表面的には 昨日の続きの今日があり そして明日がやってくる
だが深いレベルでは
もはやこれまでと同じではいられない緊迫した糸が
プツンと切れて動きだすのを待っているのだ

深いレベルで切れた糸は
最初は気付かない程度の変化をもたらし
やがて変化が積み重なって
ふと気付くと まず精神面が大きく変容しているのだ

現実がドラマティックに変化するのではない
心の叫びから発して ついに変容の時を迎えるのだ

ショック療法的に変化するのが苦手だった人たちにとっては
じわじわと自分の変化を受け容れながら
手放していけるチャンスでもある

さて瑠花は先日 プレマ氏のボイドカレンダーを見て
ボイドタイムの谷間の11日に、わずか12時間強の間に
海王星→火星→水星と
月がコンジャンクションしながら渡っていくことに意識を止めた
その意味を 瑠花は「不安定」と感じたのだが
たしかに不安定でもあり
同時に 非常にパワフルなエネルギーの動きでもある

月は移ろいを表す
だが新月すなはち太陽とのコンジャンクションを経た月は
物事を実現へと導くパワーを帯びている
その月が まさにキャンドルサービスのように
3つの天体に太陽のパワーを渡していくのだ

太陽パワーを渡された天体が意味するところ:
海王星なら イマジネーションや直感力の向上
火星なら 実行力
水星なら コミュニケーション力やスピーディな展開
そういったテーマに関わる願い事の実現にパワーをかしてくれたり
いや むしろ 水瓶座的な願いの実現を
イマジネーション豊かに 行動力あふれ スピーディに実現できるよう
サポートしてくれるかもしれない

とはいえ めまぐるしくコンジャンクションする動きは
確かにエネルギーが不安定にもなる
このエネルギーの動きについては「ポジティブな不安定」と捉え
行動を起こすための導火線として味方につけたらいいだろう

さて 今回も新月と共にボイドタイムに突入し
2度目のボイドタイムが明けるのを待たずに48時間を終えるのだが
このようなボイドタイムのタイミングが毎月続くことは
ボイドタイムに振り回されないパワフルな軸を持って欲しいという
宇宙からのメッセージと捉えるといいだろう

ボイドタイムとの関わりは 新月の時に限らない
日頃から意識してみると ボイドタイムの時には
親しい相手 — 恋人や夫婦、親子、兄弟姉妹間で
ヒステリックに怒鳴り合うようなケンカが起きやすいことに
気付いている人もあるかもしれない

それは決して悪いことではない
そもそも「怒り」をネガティブなものと捉える必要はないのだ
最悪なのは 怒りのエネルギーを ふつふつと溜め込むこと
怒りをぶつけてしまうのは「浄化」になる

ただし毒を吐いた後は
これをポジティブな言葉で光に帰すのを忘れずに!
そうすることさえ忘れなければ 怒りは吐き出してしまったほうがいい
それで あなたのエネルギー体が軽やかになって
宇宙の波動と共振するほうが
品行方正でいるより はるかに宇宙への奉仕となるのだ

さて 水瓶座の新月だが
水瓶座といえば クールで知的なイメージだが
今回の新月の数秘を 誕生数として計算すると【9】になる
水瓶座には 友愛・博愛 というキーワードもある
今回の新月は クールさよりも
むしろそちらにスポットライトが当たっていると思って欲しい

【9】のエネルギーとは 無限の広がり
一見 理路整然とした 水瓶座とは相容れないよう見えるかもしれない
だが 水瓶座の理想主義 そして人類愛は
まさに【9】のエネルギーとも言うことができる

同時にドラゴンたちとのTスクエアを思い出して欲しい
非常に深いところで じわじわと進行する変化
その深さ・曖昧ささえも受け容れながら
水瓶座のテーマである自由・平等を見つめた時
その自由は どこまでも枠を外して制限を手放していく
【9】の自由さと重なってくるのだ

瑠花が少し前に
数秘と色が必ずしも一致しないという印象についてブログ記事を書いたが
いや 彼女の言葉で我々が書かせたのだが
水瓶座が11番目のサインであることは 必ずしも
水瓶座の数秘が【11】のマスターナンバーになることを意味するものではない

今回の新月では これまで あなたが外すことのできなかった枠を
無理を感じることなく外し 自由になれることを願うといいだろう
それは あらゆるテーマの中に存在する
あなたが まだ気付いていない制限で
あなたとしては満足していると感じている事象の中にも
もしかしたら外したい制限が潜んでいるかもしれない

今回の新月では
気付いていようが気付いていまいが
あなたを制限している枠を外して 軽やかに自由になれることを
まず最初に願ってみるといい
そうした上で いま引き寄せたい現実をアファメーションし
それを叶える方法については宇宙に委ねてしまおう

今年唯一の 若くないナンバーをもつ新月だ
2013年の流れを変える基盤が
意識できないほど深いレベルで作られる新月と言えるかもしれない

ダイナミックな変化はなくても じわじわと変わっていく
そんなキッカケとなる新月があってもいいではないか!
(2013年2月8日 19:29~20:04am)




メッセージ中に出て来たサイトへのリンクです:

  → 2月のボイドカレンダーはコチラです!
  → 瑠花が計算した新月日の数秘カレンダーはコチラです!
  → 色と数秘に関する瑠花の過去記事はコチラです!

あと、新月の瞬間にボイドタイムが始まる意味については、過去のメッセージをリンクでご案内させていただきます:

  新月の瞬間に始まるボイドタイムに関する過去記事:
  → 双子座の2度目の新月2012
  → 天秤座の新月2012






   ↑
あとはアファメーション例文集・・・新月の時間までにはアップするようにしますね!!





コメント


管理者にだけ表示を許可する