蠍座の新月に寄せて 高次からのメッセージ

もう前置きなし!
大急ぎで、受け取った高次からのメッセージをお届けしますね:

蠍座の新月
深く 深く あなた自身の内面と向き合ってごらん
そこに癒しがある
あなたが たとえ現状に身動きできない閉塞感を感じていても
あなたの内面では すでに癒しが始まっている

男と女 ソウルメイト
瑠花はセッションで ソウルメイトとは甘い恋の相手ではなく
互いに学び合い 共に成長を助け合う同士と伝えているね?

蠍座はソウルメイトを連れてくる
ドラゴンヘッドは過去世からの縁をつなぐ

いま あなたの目の前にいて
あなたに幸せをくれる相手はもちろんのこと
あなたに常に試練をもたらす相手も
あなたのソウルメイトなのだ

ソウルメイトを理解しよう
決して甘い恋愛だけではない
時に あなたに苦しみをもたらすが
それに勝る祝福と学びのチャンスをプレゼントしてくれる

今回の新月は 境界線を意識させる
新月そのものが 深夜族にとって まだ「今日」の続きの時間帯に起き
30分にも満たないボイドタイムは 深夜0時をまたいで横たわる

瑠花がすでに書いているって?
もちろん我々が書かせたのだから同じことが繰り返されるのだ

深い縁は 時を超越する
ボイドタイムは それを伝えるために日付を超えて
あのタイミングに横たわっている

そしてカスプをまたいで 金星と火星とドラゴンヘッドが
コンジャンクションしているのは
ソウルメイトとは 男女の垣根も 今生と過去世と来世の境も超えて
永遠に流れ続ける川のような縁であることを伝えるためなのだ

あなたが いま悩み苦しんでいることがあるのなら
蠍座の支配星=冥王星のパワーで
いちど破壊して再生する選択肢も もちろんある

だが境界を超えた存在 その相手や事象に
割り切ることのできない愛おしさを感じるのなら・・・
それでもガンジガラメの鎖を断ち切って前進したいのなら・・・

「メスを入れる」

このキーワードを届けるために
瑠花に 石井ゆかり氏のブログを読ませた

このままではいけない 根本的に改革したい
だが壊してしまうとなると 二の足を踏んで動けないくらいなら
それを無理して壊す必要はなく
あなたが感じる病巣に いまメスを入れるんだ!
膿を出し切れば そこに道も見えるだろう
病巣を取り除けば 穏やかに再生するチャンスもあるだろう

そもそもソウルメイトとは 何度離れても
やはり再び寄り添ってしまう存在であると
瑠花は常々セッションで伝えてきたね

破壊しなくても構わない
あなたの人生に不調和を感じることがあるのなら
あなたの意識の深いレベルまで潜って・・・さらに深く潜って・・・
あなたが感じる いちばん深い根本原因を見つけ
そこにメスを入れよう

そうすれば現実が動き出す
それは境界が存在することを理解しているからこその癒し

破壊して再生するのではない
カルマナンバー【13】の
淀み・歪みを見つけ出し 修正するパワーなのだ

2015年の新月は 前回の天秤座を皮切りに
カルマナンバー【13】のエネルギーが続く

蠍座は【13】と とても近いエネルギー
いまが 深く根本原因にアクセスして
あなたの人生が 新たな快適なシステムに沿って動き出せるよう
根本から癒すチャンスなのだ!

さて この新月に なにをアファメーションすればいいのか?

ソウルメイトと甘い時間を過ごしている恋人たちは
いまの関係と状況に感謝できる自分であり続けられることを
願えばいいだろう

もしソウルメイトとの関係に行き詰まりを感じているのなら
いっそ冥王星のパワーをかりて その関係を破壊して手放してしまい
新たなソウルメイトとの時間をスタートできることを願ってもいい

だが その相手に いまも愛おしさを感じているのなら
あなたの意識の深部に潜む根本原因にメスを入れられるよう
あなたが静かに自分と向き合う時間を得られることと
深く物事の真実を見極める洞察力に恵まれることを願うといい

なお 蠍座の新月がサポートするのは
ソウルメイトとの関係だけではない
あなたが未来を切り拓くことを妨げているブロックを
目の前に感じているのなら
それに対してソウルメイトと向き合ったのと全く同じ方法で
あなたの選択に沿って向き合えることを願えばいい

蠍座の新月 変容の時

変容とは 破壊と再生だけではない
あなたにとって最も心地よく感じられるアプローチで
あなたの現実が動き出すよう あなたの深い内面と対峙することこそが
あなたの人生プランに沿った「変容」であり
それは 蠍座のテーマであると同時に
カルマナンバー【13】のテーマでもあるのだ

(2015年11月11日 17:17〜17:42)



ちなみにメッセージ内にある、石井ゆかりさんのブログ記事とは下記です:

→ 「2015/11/9-11/15 全体の空模様

先月お届けした「カルマナンバー【13】」に関するメッセージも、併せてご覧くださいね:

→ 「カルマナンバー【13】を理解するために





   ↑
アファメーション例文集は新月の時間までにアップしますね!





コメント


管理者にだけ表示を許可する