「わたしはローズ」・・・オーラリーディングを受けて

以前、数秘術のカウンセラーとしてご紹介した御幸さんに、今回は オーラリーディング していただいた。

  御幸さんのサイト:萌黄/もえぎ

御幸さんは、視覚型 の方で、もともとオーラが見えていたのだったが、1月にローズ・メソッドのセミナーを受講したことにより、宇宙から与えられたその能力をセッションのツールとして確立することができたとのこと。そして本格的にセッションをスタートするにあたって、私にモニターセッションしてくださった次第。

オーラリーディングに関してはメールセッションをメインとしている御幸さんだが、特別に当方 瑠花のセッション・ルーム まで来ていただき、対面セッションをお願いした。



このブログの読者の方だったらご存じの方が多いと思うけれど、オーラは幾層にも重なっていて(瑠花は、バーバラ・ブレナン女史の説に従い7層としているが)、オーラリーディングはそれぞれの層に意識の焦点を合わせ、情報を読み取っていく。

ちなみに御幸さんによると、オーラリーディングは決して サイキックリーディング ではないとのこと。人間なら誰もが持っている、肉体を取り巻く オーラ というエネルギー体には、潜在意識の情報が格納されていて、それを読み取っていくだけ!・・・ハイヤーセルフから情報を受け取るのに近い感覚という。(う~~ん、説明って難しい。御幸さん、ちがってたらコメントお願いします!!)



御幸さんのリーディングは、肉体に関する情報を読み取ることからスタートし、順番にマインド、知性、感情・・・とリーディングを進めていく。

私のマインドは ターコイズ 色をしているという。ちなみにオーラ・ソーマの、私のバースディボトルは B33:ドルフィン・・・上層がロイヤルブルー(インディゴ)/下層が、まさに ターコイズ だ。全く別のセラピーテクニックから導きだされた情報と一致しているのが面白い!

そして、私の感情の色は ローズピンク・・・センセーションの ローズ と(当然ながら)意味合いは似ていて、安定/愛情豊かな/落ち着いた 等の意味を持つ色とのこと。

さらに御幸さんは、この ローズピンク という色が、私にとって どんな意味を持つのかについて聞いてくださった。その答えは・・・

  「これは私です」・・・私は、ローズピンク=愛そのもの!・・・って

私にとってのこの世界への入り口は、レイキを受講したことだったけれど、ファーストディグリーのアチューンメントの時に受け取ったコトバを、ふと思い出した。・・・「私は、愛だ!」



さらに上層には、魂に関する情報が格納されている層がある。そこをリーディングした時、過去世の私が見えたとのこと。

その人は、黒いマントとフードで身を隠し、暗闇の中で薬草を摘んでいたという。中世ヨーロッパ。魔女狩りの時代。その時の私は、身を隠すことで魔女狩りを逃れ、人目をしのんで、薬草による治療行為を続けたのだという。

ちなみに御幸さんは(現時点では)過去世リーディングをしない。それなのに過去世が見えたということは、これは今生の私に関わることだからであって、魔女狩りの時代に志半ばで継続を諦めた 薬草による治療 を、今生の私は、フラワーエッセンスやアロマを扱うセラピストとして、全うしようとしているというのだ!

そういえば、ヒプノセラピーで見た直前の私は、病気で空軍パイロットを引退し、ロンドン郊外でハーバリストとして生きた男性だった。バッチ博士と、ほぼ同時代だったっけ。

魂の記憶が愛おしくてたまらなくなった・・・。




セッションは更にチャクラリーディングへと続くのだが、間もなくパートナーが帰宅するとデンワがかかってきたので、今日はここまででアップします!

すでに遡り日記(ちなみに今は28日午前1時過ぎ)・・・これ以上待たずにアップしたいから!!

続きは、なるべく早く書きますね。

では、では~



   → 続きはコチラにアップしました!




コメント


管理者にだけ表示を許可する