蠍座の新月に、ソウルメイトについて考える

さて、あとはアファメーション例文集を編集すれば、今回の新月シリーズのミッション・コンプリート!

・・・そんなことを思いながら、セッション・ルームに来てPCに向かったら・・・

なぜか自身のブログの、昨年の「蠍座の新月=皆既日食」時に受けとったメッセージのページが開いたままになっていて・・・なんとなく読み返すうちに、今回も、新月の瞬間を「出生時」とした時に新月がどのハウスで起きているのかについて触れなくてはならない!と、上から指示されたような気がしたのです。

さぁ、タイヘン・・・新月は、今夜21時過ぎ。もう時間がないってのに・・・
でも容赦なくメッセージが降りてきてしまったし・・・
しかも、その時間が 11:11am =マスターナンバーだったので・・・

素直に指示に従ってお届けしますね!

アファメーション例文集は?
たぶん、メッセージをアップした後で編集して間に合うのでしょう(苦笑)

瑠花に昨年のメッセージを読ませたのは
新月の瞬間の 日本における出生ホロスコープのことを
一瞬 気にかけたにもかかわらず
瑠花はスルーしてしまったからなのだ

日食のように 地上のエリアにより見え方が左右される時は
現在地での新月の瞬間の出生図を意識するよう
昨年のメッセージで伝えたではないか!(笑)

今回の新月=金環皆既日食は 第4ハウスで起きている
第4ハウスは家庭を司るとともに
第4ハウスのカスプが天底(IC)を表すことから
同時にグラウンディングをも意味している

なぜ このことを改めて確認するのか?
それは 今年の蠍座の新月では
ソウルメイトを恋人や夫のみと捉えずに
あなたの家族や 地域・サークルなど広義のファミリーまで
拡大して捉えて欲しいからだ

そのことに関するメッセージは
昨夜のうちに 瑠花が別ブログにアップしている

ソウルメイトとは
甘美な恋の時間をシェアするためだけの存在ではない
あなたを自身の内面と向き合わせるために
あなたのハートをササクレ立たせたり
あなたのマインドに打撃を与えてヒビ割れを作ったりもする
あなたに学びのチャンスを届けるために
あえて苦しい役割を引き受けていることが多々あるのだ

今回の新月は
あなたの隣にいるソウルメイトのサポートをかりて
あなたが真に望んでいることに気づけるよう願うといいだろう

恋愛を楽しむためだけのソウルメイトではなく
あなたを真に育ててくれるソウルメイトの存在に気づけることや
そのようなソウルメイトとの新たな出会いを引き寄せられるよう
あなたの願いのリストに ぜひ加えて欲しい

(2013年11月3日 11:11am~11:20am)


ちなみに昨夜、「瑠花チャネル」のほうにアップしたメッセージとは:
→ 「ソウルメイト

向こうのブログにアップした意味は、今回の新月シリーズで終わらせることなく、普遍的なテーマとして伝えたかったから・・・らしいです。




   ↑
いまからアファメーション例文集の編集です。焦・アセ・汗・・・





コメント


管理者にだけ表示を許可する