魚座の新月に寄せて 高次からのメッセージ

今日お届けするメッセージは、12月の射手座の新月のメッセージと同じように、寝室で布団にくるまったまま受け取りたい・・・と感じていたんです。なぜだか・・・

そして昨日、射手座の新月のメッセージを読み返すようにとの指示をキャッチしたような気がしました。いわゆる「アセンション」と呼ばれる現象に関係のある、かなり深いメッセージだったのですね! (自分では受け取った内容を忘れている 爆)

そして今朝、やっと・・・布団にくるまったままメッセージを受け取りました。12月の時とちがって、やや強引だったけれど(爆)

発信人は、久しぶりに○○さま!・・・と思ったのですが・・・今回は特定しないように!と言ってるので、複数の高次の存在さまからということにしておきましょう。

ところで、先日の時間情報の記事でも、今回のメッセージでも、新月の瞬間のホロスコープが云々・・・と言っているのですが、その経緯はコチラの記事の後半にあります。この時の新月以来、星たちの動きを「ホロスコープ」として見ることを止めていたのですが、今回はむしろ、日本における新月の瞬間を「出生時間と出生地」としてホロスコープを書くことが求められているようです。

それではお届けしますね:

絆 それが 今回のキーワードだ
これを伝えるために 瑠花を あのサイトに連れていったのだ

3月12日は 3月11日の翌日で
あれから2年がたち
人々は あの翌日から立ち上がって新たな道を歩き始めた

「アセンション」と呼ばれる現象については12月に届けたね
世が騒いでいた意味を離れても 天体のエネルギーを受けて
確かに地上の人たちの視点は高まったのだ
視点が高まる・・・それは波動が高まるのと同義語だ

銀河の中心—太陽—地球の直列後 初めて迎える3月11日は
日本の人たちにとっては特別な意味を持つ

だからこそ 今回の新月は
日本 特に東日本においては
7つの天体が自分自身を表す第1室に入っているのだ
高い視点で自分自身と向き合う新月にして欲しいから

自分自身のこと? キーワードは絆なのに?

そうなのだ
自分自身とつながってこそ 他者とつながることができる
自分軸なしでは 宇宙どころか
目の前の隣人とつながることさえできない

今回は久々に 日本での新月の瞬間を出生チャートにして
それを元にメッセージを届けることにした その理由は
日本であの震災を直接もしくはエネルギー的に体験した全ての人に
語りかけたいからなのだ

エネルギー的に?
それは離れた場所において精神的ショックを受け
心を痛めている全ての人たちだ
だから我々の今回のメッセージは
日本での新月の瞬間のホロスコープについて語っているように見えて
それは極端な話 日本語を全く解さないけれど
あの日の被害に心を痛めた全ての人に向けてのものなのだ

そういう意味では 瑠花
東京ではなく 東北の都市を選んでチャートを書いたほうが
今回は伝わりやすかったね
幸い東北と東京と チャートは さほど変わらないので
そのままメッセージを届けたのだが・・・

さて 自分と向き合うこと
それは自身の顕在意識を超えて
潜在意識が知っていることに気づくためで
そして潜在意識の更に深いところには
集合的無意識の世界が広がっている
そこには地上で生きてきた先人たちの叡智とともに
我々がこれまで届けてきた
あらゆるエネルギー的サポートの記録が眠っている

アセンションにより奇跡が起きるという妄想は
その層にアクセスできる地球人が
これから増えていくことを意味しているだけなのだ
その叡智が集積した集合的無意識の世界には
あらゆることを可能にするエネルギーが眠っている

思いは必ず実現すると言われるのも
アファメーションで夢や願いが現実化できると言われるのも
その叡智の層に集積したエネルギーを使えば
不可能などないからだ

そうなると重要になってくるのは
その層にアクセスするためのチャネルを掃除して通りをよくすること
そのためには自分と向き合い 自身のパイプを浄化することだ

この新月 あなたのパイプを通りのいいものにするためにも
自分自身と とことん向き合って欲しい
新月のエネルギーを 真っ先に
自分自身と向き合うことと 自分自身の浄化に使って欲しい

相変わらずボイドタイムと共に始まる新月だが
浄化するために自身と向き合うためならボイドタイムだって構わない
むしろボイドタイムは ストレートに月のエネルギーが届く時
調整されることなく ストレートに潜在意識に働きかける時
マーリンたちの言葉をかりれば「揺さぶりをかける」のには
かえって向いているだろう

さて冒頭で「絆」というキーワードを届けた
ここで 魚座の新月が意味するところとつながってくる

魚座は拡がるエネルギー
境界線を超越する・・・というよりは
曖昧にして融合してしまう

そのエネルギーをポジティブに使うのだ!

境界線が曖昧になると
他者から自分のエネルギー領域に踏み込まれてしまう
シンデレラ症候群

だが 自らの意図をもって 敢えて曖昧にした境界線は
あなたが他者を理解し共感することをサポートする

そして隣人とエネルギーレベルでつながり
共に地球や宇宙のエネルギーを
相乗効果により高めていくことができるのだ

それは地球規模の行動をしたり
願望を持たなくてはならないという意味ではない

むしろ あなたの個人的な願いが
周囲で同じ願いを持つ人たちのエネルギーと共振し
相乗効果により願いが実現しやすくなり
それが広がり やがて全ての人の普遍的な願いとなり
あなたから発した個人的な願いのエネルギーが
地球そして宇宙のエネルギーを高める

俗にアセンションと呼ばれる天体直列の後だからこそ
それが実現しやすくなるのだ

なぜ 今年の新月は3月12日—あの日の翌日なのか?

前日に丸2年を迎え
光に帰ってしまった大切な人たちに思いを馳せたことで
宇宙との回路が開いている
その開いた回路のまま 地球の人たちの意識が
隣人や我々と とてもつながりやすくなっているからだ

思い出して欲しい
あの日を境に 皆の心に
「何かしたい」「役に立ちたい」気持ちが目覚めていったことを!

その気持ちこそが 魚座の本質であり
そして今回の新月では そんな気持ちを更に掘り下げるために
ホロスコープの第1室で新月が起こり
さらに計7つもの天体が第1室に集中しているのだ
(2013年3月10日 8:00am~8:33am)



今回、7つの天体が第1室に集まっていることを確認するために、日本各地を「出生地」としてホロスコープを書いてみました。天体の位置は一定だけれど、ホロスコープのカスプ(第1室、第2室・・・第12室の区切りの線)は、完全なる天動説! 経度と緯度により異なってくるからです。

その結果、静岡あたりを境に、それより東は7つの天体が第1室に集まり、鹿児島や沖縄では第1室に集まった天体は5つのみでした。(それでも十分多いですけれどね 笑)

ちなみに7つの天体とは、アセンダント(第1室が始まるカスプ)から順番に:
海王星→水星→金星→月と太陽(新月)→火星→天王星 です。

メッセージ内で高次の存在さまがおっしゃったように、被災地を出生地としてチャートを書いてみればよかったなぁ・・・と今さらながら思います。


新月の瞬間にボイドタイムが始まる意味については、過去のメッセージをリンクでご案内させていただきます:

  新月の瞬間に始まるボイドタイムに関する過去記事:
  → 双子座の2度目の新月2012
  → 天秤座の新月2012

う〜〜ん 今回のメッセージは、これで終わりなのかなぁ?
もっと具体的なアドバイスが届きそうな気もするし、時間切れのような気もするし・・・

あとは宇宙の導きにお任せすることにします!




   ↑
アファメーション例文集は、新月の時間までにアップするようにしますね!!




コメント


管理者にだけ表示を許可する