水瓶座の新月へ向けて 高次からのメッセージ

今日こそマッサージに行きたかったのに・・・またタイミングを逃してしまった〜と嘆いてたら、メッセージが降りてきました!

そうか!! 新月のメッセージを受けとるための時間が、自動調整で用意されたのか!!
新月ギリギリなのにメッセージを受けとれずにイライラしてたので、いまはマッサージに行けなかったことに、かえって感謝するばかりです(笑)

それでは、さっそくメッセージを書き起しますね:

今回の新月を控えて
瑠花にとって いちばん気になっているのは
なぜ「カーディナルクライマックス」というキーワードが
元日の山羊座の新月ではなく
1か月後のいま 水瓶座の新月時に
突然意識に飛び込んできたのか?ということなのだが:

その答えは簡単だ
山羊座の新月時は「元日新月」というインパクトのみで十分だった
カーディナルクライマックスのイメージは むしろ「変化」だが
山羊座の新月では 変化ではなく「スタート」のエネルギーを
我々としては伝えたかったのだ

だが 前回カーディナルクライマックスが
スピリチュアル界でブームのように騒がれたのは2010年の夏
あれから3年半・・・
このブログの読者は入れ替わりつつも 地球の波動と共に成長し
もはや「カーディナルクライマックス」などという
言霊に背中を押されなくても
自然と変化を受け容れたり 宇宙の流れに身を委ねたりして
あの頃の自分から見たら ずいぶんと遠くまで来たことを感じるだろう

Tスクエアは緊張感を表す
カーディナル=活動宮で その緊張感がみなぎるのは
今年これから まだまだ続く
いつまで?
それは他の占星術専門の方々のブログに任せておけばいい(笑)

その緊張感とは 一発触発
何かのキッカケでバランスが崩れ 現実が動くのだが
宇宙の摂理は
その人にとって 目の前の現象としてはたとえ不運にみえても
長い目と高い視点で見れば 結果的にはベストなことしか起きないことは
2010年のカーディナルクライマックスを
このブログと共に迎えた あなたがたなら
もう実感として理解できていることだろう

瑠花は最近 このシリーズにおいても
占星術的な要素を手放しつつある
なのに今回カーディナルクライマックスという
占星術のキーワードに意識を向けさせたのは
2010年の夏の自分と比べ どれほど成長したのか
それぞれに感じて欲しかったからなのだ

さて 今回の新月だが
まず その成長に感謝できる自分になることから
アファメーションをスタートするのもいいかもしれないね
我々宇宙は 感謝されるのが大好きだ
感謝の言葉を受けて ますます応援したくなってしまうのだ(爆)

続いて 先月から瑠花は
数秘により新月日のエネルギーを読み解くことを深め始めたが
水瓶座は11番目のサイン
その主星である天王星の「奇想天外」や「天才肌」や「激情」は
マスターナンバー【11】に通じることを意識すると
わかりやすいかもしれない

もちろん「水瓶座」=「マスターナンバー【11】」ではない
異なるエネルギー同士の完全一致はないし
今回の新月日31日=【4】的な合理性も
今年の水瓶座の新月ではスポットライトが当たる

また 水瓶座の新月は 毎年1月か2月のいずれかになるのだが
今年は1月=【1】オリジナリティや切り拓いていくエネルギーが
【2】が象徴する「友愛」「博愛」より
やや強調されることを意識してみてもいいだろう

カーディナルクライマックスによる変化は?
いや このブログの読者は
変化を起こすために躍起にならなくても
宇宙に委ねていれば 変化とは自然ともたらされることを
すでに知っているね!

とはいえ この新月のTスクエアを構成する天体のひとつは
破壊と再生の冥王星だから
人生を一変させたい気持ちがあるなら それを願うのもいいだろう

前回の山羊座の新月は
新月エネルギーの誕生日と捉えた場合 誕生数【9】=手放しだったが
今回の水瓶座の新月の誕生数は
【3】=発展・拡散・コミュニケーション・交流・楽天性だ

今回の新月にアファメーションする時は
楽天性こそが願いの実現を加速することを思い出し
まず楽天的な自分になれることを願い
31日という日付のパワー【4】を借りて
物事をシステマティックに合理的に進めることで
着実に願いを現実化できる自分になることを願うもの
とても水瓶座らしいアプローチだ

何だって?
合理性は いつも推奨している「直感」と
相反するものではないのか?って??

いや 直感により研ぎ澄ませた結果 無駄は自然と省かれ
後には合理的でシンプルなシステムが残るのだ
理詰めで考えていては至れないシンプルを極めた合理性とは
直感やひらめきを信頼して行動した結果なのだ

あとは昨年までの例文にならって
水瓶座的な項目から
あなたの願いを現実化することをサポートするアファメーションを
選べばいいだろう
楽観的に 気楽に リラックスして動いたほうが
上手に流れに乗ることができることを忘れずに!

なおボイドタイムは いつも伝えているとおり
あなたの潜在意識に揺さぶりをかけるチャンスだ

もしも本当に いまの自分を粉々に壊して
全く新しく再生したいなら
ボイドタイム中に カーディナルクライマックスのエネルギーが
起動することを願っていもいいが・・・

宇宙は そこまで過激なことは望まない
あなたのペースで ゆっくり進んでも
2010年夏のカーディナルクライマックス時と比べて
こんなにも遠くに来ることができたのだから!

あなたの内なる成長への動機を信頼し
変化を焦らず あなたらしく進みなさい!

(2014年1月29日 16:38~17:03)



いま思えば、2010年のカーディナルクライマックスは「さぁ!変わろう!!」と言わんばかりに、やたらとポジティブなエネルギーに満ちていたような気がします。

ちなみに、その頃に受けとったメッセージは下記URLに掲載してあります:

→ 「獅子座の新月へ向けて、マーリンさまからちょっと一言!

今回は?・・・たまたま何かのキーワード(忘れてしまったけれど・・・Tスクエアだったかしら?)を検索したら「カーディナルクライマックス」が2014年のこととして目に飛び込んできたので、その理由はなぜなのか?・・・なぜ今なのか?・・・それを知りたくて宇宙に話しかけたら・・・

マーリン?・・・いや、誰でもいいだろうって、上から聞こえてきましたけれど(笑)

高次の「どなたか」から、このようなメッセージが届きました。

思えば2010年の夏からの流れを追ってみると、状況も心境も驚くほど変化しています。でも、別に「変わろう」としてリキんだ結果ではなかったんですよね。

すべては自然の流れに乗って、宇宙に導かれるままに・・・それを実感として理解できたことが「成長の証」なのかな?と、私自身に関しては、そんな気がしています。






   ↑
アファメーション例文集は新月の時間までにアップしますね!





コメント


管理者にだけ表示を許可する