カラー・ミラー:色はココロとカラダの鏡!

きのうは自分自身のエネルギーが掃除しながら三変化してることの面白さに気づいてしまったので、ノリのいい日記 になったけど、午後のセンセーションを講習していて、ギャ~~~ッ!! と叫びたくなるような発見の瞬間があったことも伝えておきたくて・・・。

瑠花の、センセーション カラーセラピスト養成コース 2日目の講習はセッションの実践を通して色の意味をお伝えしていくんだけれど、マン・ツー・マン講習のため、私がセッションモデルとしてクライアント役を演じる。なので毎回、私自身が潜在意識でボトルを選ぶワケだけれど、きのうはいつもと全く異なるセレクションだった。そしてカラーボトルたちは、私の肉体的&精神的な状態を見事に言い当てていた。

ボトルセレクト
左から:ヴァイオレット/グリーン/オレンジ/レッド/イエロー/スプリンググリーン

中央の2本は、現在の私の状況や課題、そしてストレスを現す。オレンジ のポジティブな意味の中で最近の私の状態にマッチしていたのは、新しい人脈が広がりつつある ところ。レイキ・ティーチャーとしてこの世界の仕事をスタートして3年になるけれど、私から受講してくださった方の中から 瑠花のセラピスト・ネットワーク と呼べるような、素晴らしいヒーラー/セラピスト/カウンセラーさんが続々登場しているのだ。

その方たちは、瑠花が開講している講習メニュー以外のツールも次々とマスターし、各人がそれぞれスペシャリスト。そして瑠花が彼女たちのクライアント(主にモニターだけど)としてセッションしていただいたり、近々、瑠花がそのツールを習う受講生になろうとしているケースもある。

さらに嬉しいことに、彼女たちはmixiで、瑠花を通して出会ってくださって、相互にマイミクしたり、互いのクライアントになったりしている。徹底した個人主義で、あまり仕事の人脈なんて持ったことのなかった私が、この人生で初めて 仕事をサポートしあえるネットワーク を持てた気さえする今日この頃なのだ。


一方 オレンジショックボトル と呼ばれるように(これはオーラ・ソーマとも同じだね!)ショックや気がかり、過去のボトルとして選ばれた場合にはトラウマ等を現すマイナスな意味もあるのだけれど、私にとって(ショックまではいかないけれど)最近の 気がかり は、パートナーの健康・・・異常な深夜残業で、いつ倒れてもおかしくない状態なのだ。

そして、現在のもう1本のボトルとして選んでいる レッド には、肉体的疲労 というネガティブな意味合いがある。これって、まさにここ最近の私の状態を言い当てていたのだ。パートナー(同居してるワケではないが)は、1カ月ほど前から起こしてくれる人がいないと起きれないからと自宅でソファー寝していた。そんなくらいなら私の部屋に帰ってきて欲しいと誘って以来、毎晩はやければ深夜2時頃、悪くすると明け方5時近くに帰ってきて、それからハイテンションで食事し、頼まれてた時間に起こしても「あと10分・・・あと5分・・・」ですぐには起きてくれず、私の睡眠時間が蝕まれる日々が続いていた。


ただ、それ以上に スゴいッ!! と思ったのは、この後だ。

センセーションのセッションでは、ミッシングカラーといって、選ばれなかった色にも注目する。すでにその色の波動が満たされているから選ばなかった場合だけでなく、本当は自分に足りないのに、そのことに直面する準備ができていないため、そのテーマから目をそむけたくて 選ばなかった場合とがあるからだ。
そしてミッシングカラーが、意外と重要なテーマを隠している場合も多い。

ヒーリングカラーとしてクライアントのこれからを応援してくれる色を提案する練習をする時に、「まずミッシングカラー(選ばれなかった色)の中でキライな色があるか聞いてみて。その次に、全体の中でキライな色があるかも確認してみて!」と、受講生さんに提案しているのだが(これはフラワーエッセンスを、花の写真カードで選ぶテクニックを応用したもので、その日にキライ!と感じる画像にこそ、最も必要な波動が含まれていることが多いからなのだが):

受講生さんからその質問を受け、答えようとしてボトルたちを再度ながめ、驚いた!

いつもなら、過去(=自分の本質)か、未来(=理想の姿)のどちらかで選ぶことが多かった ローズ を、今回は選んでなかっただけでなく、この日の私は、ローズ は、キライまではいかないけれど、重すぎると感じたからだった。(レッド も、同じくらい重く感じたけれど・・・)

ローズ とは、自己犠牲も厭わない究極の愛の色。私はパートナーのために何かをすることは喜びであって(若干の負担感はあったとしても)犠牲になっていると感じたことはなかった。でも、さすがにここまで寝不足が続いて、もしかしたらそんな感情が少しは私の中に芽生えていたのかもしれない。そして、この日の ローズ の重さは、パートナーのことを、それでも負担に感じたくない! という思いから、犠牲の感情を見ないフリしていた結果のようにも感じられた。

色を選ぶ潜在意識って、ホントに正直だッ!

この日の受講生さんは、講習の終わりに「こんなに自分のことがわかっちゃうんだったら、恥ずかしくて、身近なヒトからはセッション受けれないなぁ・・・」と呟いていらしたけれど、ホントだねッ!



ところでタイトルの カラー・ミラー は、20世紀後半に 色彩心理テスト を開発した フレイリング博士 が、「色とは心を鏡のように映し出すもの」として自身の開発したテストに カラー・ミラー と名付けたところから、今日の記事のタイトルにいただいた。(ちなみに センセーション カラーセラピスト養成コース のカリキュラムには、このようなカラーに関する歴史の解説も充実している!)



ところで 今週初めの記事 で、オーラ・ソーマのボトルセレクションについて書いたけど、もういちど写真を掲載するので比べてみて欲しい。

ボトルセレクト

センセーションでは、選ぶたびに全くちがうセレクションとなることが多い。「潜在意識は、その日のセッションで取り組みたいテーマに沿ってボトルを選ぶから!」と講習では説明しているけれど、今週の私の状態については、セラピーのシステムは異なっても、非常によく似たリーディング結果となっていた。

色を選ぶ潜在意識のチカラって、実に、スゴいッ!!





瑠花のセッション・ルームでは、 センセーション・カラーセラピスト養成コース を、ご希望の日時(平日)にマン・ツー・マンで受講していただけます!


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わくわく☆

オーラソーマとセンセーションの選んだボトルを合わせてみていくと、興味深いですね。

オーラソーマの2番目のボトルに、センセーションで選ばなかった色マゼンタ=ローズがあるところなど、なるほど~と、思いました。

未来のボトルにヒラリオン=スプリンググリーンが同じ位置にあるのも!!

確か、瑠花さんの個人周期数は今年3でしたよね。
センセーションのイエロー/スプリンググリーンが表すものが、夏くらいからエネルギーが広がり扉が開かれていくような、ワクワクするものを感じます。

ミニ勉強会のようで、楽しいです♪

ありがとうございます☆

御幸 | URL | 2007年03月10日(Sat)13:20 [EDIT]


御幸さんへ

こうして私が自分のボトルセレクションを公開すると、御幸さんがカラーセラピー&数秘の両方の立場からもコメントをくださるって、すごく嬉しいことです。これからも機会があるごとにシェアさせていただきたいと思ってます。

ところでローズ、いまの私には、余程必要な色だったみたいです。
前日のブログに掲載した写真の花・・・このセッション当日の朝買ったばかりだったのに、バラの花だけ、すでに、しおれかけています。御幸さんのコメント欄に以前書かせていただいたように、花が(散らずに)しおれる時って、エネルギーを私のくれたシルシなので・・・。

瑠花 | URL | 2007年03月10日(Sat)14:29 [EDIT]